So-net無料ブログ作成

記号が無い! [点字]

私や私の周囲で使われている、いわゆる普通の「点字」は、
記号が少ないので、ちょっとした工夫が必要です。
<注:以下はローカルルールです。正式なルールではありません。>

例えば、原文で丸囲み数字が使われていたら、
点字には丸囲み数字は無いので、かっこ書きで(1)と書きます。

ただし、既に原文で(1)が使われていたら、別のかっこを使うか、
(i)とか(ア)とか(a)とかに置き換えることになります。

マルバツ記号もありません。
点字には、伏字としての○×はあるのですが、純然たる○×記号は無いのです。
だから、○○市××町という書き方は出来ても、
文頭の見出しとして○を書いたり、
間違いという意味で×を書いたりすることは出来ません。
(カンチガイしてそのような書き方をしてしまっている人もいますが…)

ハートマークや音符マークもありません。
かっこを使って(ハートマーク)と書くか、
注釈をつけて「ここに音符のマークあり」などと書くしかないのです。

では記号を増やしたほうが良いのか?
…というと、私はそうは思っていません。
それでなくても細かいルールが色々あるので、
これ以上ルールを増やさない方が良いと思っています。

個人的には、点字に、記号マークを新設したらどうかな?と思っています。
記号マークの後にハートと書いてあったら、
「ハートと書いてあるのではなくて、ハートマークなんだな」
と分かる、というような。

これなら顔文字なんかも表現できるのではないでしょうか?
駄目かなー。


※この記事は、別ブログ「参考までに」の2010年9月27日付のミソドレラが作成した記事を、改定・移行したものです。

函館視力障害センターホームページへ
タグ:記号 点字

共通テーマ:学問