So-net無料ブログ作成

塩分補給も大事 [つぶやき]

このところ、暑さ対策の記事を書くことが多いのですが、
今回もそのお話を。

水や麦茶は、水分の補給に有効ですが、
コーヒーやお茶はあまり良くない、ということを、皆さんご存知でしょう。
後者は、利尿作用があり、水分を体の外に出してしまう働きをもっているからです。
もちろんお酒もいけません。

ただ、熱中症の対策には、水分だけではダメだそうです。
スポーツドリンクのように、適度に塩分が入っているものや、
補給専用の「経口補水液」が良いんですよね。

でも、いつでもそのようなものが手に入るとは限りません。
「お水しかない」という状況もあると思います。

そんなときにはこれ!…なんてね。
20170727tablet.jpg(写真は加工しています)
宣伝ではないですが、私は、塩分補給のタブレットを持っています。
タブレットといってもパソコンではなくて、トローチのような物です。

甘いものがお好きな方は、沖縄名産の黒糖はどうでしょうか。
こちらはミント黒糖です。
20170728mint.jpg(写真は加工しています)
小分けになって包装されているので、持ち歩くのも便利です。
(注:気温が高い場所に長時間放置すると、溶けることもあるのでご注意を)

カンカン照りでなくても、水分や塩分の補給が足りなければ熱中症になります。
塩分補給タブレットと黒糖は、私の夏の助っ人。
皆さんにも、こういったものを備えておくことをお勧めします。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:健康

限定に弱い人 [つぶやき]

当センター内の自動販売機について、以前にもご紹介した事がありました。
自販機は年中活躍していますが、私はたいてい、お茶やスポーツドリンクを購入します。

先日、「暑いなー、冷たいお茶を買おうかな」と
自販機を見ると、見慣れない商品が並んでいました。
真夏に向けて、夏らしい飲み物に更新されたようです。
20170721drink3.jpg(写真は加工しています)
これは…緑色のフXンタ…?
芳醇マスカット…?
しかも「自販機限定」…?
20170721drink2.jpg
思わず買っていました。
普段は、あまり炭酸飲料を買わないのですが。
タイトルの「限定に弱い人」とは私のことです。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理

暑さ対策スプレー [つぶやき]

どんどん暑さが増してくるこの時期。
扇風機にあたり続けると、乾燥してのどが痛くなるし…。
冷たい飲み物や食べ物ばかりでは体を壊しそうだし…。
手軽な「暑さ対策」のグッズが気になります。

最近、暑さ対策のスプレーがあると知りました。
20170713spray.jpg
左側は、服にスプレーすると、ひんやりした状態が続くというもの。
コンビニエンスストアやドラッグストアで買えます。
会社によって香りのバリエーションは色々あるようですが、
この製品は、メントールの香りが強いので、好き嫌いがあるかもしれません。

右側は、シューっとスプレーすると、氷のような、
シャーベットのような物質が出てくるもの。
なんと、マイナス15度だそうです。
ハンカチやティッシュに吹き付けて、首筋などに当ててリフレッシュします。
「フレグランス」と商品名についているだけあって、コロンのような香りです。

こういったもので、暑い時期を少しでも快適に過ごせると良いですね。
なお、どちらも、直接肌に吹き付けてはいけないので、使う時に注意が必要です。
また、これらを使ったからといって、「熱中症対策」にはなりません。
きちんと、水分補給などもしてくださいね。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ:熱中症

共通テーマ:日記・雑感

灯台下暗し!七夕そうめん [つぶやき]

先日、ブログで「七夕にそうめんを食べる地域もあるようですねー」と、
ひとごとのように書いたのですが、実は、このブログで、
何度も「七夕そうめん」を紹介していた事に気づきました。

昨日付けの記事もそうです。
何というタイミング。
昨日付の記事、今年(2017年)の七夕メニューについてはこちら

遡ってみると、こんなに見つかりました。
ごめんなさい。
2016年の七夕メニューの記事はこちら
2015年の七夕メニューの記事はこちら
2014年の七夕の行事食の記事はこちら

七夕も、節句(季節のふしめごとのお祭りのようなもの)の一つで、
願いをこめてそうめんを食べる風習は、平安時代にまでさかのぼるそうです。
新しく根付いた風習ではなかった。
むしろ、忘れかけていた古来の風習だったのかも。

20170707hiru4.jpg 20170707hiru3.gif
(七夕そうめん、左は本物、右はイメージ画像。
 イメージ画像には星とオクラをちりばめてみた!)

