So-net無料ブログ作成

黄色いもみじと赤いもみじ [つぶやき]

今はもう既に、木々は葉を落としてしまいましたが、
函館はほんの数日前まで、紅葉が盛りでした。

写真は、その頃のセンター内のもみじです。
20171106もみじの写真
手前の木は、緑色から黄色になりかけていて、
その奥に、すっかり赤色になった木があります。

皆さんは、同じ「こうよう」でも漢字が二種類ある事をご存じでしょうか。
紅色(赤色)の『紅』の紅葉と、黄色の『黄』の黄葉です。

本来は、赤くなったら紅の紅葉で、黄色くなったら黄の黄葉なのでしょう。
でも実際には、厳密な使い分けはされていません。
一般に『紅』の文字が使われます。
ですから、黄色くなるイチョウも「紅葉」で良いそうです。

落葉の風景
北海道には「観楓(かんぷう)」という習慣があります。
読んで字のごとく、もみじを観賞する事です。
カエデの字をあてるのは、楓がもみじの代表格だからですね。

この時期のホテルや旅館では、よく「観楓会」が催されます。
ただ、紅葉とともに、すっかり寒くなっている所も多いので、
春の「お花見」とは違って、室内で飲食を楽しむことが中心だったりします。

窓の外の景色を見るだけで、全く外に出かけない観楓会もありますから、
本州で言う「もみじ狩り」とは一線を画しているかも?

by くろうーろん
(2枚目の写真はMI氏からいただきました。)

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:地域

10月28日(土)の朝食 [メニュー紹介]

10月28日(土)の朝食を検食しました。

20171028asa1.jpg
 ごはん
 みそ汁(大根と油あげ)
 ねぎ入り卵焼き、ボイル野菜(ホウレン草)
 れんこんのきんぴら風
 梅干し

ねぎ入り卵焼きです。
20171028asa2.jpg
卵焼きは、何を入れても良いし、何とでも合うと思います。
最近世間では「卵焼きをはさんだサンドイッチ」がブレイク中らしい。
パンにも合う、って事ですよね。

キンピラ風のレンコンです。
20171028asa3.jpg
写真ではわからないかもしれませんが、
少しあんかけのような感じになっていて、
モソモソせず、食べやすかったです。

梅干しは、とっても大粒。
20171028asa4.jpg
酸っぱすぎず、しょっぱすぎず、甘すぎず、おいしかったです。
子供の頃は、酸っぱい物が苦手で、梅干しも泣くほど嫌いでしたが、
「うめおかか」のおにぎりのおかげで克服できました。
好き嫌いをなくすきっかけは、案外、ほんのちょっとした事かもしれません。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理

ふた閉めは、一石二鳥。 [情報提供]

尾籠な話でごめんなさい。
トイレの事です。

寒くなってくると、トイレの便座の温かさに、
「ホッ」とする機会が増える気がします。
冬は設定温度を上げる方も多いのだとか。
便座を温める機能を考えついた人は偉いねー!と思ったり。

さて。

当センターでは、常に節電・省エネにつとめています。
その観点からすると、冬期の便座の暖房は、悩ましい事態かもしれません。

だからといって、便座の暖房を「座るとスイッチが入る」といった、
超エコな設定にしてしまうと、冒頭の「ホッと感」は無くなるでしょう。
それは残念すぎる…。

では、どうするか?
それがタイトルに書いた「ふた閉め」です。

ヒーター付きの便座は、ふたを閉める事で、節電につながるそうです。
一般家庭では、年間900円くらいの違いが出るのだとか。
センターは、恐らく電気の契約内容自体が一般家庭とは
違うと思いますが、節電するに越したことはないですよね。

トイレのふた閉めには、もう一つ効能があります。

それは、感染症対策です。
ふたをして水を流すと、水流によってできる飛沫が
周囲に拡散するのを防げるので、感染症対策になるのです。

何と、水流によっては1メートル以上飛び散るらしい…。
特に冬期は、感染症対策として「トイレのふた閉め」が必須だと思います。

でも、ちゃんと流れたか心配…という方もいますよね?
(私もそうです。)

もちろん、一度閉めて流し、また開けて確認して、最後に閉めるのがベストです。
次に良いのは、「流し終わるまで開けておき、終わったらすぐ閉める」。
それでも、開けっ放しにするより、ずっと良いそうです。

トイレのふたは、開けておくのと閉めておくのと、
どちらがマナー違反なのか?という論争もあるくらいですから、
開閉自体は賛否両論だと思いますが、少なくとも二つの観点からは、
「閉めるのが良い」という事になります。
特に、冬は。
レッツ・ふた閉め!

