So-net無料ブログ作成

点字の数字(6)ローマ数字編 [点字]

今回は、ローマ数字についてです。
 (1)ひとつ・ふたつ編 はこちら
 (2)ついたち・ふつか編 はこちら
 (3)ひとり・1にん編 はこちら
 (4)助数詞編 はこちら
 (5)桁数が多い時編 はこちら

注:点字には仮名という表現はそぐわないかもしれませんが、
  便宜上、一連の記事ではそのように書きますのでご承知おきください。



<点字の数字(6)ローマ数字編>

ローマ数字は、I(アイ)、V(ブイ)、X(エックス)などを組み合わせて、
一定の数を表現します。(ここでは50のL、100のC…は省きます。)
上下に飾り線がついた、ローマ数字用のフォントもありますが、ここではIVXで書きます。※注1

これまで、点字で数字を書くのに「数符」という記号を使ってきましたが、
ローマ数字は、英語などのアルファベットを書くために使う、
外字符(がいじふ)という記号を使って書きます。

「数字なのにアルファベット?」と、混乱する方もいますが、
算用数字(アラビア数字)とは区別して考えましょう。

ローマ数字を書くには、まず、外字符の使い方を理解しなければなりません。
外字符は、5の点と6の点をひとマスに書きます。※注2
「これから書くのはアルファベットです」という予告の記号です。

その後にすぐ続けて書くと、小文字で書いたことになります。
外字符の次のマスに6の点を書くと、「最初の一文字は大文字です」という意味です。(大文字符)
更にもうひとマス、6の点を書くと、「全部大文字です」という意味です。(二重大文字符)
20170124-tenji1.gif
外字符だけ前置すると abcd 全て小文字
外字符と大文字符を前置すると Abcd 一文字目だけ大文字であとは小文字
外字符と二重大文字符を前置すると ABCD 全て大文字

ローマ数字は、上記のルールにのっとって書きます。
アルファベットのアイは、仮名でいうと「お」、ブイは「ひ」、エックスは「ふ」です。
20170124-tenji2.gif
「外字符、大文字符、お」で、ローマ数字のいち。
「外字符、二重大文字符、おお」で、ローマ数字のに。
「外字符、二重大文字符、おおお」で、ローマ数字のさん。
…という風に書いていきます。

ローマ数字を小文字で書く事もありますので、
その場合は、外字符だけ使い、大文字符や二重大文字符は使わないで書きます。
小文字のローマ数字は、当センターで使用している専門書等で見かけます。

なお、マスあけや改行をすると、外字符の効力は無くなります。
ローマ数字の後に言葉(日本語)を書く時は、ひとマスあけてから書きましょう。
また、ローマ数字が二行にまたがらないように気をつけましょう。



これで、点字の数字についてはいったん終了します。
また何か追加すべき事を思いついたら、続きを書くことにします。

by くろうーろん

以下は注記
※注1
 ウィンドウズにはローマ数字のフォントが入っていますが、
 マック系やiPhoneにはもともと入っていないため、
 ウィンドウズユーザーがローマ数字のフォントを使うと、
 全く別の文字に置き換わる事があります。(機種依存文字による文字化け)
 それを回避できるのがアルファベットのIVX…等なのですが、
 音声を使う方には、「いち」ではなく「アイ」、
 「に」ではなく「アイアイ」…等と聞こえることになります。
 勘違いが起こりそうなら、あえて算用数字を使う方が良いと思います。

※注2
 5と6の点をひとマスに書くのは、読点の「、(点)」と同じですが、
 読点の後は、必ずひとマスあけることになっています。
 つまり、マスがあいていなければ外字符です。

函館視力障害センターホームページへ
タグ:点字

共通テーマ:趣味・カルチャー