So-net無料ブログ作成
2018年01月| 2018年02月 |- ブログトップ
前の10件 | -

2月17日(土)の昼食 [メニュー紹介]

2月17日(土)の昼食を検食しました。

20180217hiru1.jpg
 サンドウィッチ
 キノコのホワイトスープ
 カニスパサラダ
 フルーツ缶(パイン)

サンドイッチの断面を撮影してみました。
20180217hiru2.jpg
チーズとキュウリ、ハムの二種類があります。
ポツンと見える茶色いものは、マスタードの粒でしょうか。
洋がらしでは辛すぎるかな、という時に粒マスタードを使うと、
酸味がバランスよく加えられて、シャレた味になるような気がします。

ホワイトスープはたっぷりのキノコで具だくさん。
濃厚で、クラムチャウダーみたいでした。(具が違いますが)
20180217hiru3.jpg 20180217hiru4.jpg
スパゲッティのサラダは、子供の頃を思い出しました。
給食でこれが出ると、おかわり希望者が続出したものでした。
でも昔は、カニもカニカマも無かったなァ、なんて。

パイナップルの缶詰です。
20180217hiru5.jpg
甘酸っぱく、食事全体を引き締めてくれます。

ところで。
2月17日といえば、平昌オリンピックの男子フィギュアスケートで、金メダルと銀メダルが出た日です。
日本中が沸いたのではないでしょうか。
いやー、本当に良かったですね。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

あっても使わない点字(3) [点字]

「存在しているけれど、実際はあまり使われない点字」について。
これまで、伏せ字記号と位取り記号とアポストロフィをご紹介してきました。
今日は、一部のカッコについてです。
 ※当センター独自だと思いますので、使用時にはご注意を。

墨字(普通字)では、さまざまなカッコ記号を使い分けますよね。
( )丸カッコ
「 」かぎカッコ
はもちろん、
『 』二重かぎカッコ
【 】墨付きカッコ
〔 〕亀甲カッコ 
など、用途に応じて使っていると思います。

(音声でこのブログをお読みになっている方には少し分りにくいかもしれません。すみません。
 PCトーカーは、丸カッコ ではなく カッコ、
 かぎカッコ ではなく かぎ、
 墨付きカッコ ではなく 黒カッコ、
 亀甲カッコ ではなく 亀甲 と読むようです。)

点字にも、これらに対応するために、カッコの記号がいくつか用意されています。
でも、日常的に使うのは、丸カッコと、かぎカッコくらいです。
他のカッコはあまり使われないようです。

点訳ソフト(アプリ)を使えば、自動的に、
「第二カギ、ふたえカギ、第2カッコ」…などが出てきます。
でも、これらを、前後の文脈で差し障りがなければ、
「丸カッコと、かぎカッコ」に置き換えてしまう事があるのです。

その他のカッコの記号をしっかり覚えている方は少ないだろう…という判断で、
混乱を防ぐために、あえて、そうしているんですね。

もちろん、文芸作品(小説など)で、
そのカッコに意味がある場合は、そのまま点訳しますが、
実は、丸カッコとかぎカッコ以外は、墨字(普通字)のカッコ記号と
一対一対応ではないので、点訳者の意図通りに解釈してもらう為には、
「このカッコは何々のカッコです(何々の意味です)」という注釈が必要でしょう。

余談ですが、
かぎカッコとつなぎ符は同じ記号なので、
会話の中のつなぎ符を、1マスあけに変更することもあります。
こういった対応については、特に教則本にルールの記載は無いようです。
完全に点訳者の判断、ローカルルールなのだと思います。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ:点字

2月14日(水)の昼食(バレンタインデーの行事食) [メニュー紹介]

2月14日(水)昼食メニュー(バレンタインデー行事食)

20180214_hiru.jpg
シーフードスパゲティ
グリーンサラダ
バースディケーキ(フォンダンショコラ)
紅茶

この日はバレンタインデーの行事食でした。

色々な魚介とベーコン、野菜等と、
ニンニクやトウガラシで炒めた、具だくさんのスパゲティに、
ラデッィシュの赤色がアクセントになっているグリーンサラダ。

そして、月に一度のケーキの日と合同の行事食として
いつも食べて頂いて下さる皆様に、給食の係から感謝を込めて、
バレンタインの贈り物風に、フォンダンショコラケーキをお付けしました。

朝から雪が降り積もり、最高気温もマイナスだったこの日。
とろけるチョコと暖かい紅茶で、ホッと一息つけると良いなぁ…と思いました。
フォンダンショコラは、ナッツの食感と洋酒が少し効いた大人向けの生地で、
スプーンですくうと、中からとろけるチョコが出てくる、ほんのり温かなデザートでした。