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

障害者週間記念行事の出演者(1) [告知]

障害者週間の記念行事の出演者をご紹介します。

お一人目は、
津軽三味線を演奏してくれる渋谷和生(しぶたに かずお)さん。

2017-11-10T14:33:30.jpg

1986年に山田千里師氏の内弟子となった後は、
修行を積んで数々の大会で、優勝を果たしています。
海外公演を行ったり、文化交流をしたり…。
(詳細は、下記のプロフィールをご覧ください)

すごいですね〜。
そんな渋谷さんに出演していただきます。

もともと津軽三味線は、
目の見えない人たちが旅をしながら行っていた芸ですので、
逆境からの激しさと力強さを備えた楽器です。

私も初めて青森に行って、生で聴いた津軽三味線が迫力あって
すごくかっこ良かったのを覚えています。
なので、とっても楽しみです。

記念行事は、障害者週間の最終日
平成29年12月9日(土) 13時30分からです。
当センターの体育館で、
誰でも入場無料です。

皆さま、お誘いあわせの上お越しください。

※ 渋谷さんのプロフィールが凄すぎて、
ポスター等に載せられなかったので、こちらに書いておきます。

1970年    青森市生まれ
1986年    山田千里師の内弟子となる
1988年    津軽三味線全国大会でB級チャンピオン
1989年5月  津軽三味線全国大会でA級準チャンピオン
1990年5月  津軽三味線全国大会でA級チャンピオン
1991年5月  津軽三味線全国大会10周年記念特別企画山田千里杯争奪大会でチャンピオン
1992〜94年 津軽三味線全国大会A級チャンピオン3連覇を果たす
1996年11月 日豪親善として、シドニーオペラハウス公演
1998年2月  民俗芸能文化交流として、アメリカ6州を公演
1998年3月  青森県芸能文化奨励賞受賞
1999年7月  キルギス友好親善のため、キルギスの三弦「コムス」と津軽三味線との文化交流演奏
2000年    津軽三味線全国大会山田千里杯争奪戦で準優勝
2001年    津軽三味線全国大会20周年記念山田千里杯争奪戦で優勝
2002年10月 渋谷和生ソロCD「魂〜」発売
2003年10月 国内の有望な伝承者に送られる「地域伝統芸能奨励賞受賞」
2004年 3月 沖縄国立劇場でアジアの三絃と国際交流を行う
5月 津軽三味線全国大会グループ団体「和三絃会」会主として団体優勝
2005年 津軽三味線全国大会グループ団体「和三絃会」会主として団体優勝
2009年 津軽三味線全国大会グループ団体「和三絃会」会主として団体優勝
2010年  津軽三味線全国大会グループ団体「和三絃会」会主として団体優勝

by ナミナミ

函館視力障害センターホームページへ
タグ:音楽

共通テーマ:moblog

10月27日(金)の夕食 [メニュー紹介]

10月27日(金)の夕食を検食しました。

20171027yuu1.jpg
 生散らし寿司
 清し汁(とろろ昆布)
 大根の和風うめドレサラダ
 白玉善哉

生チラシ、アップです。どーん!
20171027yuu2.jpg
観光地函館の海産物だぞ!って感じです。
私はわさびしょう油をかけていただきました。

梅味のドレッシングがとってもおいしかったサラダと、
シンプルだけど海の味いっぱいのおすまし。
20171027yuu3.jpg 20171027yuu4.jpg
どちらもアッサリしていて、脂ののった海鮮と良いコントラストでした。

