So-net無料ブログ作成

10月31日(火)の夕食(ハロウィンメニュー) [メニュー紹介]

10月31日(火)夕食のメニュー(ハロウィンメニュー)

H291031夕食(ハロウィンメニュー)
ごはん
ベジタブルスープ
ハンバーグ
付け合せ(レタス・トマト・キュウリ)
マカロニサラダ
ハロウィンプリン(カボチャプリン)

この日の夕食は、ハロウィンの行事食でした。

ボリューム満点のハンバーグに、
色鮮やかなミックスベジタブルの入ったコンソメスープと、
これもまた色鮮やかな野菜の入ったマカロニサラダと、
デザートにはハロウィン限定のカボチャプリンをお付けしました。

ハロウィンと言えばカボチャのイメージですっかり定着していますが、
元々は「かぶ」だったって知ってましたか?

ハロウィンの由来は、古代ケルトの宗教的な行事「万聖節」にあると言われています。
これは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すお祭りで、
その際に魔除けとしてかぶをくり抜いて飾っていたんだそうです。

それがのちにアメリカにハロウィンが伝わった時に、かぶではなく、
秋によく穫れて加工がしやすいかぼちゃに変わっていったそうです。

ちなみに、ハロウィンにロウソクを灯すランタンを飾るようになったのは、
ジャック・オー・ランタンの伝説から発祥しているようです。

ジャック・オー・ランタンの伝説とは・・・

 昔々、酒ばかり飲んでいる悪い男が、
 ハロウィンの夜、悪魔に魂を取られそうになります。

 その際、ジャックは悪魔をだまして、
 自分の魂を取らせないような約束をして追い払います。

 死後、ジャックは生前悪いことばかりしていたため天国に行けず、
 悪魔と約束を交わしたため地獄へも行けず、
 かぶに火を灯したランタンを手に、
 あの世とこの世をさまよい歩き続けるのです・・・

と言う物です。

この伝説と、ケルトの祭事が混ざり合って、現在のハロウィンになったようです。

私も詳しくは知らなかったので、調べている内に
「へー、蕪なんだー!」
と驚いてしまいました。

蕪もかぼちゃも、冬に旬を迎えて美味しくなる野菜達です。
冬に旬を迎える野菜は、寒い時期の方がに糖度が増すので、
甘さも栄養価も高くなり、美味しくなります。

特にかぼちゃは先日も紹介いたしましたが、
ビタミンA、C、食物繊維などが豊富で、とても栄養満点です。

これから冬も本番になりますので、美味しく食べて、風邪を予防しましょう!

by ろーるぱんな

函館視力障害センターホームページへ
タグ:メニュー

共通テーマ:グルメ・料理