So-net無料ブログ作成

2月3日(水)の昼食(節分メニュー) [メニュー紹介]

2月3日(水)昼食のメニュー(節分メニュー)

20160203hiru.jpg
 お稲荷さん
 太巻き寿司
 茶碗蒸し
 雷こんにゃく
 キャベツと胡瓜のゴマ酢和え
 節分豆

この日は節分の行事食でした。
年の数…とはいきませんが、炒り豆もお付けしました(笑)

節分とは、次の季節が始まる立春・立夏・立秋・立冬の前日で、
一年に4回あり、それぞれの季節の区切りとなる日を指します。
季節を分けると言う意味で『節分』というそうです。

中でも立春は一年が始まる日とされ、4回の節分の中でも最も尊ばれ、
節分が立春の前日を指すようになったそうです。

豆まきの意味は、豆は悪魔を滅ぼす「魔滅(まめ)」という意味や、
健康に暮らすことを「まめに暮らす」ということから、
一年の健康や願いを願っての事だ そうです。

豆をまく時にいり豆を使うのは、生の豆をまいて拾い忘れると、
『厄の芽』が出て縁起がよくない、とされている事からだそうです。

大豆の栄養素は、「畑の肉」といわれるように、
豆類の中でもタンパク質の含有量が最も多く、
低コレステロールでビタミン、カルシウム、鉄などが豊富です。

特に風邪も流行るこの時期、大豆に豊富に含まれるビタミンB2は、
エネルギー代謝を盛んにする作用があるので、疲労回復やスタミナ増強にはもってこいですね。

厄も風邪も一緒に追い払って、明るく元気に過ごしたいですね!

by ろーるぱんな

函館視力障害センターホームページへ