So-net無料ブログ作成
つぶやき ブログトップ
前の10件 | -

消灯、延灯のことなど [つぶやき]

前期の期末試験が終わり、カルチャーナイトが終わり、
一山越した感があるセンターです。

ふと、昔のことを思い出しました。

当センターの、昭和の時代の卒業生たちはご存じでしょう。
以前の宿舎(寮)は、大人数の相部屋でした。
確か5~6人以上だったと思います。

相部屋ですから、いつまでもおしゃべりしていると、
勉強したい人の邪魔になります。
また、いくら勉強したいからといって、
いつまでも部屋の電気をつけておくと、
寝ようとしている方の迷惑になりますよね。

そのため、「自習時間」「消灯時間」が決められていました。
自習時間の開始は、19時からでした。
消灯時間は、通常は22時か22時半頃だったでしょうか。

試験前の期間だけ、消灯時間が遅くなります。
これを「延灯(えんとう)」と言っていました。

センターの建て替え時に大部屋がなくなり、
相部屋の場合は2名までになり、
やがて受験学年だけが個室になり、
現在では、宿舎に入っている方全員が個室です。

それと共に、自習時間と消灯時間の設定も不要になりましたが、
なぜか自習時間の開始を知らせるチャイムだけは、今も19時に鳴っています。

現在の利用者さんたちは、
「これは何のチャイムだろう?」
と思っているかもしれませんね。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:学校

今年の神輿渡御は… [つぶやき]

少し前の話なのですが、
今年も湯倉神社の例大祭で、
当センターのそばを神輿渡御(みこしとぎょ)の行列が通りました。

昨年は雨模様で、皆さん大変そうでしたが、(記事はこちら
今年はよく晴れていました。

(例によって西日の逆光で、写真がまずくてすみません。)
広報車のさきぶれに続いて、
20170908yukura1.jpg
神馬(しんめ)からはじまり、
20170908yukura2.jpg
奴(やっこ)や神楽(かぐら)、
20170908yukura3.jpg 20170908yukura4.jpg
「わっしょい」の掛け声もいさましい神輿(みこし)、
20170908yukura5.jpg 20170908yukura6.jpg
最後はまた神馬です。
20170908yukura7.jpg
朝9時に湯倉神社を出発して、湯川地区一帯を練り歩き、
センターの前を通るのは6時間後くらいとのこと。
大変ですよねぇ。
でも、この行列を見るとやっぱりワクワクします。
続けて欲しいイベントですね。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:地域

ボーボーポポーの謎 [つぶやき]

出張の時に聞いた発車メロディに続き、音の話をもう一つ。

本州に行くと、函館では聞こえない音を聞くことがあります。
そのひとつが、鳩の声です。
(厳密にいえば音ではないのですが。)

函館で聞くハトの声は、
「ポッポッ」「ポロッポー」「クークー」という感じの声です。
これは、ドバト(カワラバト)の声。
伝書鳩としても利用される、人懐こい鳩です。

一方、所沢のリハセンターで聞いたのは、
「ボーボー、ポポー、ボーボー、ポポー…」という声。
前半のボーボーは低めの、後半のポポーはやや高めの声で、
ずっと一定のリズムで繰りかえされます。

昔、初めて聞いた時は、何の音かわかりませんでした。
後に、ボーボーポポーはキジバト(ヤマバト)のものとわかりました。
オスのキジバトは一般に「デデッポッポーと鳴く」と言われています。
私には「ボーボーポポー」と聞こえるのですが。

リハセンターの人たち数人と話していた時、ちょうど
「ボーボー、ポポー」が聞こえてきたので、
「あっ、この声、この鳩の声、函館では聞かないんです。」
と言ったら、皆、
「え、何?聞こえないけど?」
「何か音、してる?」
と、くちぐちに言ったのが面白かったです。

もしかしたら、普段から聞いている当たり前の音(声)だから、
かえって認識できなかったのかもしれません。
何だか不思議です。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ: 函館 所沢

共通テーマ:日記・雑感

発車メロディ [つぶやき]

先日、埼玉県に出張してきました。
我々函館センターの親玉(?)とも言うべき、
「国立障害者リハビリテーションセンター」(所沢)に行ってきたのです。
いやー、暑かったです!!

