So-net無料ブログ作成
イベント、行事 ブログトップ
前の10件 | -

理由はね [イベント、行事]

先日、行われた障害者週間記念行事
たくさんの方に来場いただきありがとうございました。

また、ご出演いただいた
渋谷さんとお弟子さん
渋谷和生さんとお弟子さん

Millionさんのステージ
Millionさん

成山内さんのステージ
成山内さん

ステキな演奏をありがとうございました。

その中で、
成山内さんがなぜセンター行事に出演してくれることになったのか…?

その理由は「イベントの中で」とブログに記載していましたが、
放送を聞いていただいた方は分かったかと思います。

でも、残念ながら聞けなかった方に。

「その理由はね」

山内さんが、センターの就労移行支援(あん摩マッサージ指圧・鍼灸)の
3年生だったので、卒業記念に出演いただいたのでした。
同じ利用者の皆さんや職員に聞かせたいと言ってくれて、
札幌から成山さんも来てくれて、
有り難いですね。

放送外のステージで
「アンプなどのコードの挿す位置 間違えて、よくマネージャーに怒られた。
だから、シールなどを貼って見えなくても挿せるように工夫していた」
なんて言っていました。

見えない苦労があったようです。

ラジオでは見えませんが、
実は足でいろんな機械を操作していて、
凄いなぁと思ってみていました。

3年生は、あと3か月で卒業を迎えます。

国家試験までのラストスパート、
頑張ってください。

ちなみに、現在
平成30年度のあん摩マッサージ指圧・鍼灸科の後輩(利用者)募集しています。
1.開始時期
 平成30年4月
2.応募資格
 ・視覚に障がいがある高卒以上の方で64歳以下の方。

詳細については、お問合せください。

by ナミナミ


函館視力障害センターホームページへ

タグ:行事

共通テーマ:moblog

イベント終了、ありがとうございました。 [イベント、行事]

障害者週間記念行事のコンサート。
盛況のうちに終了いたしました。

雪がちらつく中、当センターまで来てくださった皆さん、
素晴らしいパフォーマンスを披露してくださった出演者の皆さん、
ありがとうございました。

そして、ラジオを聞いてくださった皆さんにも、感謝申し上げます。
もちろんこのブログを読んでくださった皆さんにも。

職員はいま、会場だった体育館を片付け中。
20171209gyouji-6.jpg
ついさっきまで、ここにたくさんの人がいて、
一緒に、楽しい時間を過ごしていたのに。
何だか嘘のようにガランとしています。

このイベントについて、私達の気持ちは、先日のブログ記事にある通りです。
記事はこちら

皆さんの中にほんの少しでも、障害のこと・障害者のことが、
美しいメロディと共に、在りますように。

どうもありがとうございました。

by 障害者週間記念行事係

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:音楽

ラストは成山内さん。 [イベント、行事]

障害者週間記念行事のコンサート。

三組目は、ユニット「成山内」さん。
ご紹介の記事はこちら
ご本人たちいわく、「気持ちよく眠れる」音楽、とのこと。
20171209gyouji-4.jpg
確かに、その美しさにうっとりです。
でも、眠ったらもったいない!

曲の途中に、不思議な音が聞こえてきましたね?
20171209gyouji-5.jpg
なんと、山内さんが演奏していたのは、ピアニカ。
シンプルで綺麗な音でした。

「成山内」の三曲目の途中で、FMいるかさんの放送は終了してしまいました。
ラジオを聞いていた方は、もっと聞きたかったのに…と、
ちょっぴり、残念だったのではないでしょうか。

会場にいる方々には、特別な贈り物。
あと10分、成山内のステキな歌を楽しみましょう。


by 障害者週間記念行事係

※本日は、ブログの更新が頻繁になります。ご容赦ください。

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:音楽

まだまだ続きます。 [イベント、行事]