デザートは白玉ぜんざい。
20171027yuu5.jpg
ありきたりな言い方ですけど、「甘さ控えめ」で、
おいしかったです。
(そろそろ『甘すぎておいしい!』という表現が
 登場しても良いのではないか、と思いつつ。)

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理

今年の花壇作業が終りました [環境、設備]

いよいよ秋も深まり、徐々に季節が冬に入れ替わってきました。

中庭での花壇作業も、10月いっぱいで終わります。
来年の春まで、しばらくお休み。

最近の函館はもう暖房が必要なほど寒くなってきましたが、花壇はまだまだきれいに花が咲き誇っています。

お手入れしてくれたみなさんから花壇についてのコメント・解説をいただきましたので、順番にご紹介していきましょう。

一つめの花壇
 百日草(別名をジニア、キク科)
 ナスタチウム(別名をキンレンカ=金蓮花)
 ステラスコピア(ゴマノハグサ科、ステラは「星」を意味するラテン語)
 カリブラコア(ペチュニアの親戚)

花壇01.JPG
(コメント)
白・ピンク・赤・黄とカラフルな花と、丸やギザギザなど様々な形の葉があるが色合いがとてもバランスよく、プランターから飛び出す程元気に育ち一番ボリュームのあるプランターとなりました。

二つめの花壇
 百日草(別名をジニア、キク科)
 インパチェンス(ホウセンカ=鳳仙花の仲間)
 マリーゴールド(別名をセンジュギク=千寿菊)
 ブルーデージー(キク科 / ルリヒナギク属)
花壇02.JPG

花壇02-2.jpg
(コメント)
様々な種類の花を植えましたが、それぞれ魅力があり色とりどりな森をイメージできるプランターとなりました。

三つめの花壇
 ゼラニウム(別名をテンジクアオイ=天竺葵)
 サフィニア(ペチュニア属)
 ステラスコピア(ゴマノハグサ科、ステラは「星」を意味するラテン語)
 コリウス(別名をキンランジゾ=金襴紫蘇)

花壇03.JPG
(コメント)
花と葉のバランスがよく、ボリュームも程よく、とても綺麗に仕上がりました。
咲き終わった後にできる種も個性的でたくさんの見ごたえがあるプランターです。

四つめの花壇
 スミレ(購入ではなく自然のものです)
 アイビー(別名をセイヨウキヅタ=西洋木蔦)

花壇04.JPG
(コメント)
昨年植えたスミレとアイビーです。
一時成長に伸び悩みましたが、今ではどんどん成長しとても生命力の強い鉢植えとなりました。
来年の成長も楽しみです。

五つめの花壇
 トルコギキョウ(リンドウ科)
 金魚草(ゴマノハグサ科)
 ステラスコピア(ゴマノハグサ科、ステラは「星」を意味するラテン語)
 ワイヤープランツ(タデ科)
 カリシア(ツユクサ科)

花壇05.JPG
(コメント)
白い花をメインに、清く美しいイメージで仕上げました。純白の花びらがプランターから溢れる程のボリュームとなり、力強さも感じるプランターです。


4月から約7ヶ月のあいだ、毎週2日、寒さにも暑さにも負けず、お花の手入れを続けてくれた就労継続支援事業所のみなさまに感謝します。

また来年もどうぞよろしく。

by MI

函館視力障害センターホームページへ
タグ:植物 園芸

共通テーマ:日記・雑感

パラスポーツ体験会、オープニング! [イベント、行事]

当ブログでも何度かお知らせしてきた、
「パラスポーツ体験会in函館」が、10月22日(日)におこなわれました。
会場に来てくださった皆さん、本当にどうもありがとうございました。
「パラスポーツ体験会in函館」の開催についてはこちら。(当ブログ)

少し遅くなりましたが、当日の開会式の様子をお伝えします!

  *****

この体験会は「スポーツ!北海道~未来をつくろう~」
という活動の一環なのだそうです。
パラスポーツ体験会ロゴ
場内の横断幕にも、「スポーツ!北海道」の文字が見えますね。

開会式は、菜月さんの元気な司会ではじまりました。
菜月さんは、南北海道を中心に活動しているタレントさんです。
(参考:当日の様子をご自分のブログ↓に書いていらっしゃいます。
    https://ameblo.jp/natuki-0915/entry-12321959998.html )
開会式1
体育座りのせいか、学生さんの参加も多かったせいか、
ちょっと学校時代の朝礼を思い出す光景だったかも?