よく、チョコレートには集中力アップの効果があると言われますが、
これは香りの成分にリラックスしたり、記憶力を高める効果があるようです。

また、チョコレートに含まれるブドウ糖は吸収が早く、
脳のエネルギー源として必要な栄養です。

しかし、沢山食べると急激に上がった血糖値は急に下がりやすくなり、
逆に疲れやすくなったり、眠気を呼んでしまう事があるので、
タイミング的には、試験勉強で疲れた時にほんの一かけら、
気分転換にちょっとだけ食べるのをおすすめします。

とは言え、せっかく日本で根付いて、色々なバレンタインチョコが並ぶ時期です。
食べる量には気をつけて…ですが、チョコレートでリラックス効果を狙ってみてはいかかでしょうか?

by ろーるぱんな

函館視力障害センターホームページへ
タグ:メニュー

あっても使わない点字(2) [点字]

「存在しているけれど、実際はあまり使われない点字」について。
今回は、「位取りとアポストロフィ」です。
 ※当センター独自だと思いますので、使用時にはご注意を。

桁数が多い数字に使う、位取りの記号は、
123,456円 のように、千の位と百の位の間につけます。
墨字(普通字)であれば、よく見かけると思います。

点字の位取り記号は、数字の途中に3の点を一つ書きますが、
じっさい、点字使用者の中にどれくらい、
「位取り記号」の書き方を覚えている人がいるかしら?
という感じです。
12万三千….gif
点字を知っている方は「小数点(2の点)と似ている」と気づかれるでしょう。
誤読も心配ですし、点字では、「まん」「せん」の言葉を使う事の方が多いです。
12まん 3ぜん 456 えん とか、
12まん 3456 えん という感じです。
関連記事、点字の数字(5)はこちら

ただし、帳簿など、数字の正確性を求められる文書の場合は、
正式な書き方をするので、位取記号を全く使わなくて良いという意味ではありません。

さて、もう一つ。

「アポストロフィ」は、1990年台まで、よく使っていたような気がします。
よく、年の前半を省略する時に使っていました。
’91(アポストロフィ91)と書くと、1991の事です。

また、墨字(普通字)の場合は、何かを引用したり、
一部の言葉を強調したりする時なども使われるようです。

でも最近は、西暦では、墨字(普通字)でもめったに使わないですよね。
もしかしたら、このブログを読んでいる方の中にも、
「アポストロフィーって何?」という方もいるかもしれません。

点字でも、略さずに 1991ねん と書いた方が通りが良さそうですし、
引用や強調なら、むしろカギカッコを使った方がわかりやすいでしょう。
やはり、日常的には使われていないようです。

点字のアポストロフィも3の点ですが、ちょっと書き方が独特で、
 数符、3の点、数字本体
の順で書きます。
アポストロフィと91.gif
この書き方は、アポストロフィについてきちんと知っている人でなければ、
ただの「書き間違い」と思われてしまうかもしれません。
「191と書こうとして間違えたのかな?」といった勘違いです。

そのまま点訳する場合は、配慮が必要だと思います。
はじめに原文通りアポストロフィを使って書いて、
直後に、丸カッコか点訳者挿入符を使って、
「1991ねん」などと添えてあげると、良くわかるのではないでしょうか。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ:点字

あっても使わない点字(1) [点字]

これまでも何度か、点字のローカルルールをご紹介してきました。
今回は、「存在しているけれど、実際はあまり使われない点字」について。
 ※当センター独自だと思いますので、使用時にはご注意を。

点字の教則本には、たくさんのルールが掲載されています。
でも、全て覚えていて、日常的に使っている人は少ないと思います。

例えば、「伏字(ふせじ)」の記号がそうです。
記号について、過去の記事はこちら

点字にも、「○○市」とか「××町」と書くための記号はあります。
でも、めったに使いません。
(ここでも掲載しないでおきますね。)

「試験で、マルバツを使うのでは?」
と思う方もいるかもしれませんが、上の記事にもある通り、
点字のマル・バツ記号は、「伏せ字専用」です。
正解ならマル、不正解ならバツ…のような、純然たる記号は無いのです。

日常の中で、伏せ字を使う機会がそんなにあるでしょうか…?
めったに使わない点字は、忘れてしまいがちです。
突然使うと、点字使用者が戸惑ってしまうかもしれません。

そこで、
「○○さん」は「まるまるさん」、
「××と申します」は、「なになにと もーします」
などと点訳しています。

もちろん、本当は記号を使うべきなのでしょう。
でも、記号を使わない方が、かえって主旨が伝わりやすいかもしれないので、
小説など、作者が意図的に伏せ字を使っていると思われる場合を除き、
点訳者がこういった配慮をするのには、問題はありません。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

タグ:点字

温泉を暖かくするプロジェクト [環境、設備]

このブログでもたびたびご紹介しておりますが、当センターの宿舎には温泉があります。
体もぽかぽか温まるし、日々の勉強や訓練の疲れを癒やすのに温泉は本当にありがたいです。
_DSF8613.JPG

