So-net無料ブログ作成
検索選択

下駄箱プロジェクト(その4)ちょっと手直し [環境、設備]

さて、先日完成をご報告した下駄箱プロジェクトですが、ちょっと手直しをしました。
前回の記事はこちら

完成後に利用者の皆さんに確認してもらったところ、新しく作ったベンチの角をもう少し丸くしてほしいとのこと。
下足室ベンチ 手直し前.jpg

言われてみれば、なるほど、角がかなりするどい。
実際に目をつぶって手をついてみると、結構、痛いです。
かなりとがったものがぶつかったような感触です。
角の位置がしっかり視認できない人にとっては、これはたしかに危なくて怪我をする恐れがあります。

何か工事や修理をした後は、こうやって不具合がないか確認することが大切ですね。

そこで、また大工さんに来てもらって、角を削ってもらいました。
下足室ベンチ手直し後(角の面取り・再塗装).jpg

こんなふうに、ほんの何ミリか角のとがった部分を削っただけです。
でも、角にぶつかったときに手に感じる衝撃や痛みが全然違う。
思っていた以上に違う。
これにはびっくりしました。
ちょっと削っただけで、こんなに違うものかと、あたらめて驚きました。

ちょっとした手直しですが、こまやかな配慮はとても大切なんですね。
勉強になりました。

削った部分は、また同じ塗料を丁寧に塗ってくれました。
「2~3時間で乾きますか?」
と聞いたら
「いえ、自然の塗料なので乾くまで1日以上はかかります」
とのこと。
ちなみにこの塗料はドイツ製の厳しい基準をクリアした安全な塗料です。
木の呼吸を妨げないので調湿性も損なわれません。

おかげさまで、3年前の茶の間プロジェクトにつづき、今回の下駄箱プロジェクトも実現できました。センターの施設がまた少し潤いのある空間に変わったと思います。

茶の間プロジェクトについてはこちらをご覧下さい

次の「プロジェクト」が何かできるかどうかはわかりませんが、少しでも利用者の皆さんが心地よく勉強や訓練に取り組める空間を目指していきたいと思っています。

by MI

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感