…というわけで、「七夕そうめん」は、函館以外のどこかの話ではなく、
まさしく「灯台下暗し(とうだい もと くらし)」だったというお話。
大変失礼しました。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

余所の七夕 [つぶやき]

函館の七夕といえば、7月7日の夕方に、
子供たちが家々を回るイベントが有名です。

たまたま、その日に「グーグル」を使おうとしたら、
ロゴが七夕風になっていたので、クリックしてみました。
すると、「七夕といえば?次から選んでください」という、
アンケートのようなページが表示されました。

笹飾りなど、見慣れたものの中に、
「折り鶴」
「そうめん」
という単語があって、ちょっとびっくり。
調べてみたら、そういう風習がある地域もあるのですね?
七夕に千羽鶴というのは、比較的新しい風習のようでした。

20170712turu.gif

考えてみれば、バレンタインデーのチョコレートとか、
節分の恵方巻きとか、
後から当たり前のように生活に溶け込んだ風習は、いくつもあります。

よく、所変われば…と言いますが、もしかしたら、
時代変われば…という事もあるのかもしれません。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ:函館 七夕

共通テーマ:地域

初夏にも桜が [つぶやき]

先日、センターからの帰り道で、
ん?これはもしや?
とシャッターを切りました。
20170704sakura1.jpg
センターの桜が、まだ花をつけていたのです。
20170704sakura2.jpg
そろそろ初夏だというのに…
20170704sakura3.jpg
以前にも、このブログで紹介したことがある古木です。
桜の治療中の記事はこちら

ついつい、長く咲いてしまうんですね。
頑張って花を落として、また来年に向けて力を蓄えてね。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

ベニサラサドウダン? [つぶやき]

以前、センターのドウダンツツジのことを書いた時、
センターの敷地には赤いものもあるが、それが同じドウダンツツジの色違いなのか、違う物なのかわからない、と書きました。
記事はこちら
20170626hana1.jpg

もちろん、センターの係に聞けばすぐわかるのでしょうが、それでは面白くない!
という事で、独自に調べました。

結論は、「ドウダンツツジではない」。
ドウダンツツジの仲間ではありますが、ただの色違いではありませんでした。

では何なのか?
…というと、恐らく「ベニサラサドウダン」です。
別名は「フウリンツツジ」と言うそうです。

良く見ると、色だけではなく、花の形そのものが違います。
20170626hana2.jpg
ベニサラサドウダンは、花の先が少し広がって、割れているのがわかります。
また、花全体に筋のような模様が入っていますね。
これがまるで布地の「更紗」のようなので、この名が付いたようです。

一方、ドウダンツツジは白一色で、
まるで壺のように、花の先端がすぼまっています。
20170626hana3.jpg
ベニサラサと比べると、花の茎(というの?)は短いので、
風鈴ではなく釣り鐘に例えられる、という違いもあるようです。

植物の育て方について書いているサイトには、
『ドウダンツツジは暑さに強く育てやすいが、
 ベニサラサドウダンは暑さに弱いので難しい』
といった事が書いてありました。
見た目だけではなく、樹木としての違いもあるようです。

ちなみに…、
ドウダンツツジの仲間に、花の色が赤い「ベニドウダン」があり、
ベニサラサドウダンの仲間に、花の色がもう少し白い「サラサドウダン」がある、
という事もわかりました。
更に更に、白い花がまるでブドウの房のようになって咲く、「シロドウダン」という物も存在するらしい。

うう混乱するー。
このへんでやめておきます。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:趣味・カルチャー

正解発表!! [つぶやき]

最近運動に興味をもちはじめ、運動したはいいのですが、初日から張り切りすぎて
ひどい筋肉痛で動けなくなっているいちよしです!!

