So-net無料ブログ作成

調理訓練、何作ろう? [訓練]

センターでは栄養士がバランスの取れたメニューを
考えています。
毎年、利用者さんの年齢・性別・活動量などを鑑みて、
カロリーなども細かく設定しています。

さて、自立訓練でも調理訓練を行うとき、
利用者さんの希望によっては、
バランスの良い食事メニューを一緒に考えたり、
ダイエットメニューを検討することもあります。

これが結構悩むんですよねー。

例えば、焼き物で「ひっくり返す」という課題がある時、
ハンバーグやお好み焼き、ホットケーキ、ムニエルとか
ひっくり返して焼く必要がある料理も様々。
大きさや具材、レトルトを使うかなどでも違ってきます。

たいてい利用者さんと相談して決めるのですが、
調理難易度や好みなどで悩むこともあります。

今回は、食材サンプル(?)で全体のバランスを考え、
そこからメニューを決めることにしました。

食材のサンプル1.jpg
(サンプルが並んだ写真:食パン・バター・卵・ハム・野菜等・バナナ)

さて、これで何を作ろう?


by ナミナミ

函館視力障害 センターホームページへ

共通テーマ:moblog

雪道の白杖歩行(石突・チップ編) [訓練]

いやぁ、毎日毎日 寒い日が続いて、
函館も例年より多めの雪が降っている気がします。
雪が大好きな私も、春が恋しくなってきました。

さて、函館センターでは雪でも歩行訓練を行っています。

マイナス気温の中の歩行訓練は過酷ですが、
雪国の人は「雪だから外に出ない」とはいきません。
視覚障害者も然りです。

なので、よっぽど吹雪でない限りは、雪上歩行訓練を行います。

今日は少し雪道で確認をするための白杖のチップ(石突)の話をします。

1.ノーマルチップ
ノーマルチップ.jpg
ノーマルチップでは結構歩きにくいです。
それは雪の中に白杖の先端であるチップが刺さってしまうからです。
砂の上とか膝丈ぐらいの水の中とか
歩きにくいのと よく似ています。

これが、結構ストレスなんですよね。

2.スノーチップ
スノーチップ.jpg
ゴム製の風船のようなチップです。

ノーマルチップの歩きづらさを解消するために、
ノーマルチップにかぶせて使用します。
スノーチップはめる.jpg

これで、先端が雪に刺さりにくくなります。
イメージはあの靴につける「かんじき」のような感じでしょうか。
雪の上を軽く動かして、確認することが可能です。

300円ぐらいなので値段的にもお手軽ですね。

ただ、ちょっとアドバンテージのような太めの
ノーマルチップには入らないので、気を付けてくださいね。

3.パームチップ
パームチップ旧型.jpg
(写真は旧型です。)
キノコのかさのような形をしているチップです。

かさの裏側部分が
(シイタケとかでいえば、裏の白くザラザラして胞子があるところ)
ゴムになっていて、衝撃を吸収して優しく情報を伝えます。

スノーチップは雪のない場所では取り外さないと使いにくいですが、
パームチップは、夏でも雪でも変わらない感じで情報を伝えてくれますね。
値段もそうですが、
やっぱりチップの王様と呼ばれるだけあります。


以上、3点だけ紹介しましたが、
チップはたくさんの種類があります。
地面を触る力を、優しくしてあげるだけでも違いますよ。


白杖の豆知識はこちら

by ナミナミ

函館視力障害 センターホームページへ
タグ: 視覚障害

共通テーマ:moblog

雪道の白杖歩行(プロローグ) [訓練]

雪道の白杖歩行についての基礎知識。
プロローグ編です。

雪国においては、冬は確実に雪が積もりますので、
雪道での白杖歩行訓練も実施していますが、
まずはプロローグとして、
前提を確認しておきます。

雪が降ると点字ブロックなどの手掛かりが消えます
路地の縁石や草などの路面の状況が、真っ白に消され、
刻一刻と環境が変化します。

雪がどれだけ降るかとか、除雪の状況で
道路の様子がガラッと変わってしまいますね。

また、「冬は空気が澄んでいる」ため、
夜景やイルミネーションもキレイに見えます。
だけど、視覚障害者にとっては、
音の聞こえ方に変化をもたらします。

手掛かりにしている車の音が、いつもより近く(遠く)に聞こえたり、
方向が上手く取れなくなったりします。
さらに雪は、音を吸収するので、
細かい音が聞こえなくなったり…。

