So-net無料ブログ作成
検索選択

5月5日(金)の昼食(こどもの日メニュー) [メニュー紹介]

5月5日(金)昼食のメニュー(こどもの日メニュー)

20170505hiru.jpg

かに散らし寿司
茶碗蒸し
青菜のごま酢和え
柏餅

この日の昼食は、子どもの日の行事食でした。

華やかな色合いのかに散らしと、自慢の茶碗蒸しと、ハムの入った青菜のゴマ酢和え。
そしてデザートには、本物の柏の葉で・・とはいきませんでしたが、
ミニ柏餅をお付けしました。

子どもの日の元となる端午の節句は、
五節句の一つで、日本では奈良時代から伝わる風習です。

端午の「端」は月の端(はし)で、始まりという意味合いで、
午は十二支の午(うま)の事です。

すなわち端午とは、月の始めの午の日のことを言い、
必ずしも5月に行われる行事ではありませんでした。

しかし、午(ご)が数字の五(ご)に通じることから、毎月5日を指すようになり、
さらに5が重なる5月5日を端午の節句と呼ぶようになりました。

柏は、古くから神が宿る木として大切に扱われていました。
さらに、柏の木は新芽が出てそれが成長しないと古い葉が落ちないことから
子孫繁栄を象徴するものとして縁起がよいとされています。
それで、柏の葉で餅を包むようになったようです。

端午の節句に柏餅が食べられるようになったのは日本から生まれた風習で、
ちまきを食べるのは中国から来た風習だそうです。

柏餅とちまき・・どちらも美味しくて迷いますよね。

今年はこどもの日が5連休の丁度真ん中となり、お天気も良くて、お花見日和でした。
函館では、ゴールデンウィークの辺りに丁度桜が満開になり、やっと春の季節となります。

桜の時期と新緑の時期が混ざり合う色合いが、
この日の行事食にとてもぴったりだったな、と思いました。

センターの周りの桜も満開ですし、春のお花も次々咲いて来ます。
短いですが、もう少し春気分を楽しみましょう!

by ろーるぱんな

函館視力障害センターホームページへ

タグ:メニュー

共通テーマ:グルメ・料理