障害者週間記念行事のコンサート。

二組目は教育大学函館校のアカペラサークル、
Million(ミリオン)さんです。
20171209gyouji-2.jpg
(写真では全員を載せることができずゴメンナサイ。)
ミリオンさんのご紹介記事はこちら

今回は、Jポップを中心に歌って下さいました。
とってもお上手です!
FMいるかさんのラジオは、ミリオンさんの歌声で幕を開けました。
華やかで若々しい声に、会場もウキウキ。

ラジオ放送前にも演奏してくださった渋谷さんの津軽三味線、
職員と利用者さんのインタビュー…とプログラムは続きます。
20171209gyouji-3.jpg
上の写真の中央に座っているのは、この後出演される「成山内(なりやまうち)」の
メンバーさんです。

(ここである事実が公開されました。
 スリーピーファンの方の中には、ビックリされた方もいたかも?)

イベント会場は、コープさっぽろ湯川店の裏手の、
「函館視力障害センター」
 の体育館です。
ラジオの放送は15時に終了ですが、
イベントは、まだ続きます。
皆様のご来場をお待ちしています。

ラジオをお聴ききになる方は、
「FMいるか 80.7MHz」です。
詳しくは、こちらの記事の後半をご覧ください

by 障害者週間記念行事係

※本日は、ブログの更新が頻繁になります。ご容赦ください。

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:音楽

はじまりました! [イベント、行事]

障害者週間記念行事が始まりました。

オープニングの後、コンサートは、
抒情的な津軽三味線で幕をあけました。
この部分は、FMいるかさんの電波に乗らない、貴重な演奏です。
2017-12-09T13:47:23.jpg
渋谷さんの、ソロ演奏。
迫力に息をのむ観客席。
今回は、渋谷さんのお弟子さんのつしまさんも来て下さいました。
2017-12-09T13:44:34.jpg
こんなに間近で津軽三味線を聞くのは初めて、という方も
多かったのではないでしょうか。
体育館の空気までもが、びんびんとふるえるようでした。

この後、14時10分頃からのFMいるかさんの放送でも、
津軽三味線が放送されます。

渋谷和生(しぶたに かずお)さんについてはこちら。(以前の記事です)

イベント会場は、コープさっぽろ湯川店の裏手の、
「函館視力障害センター」
 の体育館です。
まだ、まだ間に合います。
皆様のご来場をお待ちしています。

ラジオをお聴ききになる方は、
「FMいるか 80.7MHz」です。
詳しくは、こちらの記事の後半をご覧ください

by 障害者週間記念行事係

※本日は、ブログの更新が頻繁になります。ご容赦ください。

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:音楽

障害者週間記念行事、開場です。 [イベント、行事]

20171209gyouji-1.jpg
13時になりました。
障害者週間記念行事、イベント(コンサート)の開場時間です。

13:30からイベントスタート、
14:00から「FMいるか」さんの放送がスタートです。

イベント会場は、コープさっぽろ湯川店の裏手の、
「函館視力障害センター」
 の体育館です。
正面玄関でスリッパをお貸ししますので、上靴のご持参は不要です。
会場まで、職員がご案内いたします。

まだ間に合います。
たくさんの方のご来場をお待ちしています。

ラジオをお聴ききになる方は、
「FMいるか 80.7MHz」です。
詳しくは、こちらの記事の後半をご覧ください

by 障害者週間記念行事係

※本日は、ブログの更新が頻繁になります。ご容赦ください。

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:音楽

障害者週間記念行事、準備中。ラジオの準備もどうぞ。 [イベント、行事]

おはようございます。
2017-12-09T09:28:56.jpg

平成29年12月9日(土)、午前10時。
ただいま、準備中です。

この後、出演者さんたちのリハーサルがあり、
お昼をはさんで、13時に開場です。
そして、13時30分から、障がい者週間の記念行事が始まります。

「FMいるか」さんの放送は、14時から。
それまでは、電波に乗らない「レア」なプログラムとなります。

湯川地区にお越しの方は、コープさっぽろ湯川店裏手の、
「函館視力障害センター」
まで、どうぞお立ちよりくださいませ。
正面玄関でスリッパをお貸ししますので、上靴のご持参は不要です。

