So-net無料ブログ作成

「ヨシノリ先生」観ました。 [つぶやき]

先日、このブログでもご紹介したドラマ、
「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」をみました。(記事はこちら
皆さんもご覧になりましたか?

20160901drama-1.jpg
(写真は公式ホームページを撮影したものです。)

20160901drama-2.jpg
実話をもとにしているだけあって、色々とリアルな感じでしたね。
主人公の新井淑則先生役のNEWSの加藤さん、
妻の真弓先生を演じられた沢尻エリカさんの熱演もさることながら、
私には、弱視の高校教師「宮城道雄」先生役のオードリーの若林さんが印象的でした。

宮城先生がどんどんヨシノリ先生の自宅に入っていく場面や、
PCトーカー10をインストールする場面は、「わかるわかるー」と思いながら見ました。
うっかりヨシノリ先生と接触してしまう場面では、
昔、似たようなことがあったのを思い出しました。
(全盲の方が、私に話しかけようとして近づきすぎ、顔が私の目にぶつかって、
 コンタクトレンズがパチーン!と飛んでしまったのです。)

 #余談ですが、宮城道雄という名前は、視覚障害者界に籍を置く者にとって
  「あっ」と思う名前です。全盲の音楽家の名前と同じだからです。
  後から、同姓同名の実在の方と知って、ドラマティックな偶然に驚きました。

主人公が突然、体全体で「ヨ!シ!ノ!リ!」と自分の名前を表現するシーンも面白かったです。
「YMCA」の影響、それとも「JODAN」?なんて思いながら見ていました。

主人公が失明するのですから、はじめはもちろん暗い雰囲気です。
深刻な場面も続きます。
でも、途中から、どんどん上記のような明るい場面が増えていって、
最後はとてもすがすかしく、ホッとした気持ちになりました。


公式サイト「盲目のヨシノリ先生 ~光を失って心が見えた~」
http://www.ntv.co.jp/24h/drama2016/

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感