さてさて、この前ブログで皆さんに、「当センターに勉強にきている学生さんが最近体験で使用しているものは何でしょうか?」と写真付きでクイズを出しましたが、正解を発表します!!

質問編はこちら

正解は「シミュレーションゴーグル」でした!!
このシミュレーションゴーグルは、かけることによって、視覚障害のある方のさまざ
まな見え方を疑似体験できます。
職員や勉強にきている学生さんの障害の理解や、支援への活用、啓発につなげること
がこのゴーグルの目的です。
しかし見え方の程度は人それぞれ違いますので、100%の理解はできません。
あくまでも症状の特徴を疑似体験できるようにしたものです。

かけるとこんな感じ。
2017-06-22T15:45:37.jpg

なぜレンズ部分が三角に出っ張っているのかといいますと、
これは求心性視野狭窄を体験できる部品を取り付けているからです。
部品やレンズを付け替えることで、様々な見え方を体験できます。

求心性視野狭窄は網膜色素変性症によくみられる症状で、
視野が中心に向かってどんどん狭まっていくものです。
狭まっていく範囲や形、進行度合いは人それぞれ違います。
シミュレーションは以下の写真の通りです。

2017-06-22T15:45:37.jpg2017-06-22T15:45:37.jpg
通常視野                求心性視野狭窄


他にもレンズのみ変えることで、飛蚊症や白内障などの症状に特徴される見え方も体
験することができます。

2017-06-22T15:45:37.jpg2017-06-22T15:45:37.jpg
飛蚊症体験レンズ            飛蚊症

2017-06-22T15:45:37.jpg2017-06-22T15:45:37.jpg
白内障体験レンズ            白内障


様々なシチュエーション(日中・夜間、屋内・屋外とか)で色々なレンズや部品を試
してみると、それぞれ見え方が違って、その分移動方法も変わってくるので、とても
勉強になります。

百聞は一見にしかず!

今回のシミュレーションゴーグルもそうですが、まずは様々な体験を通して学んで、
学んだことを支援につなげていきたいと思います!!
学生さんも実習期間あと少し!ラストスパート!!がんばれ!


by いちよし
函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

クイズです!! [つぶやき]

5月の下旬から、福祉系の専門学校の学生さんたちが、当センターに勉強にきております。

日々悪戦苦闘しながらも様々なことに真剣に取り組み、まっすぐな姿勢はとても誇らしいです。

当センターで様々なことを吸収してもらいたいです。

頑張れ!!

さて、早速ですが、最近学生さんが体験で使用しているものを以下に掲載します。・・・

2017-06-16T09:22:01.jpg2017-06-16T09:43:38.jpg
※右の写真のヘルメットは無関係です。

ここで皆さんにクイズです。掲載した写真のものは一体何の体験に用いるものでしょうか?

答えは今後アップします!乞うご期待!!



by いちよし
函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

小さなライラック [つぶやき]

これまでブログでご紹介してきたライラックの写真は、
どれも、下から撮ったものでした。
先日の記事もそうです。(記事へのリンク
20170605Lilac4.jpg
ライラックの木は、高く成長します。
センターにあるものも、2メートル以上の高さがありますから、
当然、花を見上げることになるわけです。

一方、こちらは中庭のライラックです。
20170605Lilac3.jpg
(芝生が写りこんでいるのがわかるでしょうか?)
こちらは、1メートルもない高さですので、
花を上から撮影することができました。

中庭のライラックは、今から3年前、平成26年のセンターの
創立五十周年に合わせて、中庭を整備した時に植えられたもので、
まだ若木なのです。
上の写真と比べると、花の色が濃いのも、若いせいなのかもしれません。

これから成長していけば、花の色が変わるかもしれませんし、
上から撮る事はできなくなるのでしょうね。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:地域