So-net無料ブログ作成
検索選択

テキストデイジー(3) [情報提供]

テキストデイジーについて、今回は、
昨年末に実施された、テキストデイジーの説明会についてです。

利用者さんだけでなく、職員も参加しました。
20161215-txtdaisy2.jpg
私がこのブログに書いたような基本的なことは、
既にどの利用者さんもご存じです。
 デイジーについてはこちら
 テキストデイジーについてはこちら

マイブックを使ってテキストデイジーを読むための操作方法や、
具体的な使い方を、実際にパソコンを操作しながら覚えました。
20161215-txtdaisy3.jpg
パソコンを持っていない方、マイブックを持っていない方には、
インストール済のパソコンをお貸ししました。
これで、試してみてから導入の検討ができますね。

この写真は、マイブックでテキストデイジーを読み込んだところ。
(画面設定はハイコントラストの白黒反転)
20161215-txtdaisy1.jpg
下の写真は、それ以外のソフトで読み込んでいます。
(通常画面で、わざとピンボケにしてあります)
20161215-txtdaisy4.jpg
無料ソフトは、当然のことながら、有料のマイブックとは使い勝手が違います。
少しパソコンに詳しくないと、戸惑うかもしれません。
ソフト付属の音声を使うか、マイクロソフト社の音声(パソコンに
最初から入っているもの)を使うか選べましたが、
私は、ピーシートーカーの音声に慣れているせいか、ちょっと違和感があるかなー。

最後に著作権のことを書きます。

DAISY(デイジー)図書は、作る時も、使う時も、著作権についての知識が必要です。
どこまでがOKか。
どこからがNGなのか。
きちんと見きわめないと、著作権法に違反してしまいます。
「視覚障害者だから、許容範囲なんでしょ?」とか、
「勉強に使うんだから、法律違反にはならないんでしょ?」…などという事はないので、気をつけましょう。

もう少し詳しく書くと、
書籍等を電子データ化する場合は、
図書館の障害者サービスにおける著作権法第37条第3項に基づく著作物の複製等に関するガイドライン
に準拠しなければなりません。
フリーではないので、ご注意ください。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ


共通テーマ:趣味・カルチャー