それはさておき。

函館では、日常で使用するのはバスや路面電車なので、
移動にJRや私鉄を利用するのが、自分にとっては珍しかったです。

すぐに、発車の時にプラットフォームにメロディが流れること、
しかもどうやら駅ごとに違うメロディのようだと気づきました。
いわゆる「発車メロディ」ですね。

耳にするたび、同行者たちに「今のは、何の曲だろう?」と
聞いてみましたが、同行者たちにとっては珍しいことではないらしく、
「え、何だっけ」という感じでした。
うーん、私だけ?

特に面白かったのは、西武新宿線の新狭山です。
「あれっ聞いたことがある…。」
某お菓子のCMソングだと気づくのに時間がかかりました。
歌詞なしでメロディだけだと、ちょっとわかりにくかったですし、
駅でCMソングなんて、思ってもみなかったからです。

ふと、車外の様子を目で確認できない人にとっては、
こういったメロディは、ただ面白いだけではなく、
移動の役に立っているのかもしれないな、と思いました。

改めて調べてみると、駅の発車メロディの「人気ランキング」なるものもありました。
面白がっているのが私だけではないとわかって、ホッとしました。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

授業と臨床実習の再開 [つぶやき]

20170821nakaniwa.jpg
夏季休暇が終わり、今日から授業が再開しました。
臨床実習も再開です。

3学期制だった頃は、「2学期が始まる」だったのですが、
いまは前期・後期の2期制で、前期と後期の境目は9月と10月です。
だから、8月の夏休みあけは「再開」となるわけです。

今朝、出勤の時に子供たちを多く見かけました。
函館市内の学校も、今日から始まるのでしょう。

本州の学校は、まだお休みですよね?
子供の頃、夏休みが長いのがうらやましかったのですが、
そのぶん冬休みが短いらしいと聞いて、
まあ夏は短くてもいいや、と思ったものでした。

最近は「自由研究用キット」なるものが販売されているようです。
その点、今どきの子供たちがちょっとうらやましいかも。

自由研究…。
内容は自由だとはいえ、くだらないと思われたくはないし、
一日でやっつけたように見えないようにしたいし、
(実際、一日でやっつけていたと思いますが)
何だか色々悩んでしまって、嫌だったなァー。

結局、何をしたんだっけ?全く覚えていません。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ:夏休み 函館

共通テーマ:地域

塩分補給も大事 [つぶやき]

このところ、暑さ対策の記事を書くことが多いのですが、
今回もそのお話を。

水や麦茶は、水分の補給に有効ですが、
コーヒーやお茶はあまり良くない、ということを、皆さんご存知でしょう。
後者は、利尿作用があり、水分を体の外に出してしまう働きをもっているからです。
もちろんお酒もいけません。

ただ、熱中症の対策には、水分だけではダメだそうです。
スポーツドリンクのように、適度に塩分が入っているものや、
補給専用の「経口補水液」が良いんですよね。

でも、いつでもそのようなものが手に入るとは限りません。
「お水しかない」という状況もあると思います。

そんなときにはこれ!…なんてね。
20170727tablet.jpg(写真は加工しています)
宣伝ではないですが、私は、塩分補給のタブレットを持っています。
タブレットといってもパソコンではなくて、トローチのような物です。

甘いものがお好きな方は、沖縄名産の黒糖はどうでしょうか。
こちらはミント黒糖です。
20170728mint.jpg(写真は加工しています)
小分けになって包装されているので、持ち歩くのも便利です。
(注:気温が高い場所に長時間放置すると、溶けることもあるのでご注意を)

カンカン照りでなくても、水分や塩分の補給が足りなければ熱中症になります。
塩分補給タブレットと黒糖は、私の夏の助っ人。
皆さんにも、こういったものを備えておくことをお勧めします。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:健康

限定に弱い人 [つぶやき]

