So-net無料ブログ作成
検索選択

穴の開いたバケツ?(その4) [環境、設備]

いよいよ準備も終わり断熱塗料の塗装工事を実施しました。

前回の記事はこちら

塗装をする前はこんな感じでした。
塗装の前.jpg

3日がかりで、塗り重ねて断熱性を高めてもらい、こんなふうになりました。
塗装工事完了.jpg

全体を白で塗ってもらったので、より明るい感じになりました。

鉄部もしっかり断熱の塗膜ができあがりました。
鉄部の塗装.jpg

以前は氷のように冷たかった鉄の柱や板ですが、いまは手で触っても冷たく感じません。
(ずっと触り続けていると、だんだん冷たさが伝わってきてしまいますが)
かなり熱の伝導が止まっていることがわかります。

石膏ボードの壁の部分も、触っても冷たくないです。
ほかの壁と比べてみると冷たさが全然違います。
壁全体で、かなり断熱性が高まっていることがわかります。

こんな手すりの下にある鉄の部分まできちんと塗ってくれました。
手すりの裏.jpg

これは、それなりの効果が期待できそうです。
もう最近はすっかり暖かくなってしまったので効果測定は難しいですが、次の冬が来たらいろいろ測定してみたいと思います。

さて、まだこれで終わりではありません。
実は、このあと窓サッシの二重化もしたんです。

それについてはまた後日、ご報告します。

by MI

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感