So-net無料ブログ作成

体育館の照明器具修理 [環境、設備]

体育館の照明器具を修理しました。

体育館の天井はとても高いので、脚立も届きません。
体育館照明01.jpg

そこで、こんなふうに器具の方がじわじわ降りてくる仕掛けになっています。
体育館照明02.jpg
明かりがついてる照明器具のひとつ奥の照明が少しずつ降りてきています。
わかりますか?
体育館照明03.jpg

こうして床近くまで降りてきて修理ができます。
体育館照明04.jpg

今回は安定器を交換しました。
体育館照明05 安定器.jpg

安定器の製造年月日を見たら20年以上経ってます。

とりあえず去年、別の場所で照明器具をLEDに変えたときに余った安定器を取ってあったので、それを再利用しました。
古い物の再利用なので、そんなに長くは持たないと思われます。
できれば新しいLED器具に更新していきたいと考えているところです。

いちおう国の施設・機関については、環境省などが平成32年(2020年)度を目標に50%以上の照明設備をLED化することを推進しています。
関連記事はこちら。ご参照ください。
当センターのこの体育館だけでも、照明設備をすべてLEDに変更すると省エネ効果は非常に大きくて、長い目で見ると電気代もかなりの節約になりそうです。

ただ、とりあえず先立つもの(予算)がつくかどうかが問題。
やっぱり悩ましいのはそこですね。

by MI

函館視力障害センターホームページへ
タグ:修理