当センターまでお越しになれない方は、ラジオをお聴きください。

ラジオをお持ちの近隣の方は、
FMいるか 80.7MHz です。

ラジオが無い方、遠方の方は、こちらをどうぞ。
 ※いずれも無料ですがユーザー登録が必要な場合があります。
 ※推奨環境等は各サイトでご確認ください。
1.パソコン
(1)サイマルラジオ(http://csra.fm/)にアクセス。
   STATION LIST→北海道→FMいるか→放送を聴く。
(2)リスラジ(http://listenradio.jp/)にアクセス。
   CATEGORY(カテゴリ)→全国のラジオ局→北海道→FMいるか。
2.スマートフォン、タブレット他
(1)Google play または App Store または Windowsストア にアクセス。
   「FM聴(えふえむ てい) for FMいるか」アプリをダウンロード。
(2)リスラジ(http://listenradio.jp/)にアクセス。
   アプリのダウンロード案内→リスラジ→環境を選択→ダウンロード。

by 障害者週間記念行事係

※本日は、ブログの更新が頻繁になると思います。ご容赦ください。

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:音楽

パラスポーツ体験会、車椅子バスケットボール [イベント、行事]

10月22日の「パラスポーツ体験会」の、
車椅子バスケットボールについてお送りします。
開会式についてはこちら
ゴールボールについてはこちら
ブラインドサッカーについてはこちら

*****

車椅子バスケットボールの基本的なルールは、
一般的なバスケットボールと同じですが、
「持ち点」によって、障害が軽い人ばかりのチーム、重い人ばかりのチームは作れません。
詳しくは、車椅子バスケットボールのオフィシャルページをどうぞ。
トップページ → https://www.jwbf.gr.jp/
ルールのページ → https://www.jwbf.gr.jp/rule/

さて、パラスポーツ体験会では、まず、
車椅子バスケットボール用の車椅子に乗る体験から始めました。
20171022-BB2.jpg
怪我や病気で車いすを使ったことがある方もいると思いますが、
競技用の車いすは、皆、初めてだったようです。
「バンパーがついているんだ」
「車輪に、角度がついているんだね」
と、乗っていない人も興味津々。

何度か車椅子を動かす練習をして、少しずつ安定してきたようです。
20171022-BB1.jpg
もちろん、選手たちには及びもつきませんが、
少しずつ速く動かせるようになってきた人もいました。

ゴール下まで移動して、ボールを持って上を向くと、
どう投げて良いのか、戸惑う場面も。
20171022-BB3.jpg
普段、自分はどうやってボールを投げていたっけ…?
車椅子に乗っている時、どうやって投げたら良いの…?
という事だったようです。

車椅子バスケの選手の身体能力が、いかに高いか、気づかされますよね。
車椅子を使った競技の選手の中には、腕をまっすぐ上に上げられないほど、
肩や腕の筋肉が発達している方もいるそうです。

そういった事もあり、選手の筋肉の状態を触らせてもらえないか、
お願いしてみたところ、快く引き受けていただけました。
やはり、普段触っている模型とは、全然違ったようです。
(決して、セクハラではありませんよ!向学心からです!)