さらに、足元の悪環境
雪や氷で滑るのは当たり前、でこぼこしてたり、
ぐしゃぐしゃしてたり…。
ただでさえ、いつもコケそうになりながら、
必死に歩いているのに、
見えない状況でバランスをとるのは、私には結構難しいです。
(毎年、3回はコケている私。)


さて白杖の歩行訓練は、ほとんどが雪がない状況で訓練します。

基本的な白杖での歩行技術は雪があってもなくても同じですが、

雪道での歩行は、いつもと違う環境や状況を判断して歩く、
鋭い判断力と高度な技術が要求されます。

なので、雪道歩行は応用編と言ったところでしょう。

この「難しいものだ」という前提のうえ話を進めます。


by ナミナミ

函館視力障害 センターホームページへ

共通テーマ:moblog

札幌で実習(3) [訓練]

札幌の実習、二日目の記事の続きです。
一日目はこちら 二日目の前半はこちら

復路の昼食は、きのこ王国にて。
こちらは、皆の中で最も大量に注文した方のテーブルです。
20170613kaeri1.jpg
おおーーーおいしそうです!!
でもなぜか、きのこ汁が2杯?!
(よく見るとバージョンが違うみたいですよ?)

食事を早く済ませて、キノコを使ったお土産品を見に行ったグループもいます。
「なめたけって、こんなにたくさん種類があるんだ」
「瓶詰のサイズも色々、どれにしよう、困った」
と嬉しい悲鳴があがっていました。

ルスツでは、指圧の『浪越徳治郎』氏の銅像とご対面。
20170613kaeri2.jpg
銅像の親指を触って、
「うわァーすごい親指!」
「指圧が上手になりますように…」
20170613kaeri3.jpg
皆で一緒に記念写真も撮りました。

これは駒ヶ岳(こまがたけ)でしょうか。
20170613kaeri4.jpg
正式には「北海道駒ヶ岳」といいます。
山頂の山肌がむき出しになっているのがわかりますか?
活火山なので、登山は禁止されています。
が、馬のような独特の形状と、ふもとの大沼公園の大沼・小沼との
コントラストが人気で、「新日本三景」の一つなのだそうです。

・・・・・

お天気にも恵まれて、何事もなく往復できました。
実習にご協力くださった全ての方々に、心から感謝いたします。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:地域

札幌で実習(2) [訓練]

札幌の実習の記事の続きです。
一日目の記事はこちら

ホテルでゆっくり休んで一日目の疲れをいやし、
いざ、二日目は朝から施術所の見学です。
20170613kengaku1.jpg
札幌駅近くの『朝倉治療院』の院長は、当センターの卒業生です。

「学生のうちに勉強するのはとても大事だよ」
「センターで基本を学んで、あとは自分の工夫です」
20170613kengaku2.jpg
開院した昭和48年から激戦区を生き残ってきた朝倉院長のお話は、
皆の心にとても響いたようです。

続いて、実際に治療の様子を見せていただきました。
20170613kengaku3.jpg
「これは僕が自分で編み出したやり方。こうするんだよ、やってごらん」
「視力がない人は、僕の体を触って動きを感じ取って」
と、惜しげもなく技術を皆に披露してくださいます。

副院長による美顔鍼の体験もありました。(顔写真は載せられないのでご容赦…。)
こちらも、実際に施術しながら技術を披露していただきました。
顔にたくさん鍼を刺しますが、
「ちょっとだけチクッとするけど、あとは全然痛くない」
とは、体験者の声。
でも、これは深い技術に裏打ちされたもの。簡単には真似できませんよね。

「ああ時間が足りない」
「もっと教わりたい」
と言いながら、朝倉治療院を後にして、一路、函館へ。

二日目の後半に続きます。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:学問

札幌で実習(1) [訓練]

先日、『解剖見学実習』が札幌で行われました。
普段は、模型を見たり触ったりしながら勉強していますが、
より知識を深めるために、札幌の医科系大学の解剖実習を、見学させてもらうのです。

函館・札幌間は、バスで移動します。
20170612jissyu1.jpg
車窓から、のどかな景色。
遠くに見える羊蹄山の様子は?
20170612jissyu2.jpg
この日は雲がかかっていて、富士山に似ている山頂は見えず。
ちょっと残念。

途中の中山峠で、おなじみ「豚丼」!
20170612jissyu3.jpg
ここの豚丼の特徴は、たっぷりネギが乗っている点です。
エネルギー補給して、実習に臨まなければ!とばかり、皆さん食欲旺盛でした。