経費的にも、水道水をボイラーで湧かすよりもずっと安く済みます。

さて、こんな自然の恵みの温泉ですが、冬場はどうしても、少し温度が低くなりがちなのが弱点です。
源泉から長い配管を流れてくる間に、少しずつ熱が外に逃げてしまうんですね。

それでも給湯口から浴槽に入るときは45℃近い温度があるのです。
でも、浴槽が結構大きいので、溜まる頃にはそのお湯が40℃近くまで下がります。
なので、人によってはちょっとぬるく感じてしまうんですね。

特に、湯船の下の方がぬるくなってしまいがちです。
給湯口から注がれる熱いお湯も、なかなか浴槽の下の方までは届かないです。
湯船の上の方にある熱いお湯から、縁からあふれて外へ流れ出してしまいます。

下手な絵ですいませんが、簡単に図解してみました。
湯船の絵.jpg

まだちょっとわかりにくいかもしれませんが。。。。

さてこの問題をなんとかしたいと、
「温泉を暖かくするプロジェクト」
(と勝手に名付けました)が始動しました。

さあ、なにやらこんな作業がはじまりました。
DSCN4044.JPG

そして終わったあとは掃除まで。
DSCN4059.JPG

いったい何をしているのでしょうか?
つづきはまた。

by MI

函館視力障害センターホームページへ

2月7日(水)の朝食 [メニュー紹介]

2月7日(水)の朝食を検食しました。

IMG_3292.JPG
メニューは、ご飯、みそ汁、温泉たまご、
キャベツとエビの炒めもの、白菜の辛子あえ。

メインは私的には温泉たまごです。
IMG_3295.JPG
温泉たまごってあまり食べる機会がないので、
給食に出るとうれしいです。

汁物は里芋とお麩のみそ汁。
IMG_3297.JPG

副菜はキャベツとエビの炒めものと
IMG_3293.JPG

白菜の辛子あえ。
IMG_3299.JPG

ごちそうさまでした。

by おとぞう

函館視力障害センターホームページへ

いつまで降るの? [環境、設備]

2月6日は、福井県などで記録的な豪雪となりましたが、
ここ函館もかなりの雪が降りました。
DSCN4111.JPG

函館の積雪量は78センチ。
観測史上で何番目などと新聞に書いてありました。
DSCN4104.JPG

雪かきしても、雪かきしても、
そのあとから、またその後から、
降り続いて雪は止まない。

もう、いつまで降るのーーー!!
っと、思わずぼやいてしまうのでした。


でも今日(2月7日)は、やっと晴れて良い天気です。

DSCN4095.JPG

DSCN4094.JPG

もう、しばらく降らないでくれると良いんですが、、、、。

by MI

函館視力障害センターホームページへ

2月6日(火)の夕食 [メニュー紹介]

2月6日(火)の夕食を検食しました。

IMG_3281.JPG
メニューは、ご飯、みそ寄せ鍋風、黒豚シュウマイ、
青菜のワサビあえ、りんご。

メインはみそ寄せ鍋風です。
IMG_3283.JPG
具は白菜、しめじなどの野菜と豆腐、ホタテやエビなどの
海鮮、すり身の団子のようなものが入っていて具沢山です。

副菜は黒豚シュウマイと
IMG_3285.JPG

青菜のワサビあえです。
IMG_3289.JPG

デザートはりんご。
IMG_3288.JPG

みそ味の鍋風でしっかり暖まりました。

ごちそうさまでした。

by おとぞう

函館視力障害センターホームページへ

調理訓練、何作ろう? [訓練]

センターでは栄養士がバランスの取れたメニューを
考えています。
毎年、利用者さんの年齢・性別・活動量などを鑑みて、
カロリーなども細かく設定しています。

さて、自立訓練でも調理訓練を行うとき、
利用者さんの希望によっては、
バランスの良い食事メニューを一緒に考えたり、
ダイエットメニューを検討することもあります。

これが結構悩むんですよねー。

例えば、焼き物で「ひっくり返す」という課題がある時、
ハンバーグやお好み焼き、ホットケーキ、ムニエルとか
ひっくり返して焼く必要がある料理も様々。
大きさや具材、レトルトを使うかなどでも違ってきます。

たいてい利用者さんと相談して決めるのですが、
調理難易度や好みなどで悩むこともあります。

今回は、食材サンプル(?)で全体のバランスを考え、
そこからメニューを決めることにしました。

食材のサンプル1.jpg
(サンプルが並んだ写真:食パン・バター・卵・ハム・野菜等・バナナ)

さて、これで何を作ろう?


by ナミナミ

函館視力障害 センターホームページへ
前の10件 | -
2018年01月|2018年02月 |- ブログトップ