So-net無料ブログ作成

白杖(はくじょう)の豆知識(2) [情報提供]

豆知識(1)で、   
白杖にはいろいろ種類があると書きましたが、
今回はグリップとシャフトの種類について、書きたいと思います。

まずは、グリップについて。
白杖のグリップ(スタンダード).jpg
主流はまっすぐな物ですね。
よく見ると、真ん丸ではなく
握りやすいように、平らな面があるんです。

サポートケーンのグリップ.jpg
グリップが横になっている白杖は
本当に「杖」のように身体を支えるものです。
サポートケーンの使い方.jpg
専門的には、このような白杖は「サポートケーン」と言います。

曲がったグリップ.jpg
あと曲がっているものですね。
これは何かに掛けたりする時に便利ですが、
歩く際に少し重くなるので…
好みですね。


次は、シャフトについてです。

シャフトは、まっすぐな物(直杖)だけでなく、
4段とか5段とか折り畳みできるものもあります。


また、シャフトの素材も種類があります。

それぞれに長所と短所があります。

下に、主な材質と長所と短所を記載しますね。

アルミニューム合金、軽金属・・・軽いため、腕(手)が疲れにくい。
カーボンに比べると弱くて、曲がったり折れたりしやすい。

カーボン・・・丈夫。多少、重みがある。軽金属等よりは値段が高め。

あと、情報の伝わり方(触感、情報の伝導率というのでしょうか)も違います。
強度も、直杖か折り畳みかでも変わってきます。


ちなみに
ほとんどの白杖は夜間蛍光になっているので
車のヘッドライトが当たると
光るようになっているんですよ。


うーん、なかなか奥が深いでしょう。

次回は、石突(チップ)についてです。

白杖の豆知識(1)はこちら


by ナミナミ

函館視力障害センターホームページへ


共通テーマ:健康