So-net無料ブログ作成

穴の開いたバケツ?(その5) [環境、設備]

前回は断熱塗装が完了するところまで報告しました。

前回の記事はこちら

壁の断熱が終わりましたが、まだ次があるんです。

それは、建物の中で一番熱損失が大きいと言われる窓の対策です。
最近の窓は、ペアガラスや樹脂サッシが当たり前になってきました。
断熱性能も以前よりかなり高くなっていて、北海道では3重ガラスの窓なんかも出回っています。

当センターも20数年前の当時としては割と先進的だったペアガラスを採用しています。
やはりペアガラスですので、窓ガラス自体の断熱性能はかなり良いようです。

でも、当時はまだ樹脂サッシはあまり一般的ではなかったのか、サッシはアルミ製です。
アルミはとても熱伝導性が良い素材です。
つまり、逆に言うと断熱性能は良くありません。
アルミの部分を手で触ってみるとよくわかります。

そこから、どんどん外の冷気を屋内に伝えてしまいます。
渡り廊下の窓はかなり大きく、アルミサッシも太くて長いのでかなり断熱性に影響がありそうです。
そこで、アルミサッシの内側に、樹脂サッシの内窓を追加しました。

設置前の様子です。
工事前.JPG

樹脂サッシを入れると、こうなりました。
工事後.JPG

サッシの樹脂を手で触っても、ほとんど冷たくありません。
これで大きな窓部分の断熱性がかなり高まったと思います。


サッシの色も、断熱塗装の色とぴったりでした。
樹脂内窓.JPG

廊下全体の色合いも統一感が出て、明るい感じなので圧迫感もありません。

次の冬が来たらまた室温を測定してみます。
もう室温が摂氏2度まで下がるようなことは無いだろうと期待しています。

by MI

函館視力障害センターホームページへ
タグ:塗装 断熱

共通テーマ:日記・雑感