当センター内の自動販売機について、以前にもご紹介した事がありました。
自販機は年中活躍していますが、私はたいてい、お茶やスポーツドリンクを購入します。

先日、「暑いなー、冷たいお茶を買おうかな」と
自販機を見ると、見慣れない商品が並んでいました。
真夏に向けて、夏らしい飲み物に更新されたようです。
20170721drink3.jpg(写真は加工しています)
これは…緑色のフXンタ…?
芳醇マスカット…?
しかも「自販機限定」…?
20170721drink2.jpg
思わず買っていました。
普段は、あまり炭酸飲料を買わないのですが。
タイトルの「限定に弱い人」とは私のことです。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理

暑さ対策スプレー [つぶやき]

どんどん暑さが増してくるこの時期。
扇風機にあたり続けると、乾燥してのどが痛くなるし…。
冷たい飲み物や食べ物ばかりでは体を壊しそうだし…。
手軽な「暑さ対策」のグッズが気になります。

最近、暑さ対策のスプレーがあると知りました。
20170713spray.jpg
左側は、服にスプレーすると、ひんやりした状態が続くというもの。
コンビニエンスストアやドラッグストアで買えます。
会社によって香りのバリエーションは色々あるようですが、
この製品は、メントールの香りが強いので、好き嫌いがあるかもしれません。

右側は、シューっとスプレーすると、氷のような、
シャーベットのような物質が出てくるもの。
なんと、マイナス15度だそうです。
ハンカチやティッシュに吹き付けて、首筋などに当ててリフレッシュします。
「フレグランス」と商品名についているだけあって、コロンのような香りです。

こういったもので、暑い時期を少しでも快適に過ごせると良いですね。
なお、どちらも、直接肌に吹き付けてはいけないので、使う時に注意が必要です。
また、これらを使ったからといって、「熱中症対策」にはなりません。
きちんと、水分補給などもしてくださいね。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ:熱中症

共通テーマ:日記・雑感

灯台下暗し!七夕そうめん [つぶやき]

先日、ブログで「七夕にそうめんを食べる地域もあるようですねー」と、
ひとごとのように書いたのですが、実は、このブログで、
何度も「七夕そうめん」を紹介していた事に気づきました。

昨日付けの記事もそうです。
何というタイミング。
昨日付の記事、今年(2017年)の七夕メニューについてはこちら

遡ってみると、こんなに見つかりました。
ごめんなさい。
2016年の七夕メニューの記事はこちら
2015年の七夕メニューの記事はこちら
2014年の七夕の行事食の記事はこちら

七夕も、節句(季節のふしめごとのお祭りのようなもの)の一つで、
願いをこめてそうめんを食べる風習は、平安時代にまでさかのぼるそうです。
新しく根付いた風習ではなかった。
むしろ、忘れかけていた古来の風習だったのかも。

20170707hiru4.jpg 20170707hiru3.gif
(七夕そうめん、左は本物、右はイメージ画像。
 イメージ画像には星とオクラをちりばめてみた!)

…というわけで、「七夕そうめん」は、函館以外のどこかの話ではなく、
まさしく「灯台下暗し(とうだい もと くらし)」だったというお話。
大変失礼しました。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

余所の七夕 [つぶやき]

函館の七夕といえば、7月7日の夕方に、
子供たちが家々を回るイベントが有名です。

たまたま、その日に「グーグル」を使おうとしたら、
ロゴが七夕風になっていたので、クリックしてみました。
すると、「七夕といえば?次から選んでください」という、
アンケートのようなページが表示されました。

笹飾りなど、見慣れたものの中に、
「折り鶴」
「そうめん」
という単語があって、ちょっとびっくり。
調べてみたら、そういう風習がある地域もあるのですね?
七夕に千羽鶴というのは、比較的新しい風習のようでした。

20170712turu.gif

考えてみれば、バレンタインデーのチョコレートとか、
節分の恵方巻きとか、
後から当たり前のように生活に溶け込んだ風習は、いくつもあります。

よく、所変われば…と言いますが、もしかしたら、
時代変われば…という事もあるのかもしれません。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ:函館 七夕

共通テーマ:地域
前の10件 | - つぶやき ブログトップ