当センターの所長からも、ご挨拶。
開会式2
センターは、ゴールボールで協力することになっています。
(利用者さんは、ゴールボールだけでなく、ブラインドサッカーや
 車いすバスケットボールにも挑戦しました。)

続いて、北海道教育大学函館校のモダンダンスクラブによる、
オープニング・パフォーマンス。
パフォーマンス(ダンス)
華麗なダンスが披露されて、会場のワクワク感を盛り上げます。

さて、この後、体験会の様子はどうだったのでしょうか…?
後日お届けする予定ですので、どうぞお楽しみに。

by パラスポーツ体験会係

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:スポーツ

今年の障害者週間の記念行事は12月9日です。 [告知]

毎年、センターでは障害者週間に記念行事を行っています。

障害者週間とは、
広く障害者の福祉についての関心と理解を深めてもらおうということと、
また障害者本人があらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを
目的に定められています。

そこで、函館視力障害センターでも障害者週間の趣旨に基づき、
行事(イベント)を行っています。


ということで、今年もやります。記念行事。

障害者週間記念行事ポスター

日にちは12月9日(土)です。
センター体育館で、内容は音楽ライブ。

出演者は、
渋谷和生さん
成山内
million
の3組です。

時間は13時30分開始です。
入場無料です。
詳細は、またこのブログ等でお知らせしますね。

お楽しみに〜♪


by ナミナミ

函館視力障害 センターホームページへ

共通テーマ:moblog

10月22日(日)の昼食 [メニュー紹介]

10月22日(日)の昼食を検食しました。

20171022昼食写真1
 ごはん
 みそ汁
 豚肉のみりん醤油焼き、付合せ(レタス、トマト、キュウリ)
 カボチャのそぼろあんかけ
 フルーツ缶(ミカン)

豚肉のアップです。
20171022昼食写真2
豚肉は、味噌焼きやショウガ焼きもおいしいですが、
これもなかなかでした。

カボチャは、あまりあんかけっぽくは無かったです。
写真でも「肉そぼろ!」という雰囲気が伝わるかと思います。
20171022昼食写真3 20171022昼食写真4
少し寒い日には、温かいお味噌汁が嬉しい。

豚肉も栄養豊富で冬のメニューとしてピッタリだと思いますが、
デザートのミカンの缶詰も、冬向きのメニューかも?
20171022昼食写真5
かぜをひきやすくなる季節には、ビタミンCが必須ですよね。

この日は、「パラスポーツ体験会」の日でした。
体験会には利用者さんも参加する事になっていましたので、
この食事で、バッチリ、腹ごしらえできたのではないでしょうか。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理

脱衣室の棚の修理をしました [環境、設備]

建物ができて20年を過ぎると、修理するものがいろいろと増えてきます。

今回は脱衣室の棚を修理しました。
脱衣室の棚 修理前01.JPG

表面の化粧板がはがれてきて、割れたり浮いたりした部分が手に刺さってしまいます。
脱衣室の棚 修理前02.JPG

脱衣室の棚 修理前03.JPG

脱衣室の棚 修理前04.JPG

修理は、化粧板のはがれたところを削り落とし、パテを塗って下地を作る作業からはじまります。
脱衣室の棚 修理中 パテ塗り.JPG

下地ができたら、今度は慎重に上から新しいフィルムを貼っていきます。
脱衣室の棚 修理中 フィルム貼り.JPG

こうして3日半かかった作業は無事におわりました。

修理前
脱衣室の棚 修理前.JPG

修理完了後
脱衣室の棚 修理完了.JPG

なめらかな手触りも良く、屋外でも使える耐久性があるフィルムなので丈夫で長持ちすると思います。

脱衣室の棚 修理完了01.JPG

脱衣室の棚 修理完了02.JPG

by MI


函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感