*****

これで、パラスポーツ体験会のレポートは終わりです。
参加していただいたみなさん、本当にありがとうございました!

by パラスポーツ体験会係

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:スポーツ

パラスポーツ体験会、ブラインドサッカー [イベント、行事]

10月22日の「パラスポーツ体験会」で、
ゴールボールに続き、ブラインドサッカーについてお届けします。
開会式についてはこちら
ゴールボールについてはこちら

*****

☆ブラインドサッカーは、2017年にルールが変更されました。
 気になる方は、ブラインドサッカーのオフィシャルサイトでご確認ください☆
 トップページ → http://www.b-soccer.jp/
 ルールのページ → http://www.b-soccer.jp/aboutbs/aboutbs_2

ブラインドサッカーは、6人一組で、音が出るボールを使ってプレイします。
4人はフィールドプレイヤー。アイマスクなどを使って全盲の状態です。
1人はゴールキーパー。晴眼または弱視者が担当します。
そして、フィールドの外、相手チームのゴールの後ろにも1人。ガイド役(ゴールの位置などを伝える)の「コーラー」です。

…というわけで、ブラインドサッカーで
何よりも大切なのは、コミュニケーションです。
20171022-BS1.jpg
晴眼者のサッカーでは、自分の目で状況確認をしますね。
ブラインドサッカーでは、4人が全く見えない状態でプレーしますから、
コーラーの声や手を叩く音、キーパーの指示、そしてもちろん、
フィールドの外から飛んでくる監督の声が頼りです。

何度も、手を打つ音を聞いて移動する練習をして、
それからパスの練習をしました。
20171022-BS3.jpg
ゴールボールの記事にも書きましたが、
ザワザワしている中でのパス練習は、とても大変。

「いつものサッカーと全然違う…」
「あれ?今、ボール通りすぎた?」
と、やはり、はじめのうちは不安そうな声が多かったようです。
20171022-BS2.jpg
それでも、何度も繰り返していると、少しずつ、
ボールを止めたり、仲間にパスを出すのが上手になってきて、
参加者の笑顔が増えていきました。

ブラインドサッカーのプレイ中は、にぎやかな応援、鳴り物を使った応援は禁止です。
ゴールが決まった瞬間だけ、大きな声と音でワッ!と湧くのが、
ブラインドサッカーの試合の特徴とも言えるでしょう。


次回は車椅子バスケットボールについてお伝えします!

by パラスポーツ体験会係

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:スポーツ

パラスポーツ体験会、ゴールボール [イベント、行事]

10月22日の「パラスポーツ体験会」で、
当センターは、ゴールボールへの協力で参加していました。
開会式に続いて、ゴールボールについてお伝えします。
開会式についてはこちら

*****

ゴールボールは、プレイヤー全員がアイシェードをつけて、
鈴が入ったボールをやり取りするスポーツです。
相手チームが守るゴールにボールを入れると、得点になります。
道具などについては、過去の記事をご覧ください。

こちらの写真は、手で白線を確認しているところです。
職員が参加者の手をとって、丁寧に教えています。
ゴールボール・白線を確認している写真
アイシェードをつけるという事は、全盲状態になるという事です。
そこで、コートの白線を、感触でわかるようにしてあります。
中にたこ糸が入れてあるので、手で触ったり、靴越しでもわかるんですね。

ゴールを伝って歩く練習もしました。
ゴールボール・ゴールを伝う場面
プレイヤーは、相手のボールから自チームのゴールを守るために、
ゴールの位置と自分の位置を正確に把握して、素早く移動しなければなりません。
そのため、ゴールを確認しながらの移動は重要なのです。

こちらの写真は、ボールを探す練習をしている場面です。
ゴールボール・目の前のボールを探す場面
「音をよく聞いてー。はい、床に落としますよ」
「えーーーー…どこだろう?」
慣れないと、音を聞き分けることも難しいです。
会場がザワザワしていて、更に難しかったようですね。

参加者の皆さんには、練習試合もやっていただきました。
ゴールボール・練習試合
はじめのうちは、
「この位置で合っているの?」
「ボールはどっちのチームにあるの?」
と、少し不安そうでしたが、時間がたつと慣れてきて、
ボールのキャッチや、相手のゴールをめがけて投げる動作が上手になり、
「やった!」
「そうそう、うまい、うまい!」
と、弾んだ声が飛びかうようになりました。

次回はブラインドサッカーについてお伝えします!

by パラスポーツ体験会係

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - イベント、行事 ブログトップ