So-net無料ブログ作成

点字のメメメ [点字]

以前、点字の記号について、一種の「ローカルルール」を紹介した記事がありました。
「記号が無い!」へのリンクはこちら
この他にも、「教則本には載っていないけど、みんなやっている書き方」があります。

点字の書き方は「日本点字委員会(日点委)」が定めるのですが、
全てが定められているわけではありません。

例えば、点字の訂正の方法は、
日点委の「日本点字表記法」には掲載されていませんが、
あはきの国家試験では、三つの方法が提示されています。

というわけで、ブログで「点字の教則本に載っていない書き方」を、
いくつかご紹介しようと思います。

なお、「正式なルールが無い」書き方には、
必然的に「正式な名称も無い」わけですから、
私の周りで言われている「通称」でいきます。ご容赦ください。

 *****

今日ご紹介するのは、訂正の仕方、「メで消す」です。
通称「メの字消し」と言っています。

ここで言っている「メ」というのは、点字の6つの点全部を押すこと。
五十音でいえば「まみむめも」の「め」です。
まみむめも.gif
「め」は、単独ではもちろん文字として読まれますが、
いくつも連続して書くと、「線を引いて文字を消す」事と同じ、とみなします。
せんめめめたー.gif
点字で「せんメメメたー」と書いてあれば、「せんたー」と読むわけです。
ここでは3文字だけメメメと書いていますが、間違った部分を消すわけですから、何文字になっても良いです。
せんあいうたー.gif
墨字(普通文字)でも、文字の上から二本線が引いてあれば、その部分を読みませんよね。
それと同じです。

めの字消しで気をつけなければならないことは、
(1)印刷物には使わない。
 あくまで手書きの時用です。
(2)手紙等では使わない。
 墨字(普通文字)も、線を引いて消したものは失礼にあたりますよね。
(3)一文字では訂正したことにならない。
 墨字なら線が引いてあれば読みませんが、点字は読まれてしまいます。
(4)「おめめ」とか「めめしい」等の言葉と間違えられないようにする。
 おもしろい → 「おめめもしろい」?
 あらあらしい → 「あらあらめめしい」?
 私は、点字使用者に「メの字は3マス以上」を推奨しています。
(5)あまりにも長いメメメの後に本文があると読みにくい。
 何文字でも良いと書きましたが、限度があると思います。
 こくりめめめめめめめめめめめめめつ なんて書いてあったら、
 指で読む人は「つ、の前は何だっけ?」と思うからです。

このやり方は、国試で提示されている訂正法のうちの1つです。
爪の先などでこすって、紙を平らにすることで点を「消す」という方法も
あるのですが、誤って他の点も消してしまう可能性があり、
試験の解答には不向きなので、あえて提示しているのかもしれません。

次回は何めめめをご紹介しようめめめめかな。
by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ:点字

共通テーマ:学問