札幌の大学に到着すると、あわただしく白衣に着替え、実習をおこなう部屋に移動しました。
挨拶もそこそこに、学生さんたちに手をとってもらいながら、
ご献体された故人に感謝しつつ、実習に参加させていただきました。

そして、あっという間に時間が過ぎ…、

下の写真は、終了後に撮影した、大学のロビーです。
(開始前は写真を撮る余裕がありませんでした。)
20170612jissyu4.jpg
背後には、言葉も無くクタクタに疲れ切った皆がいました。
一日、頑張ったね。
明日も施術所見学があるよ、頑張ろうね。

二日目に続きます。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ:札幌 見学 実習

共通テーマ:学問

今年の春季実力養成講座 [訓練]

今年もやってまいりました春季実力養成講座!

例年春休みの期間を利用して2年生に対して行っている
講座ですが、今年は昨年好評だった「肩こり・腰痛に対
する手技療法」について昨年に引き続き札幌市内で
活躍されている卒業生を講師にお迎えして実施しました。

IMG_0767.jpg

長年開業されているベテランの先輩に手技だけでなく
患者さんとのコミュニケーションの取り方などもレクチャー
していただきました。

この講座で学んだことを来年度の臨床実習に生かして
頑張って下さいね。

by おとぞう

函館視力障害センターホームページへ






共通テーマ:資格・学び

3年生授業終了 [訓練]

omamori_goukaku.png

本日をもって、専門3年生の授業が終了します。

今後、受験に向けての直前補習等もありますが、

正式な授業カリュキュラムは本日をもって、終了となります。

3年間は、とてつもなく長い期間です。

3年前、不安な思いを抱えて入所されてから

今日まで地道に勉学に励まれました。


国家試験は2月25日、26日!!


卒業生の皆さん、

悔いの無いように

合格を目指して、頑張ってくださいね!

by スーパーボーイ

函館視力障害センターホームページへ


共通テーマ:日記・雑感

最近、電子レンジ調理にハマってます。 [訓練]

最近の調理訓練、電子レンジ調理にハマっています。

スチーム料理の王道、○クエ。

これを手に入れた利用者さん。

今までは、家族のために何品も作るのに
アレして…、コレして…。
視野が狭いので、
やっとできたお味噌汁に手を当ててしまい、
ひっくり返したりして…
疲れ果てていたようです。

電子レンジを使うと簡単にできるメニューもあります。
メイン料理を作りながら「電子レンジでプラス1品」
普段の調理に少し取り入れると、時短で楽になるかもしれません。
野菜を切っている様子.JPG

100円ショップなどでも、電子レンジ用の容器がたくさん売っていて、
面白いですよ。

ほら、電子レンジでチン。
出来上がり!.JPG

おススメです~。

by ナミナミ

函館視力障害 センターホームページへ

共通テーマ:moblog

正解は・・・ [訓練]

前回のブログの続きです。

さてさて、錦糸卵ができた後は・・・

干し椎茸を取りだしみじん切りに
IMG_6289.JPG
IMG_6294.JPG

次に茹で上がった鶏肉を取りだし、手で細かく裂きます。
IMG_6300.JPG


まるで、さきいかの如く、細かく細かく裂いていきます。
IMG_6305.JPG

棒々鶏で使う鶏肉の要領ですね。

もう、おわかりの方もいらっしゃいますでしょうか?
IMG_6308.JPG

あつあつのご飯の上に、
錦糸卵、干し椎茸、裂いた鶏肉を乗せ
干し椎茸と鶏肉の旨味が詰まった出汁をかけていただく
鶏飯(けいはん)の完成です。
IMG_6309.JPG

鶏飯とは鹿児島県の奄美地区で作られている郷土料理です。
実はスーパーボーイ、鹿児島県の出身。
Aさんから普段食べられない物をご家族に食べさせたいという相談を受け、
幼い頃、父母が作ってくれた私の郷土料理のレシピを伝授したのでした。

口頭で手順を説明しただけで実践できたAさん。
鶏飯の料理では包丁動作、焼く、煮る等の作業が全て入っており、
難しい工程ですが、難なく完成いたしました。


「だし茶漬け風でとっても美味しい。家に帰ったら、絶対作って家族に食べさせるわ♪」
と満足げなAさん。
IMG_6315.JPG



絶対に自宅に戻ったら作ってあげて下さいね~

by スーパーボーイ

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感