So-net無料ブログ作成

色彩についての特別授業を実施しました。 [訓練]

先日、専門2年生に対して特別な授業を実施しました。

講師として、以前に自立訓練のレクレーションでお世話になった
「色彩コーディネーター」の先生をお招きし、(以前の記事はこちら
2回に分けて色と接遇(接客)などとの関係について理解を深めました。

まず1回目は「理論編」です。
一般的な色のイメージのお話から始まり、
施術所や病院における「色」について、
とてもわかりやすく説明していただきました。
IMG_0643.JPG

2回目は「実践編」です。
1回目の講座を踏まえて、施術所の接遇コンセプトと
「色」との関係について話合いました。
IMG_0655.JPG
この日は1回目と打って変わって「茶の間」でお茶を
飲みながらリラックスしたムード。

「優しい雰囲気にしたいから、白衣は薄いピンクで…」
「看板は木目調で、全体に和風の感じにして…」
「若い人にも来て欲しいので、白と黒を基本に…」
それぞれが施術所を開業したときに使用したい色を発表しあいましたが、
みんなバラバラでそれぞれ個性的でした。

by おとぞう & くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ



タグ:色彩 授業

共通テーマ:資格・学び

手を洗いましょう、その後。 [訓練]

以前、「寒天培地」による「手洗い」チェックの記事を書きました。(記事はこちら
あれから約二週間。
ついに結果が出ました!!

想像通り、手を洗う前に押し付けた手形は、盛大に菌が繁殖していました。
もう、もう、悪い意味でカラフル。
そして、手洗いをした後の手形は、ポツンポツンと少しずつの繁殖でした。

写真撮影をしたのですが、ここに載せるのはやめておきます。
すごすぎるので…。

そのかわり、職員が作成してくれた「模型」をご紹介します。
それぞれの手形と菌を、毛糸やスポンジで再現してあるものです。
これを使えば、視力が無い人にも、自分の状態がはっきりわかります。

(それでも気持ち悪いと思う方がいらっしゃるかもしれませんので、
 ちょっと小さくして載せます。見たい方は画像をクリックしてください。)

はい、これです。
20160711tearai.jpg
左が手洗い前、右が手洗い後の手形です。
明らかに、右側の模様(?)が少ない事がわかります。

これを見たり触ったりして、
「私、小指のあたり、きちんと洗えてなかったのかも。」とか、
「手のひらのあたりに結構残っているから、気をつけよう。」とか、
手洗いの反省点が見つかりました。
自分を、そして患者さんを守るために、正しい手洗いの仕方が身についたことと思います。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ:手洗い

共通テーマ:健康

総合避難訓練! [訓練]

先日、総合避難訓練が行われました。

今回は、訓練時間帯に厨房から火災が起きた想定で訓練が実施されました。
普段の訓練成果を生かし、利用者・職員ともスムーズに避難できていました。

当日お越し頂いた消防署の職員からも「避難する方々が協力し合って、上手く
避難できていました。」とのご講評もいただきました。

IMG_4879.JPG

また、消火器操作の指導もあり、利用者・職員とも、災害時の行動を振り返る
機会になりました。

IMG_4878.JPG

IMG_4874.JPG

緊急時や突発的にベストな行動を取ることは本当に難しいもの。

何か起きたときではなく、日頃から緊急時の対応を確認しておくことの
大切さを感じました。

by スーパーボーイ

函館視力障害センターホームページへ


共通テーマ:日記・雑感

第1回模擬試験! [訓練]

無題.png


7月1日、就労移行支援の3年生が、
あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の模擬試験に挑みました。
今年度末、受験に挑む3年生にとって、現時点での学力を試す、
非常に大事な機会となったと思います。

「夏を制するものは受験を制す」と言う言葉をよく聞きますが、
今年の夏は猛暑になるとのこと。

体調管理を意識しつつ、学習に取り組み、
来春、最高の結果を手にして頂きたいと思います。

by スーパーボーイ

函館視力障害センターホームページへ 

共通テーマ:資格・学び

手を洗いましょう [訓練]

センターでは授業の中で「手の洗い方」を学びます。
手には「しわ」や「くぼみ」がたくさんあります。
指と指の間も、爪のきわも、手首までも、丁寧に洗わなければなりません。

医療従事者として、普段から清潔を保つのはもちろんです。
それに加えて、「正しい手洗い」は患者さんを守ることにもなります。

もし、前の患者さんが、何か感染性の病気にかかっていて、
ご本人も気づいていなかったとしたら…?
手洗いが甘いと、次の患者さんにうつしてしまうかもしれません。

自分の手の洗い方が有効か確認するために、「寒天培地」という物があります。
寒天が、薄い板の上で、手の形になっているのが「寒天培地」です。
そこにてのひらを押し付けて、菌の繁殖具合をみるのです。
(お菓子の寒天とは違って、全くおいしそうではありません。)
20160624kanten1.jpg
手を洗う前と、洗ってからと、
別々の寒天培地に合計2回、押し付けます。
20160624kanten2.jpg
手を押し付けたら、すぐに蓋がしめられます。
そして、このまま何日か放置すると、菌が繁殖し始める、というわけです。

もちろん「洗ってから押し付けた方が、菌が少ない」という結果が理想です。
でも、もし洗う前も洗った後も同じだとしたら、手の洗い方、手を洗った後の拭き方、
もしくは手洗いの機材(仕組み)などを、見直さなければなりません。

さて。
実は私も、この実験に参加しました。
利用者さんとの比較のために、「きちんと洗わなかった手で」という事でしたので、
水でジャーっと流して、チョンチョンと紙タオルで拭いただけの手を押し付けました。
恐らく、毒々しい手形が完成することでしょう!
楽しみのような、怖いような…。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:健康

実習と見学で札幌へ(2) [訓練]

札幌行きの記事の続きです。
前の記事はこちら

解剖見学実習の翌日は、札幌にある卒業生の施術所を見学しました。
札幌駅にほど近い、「朝倉治療院」です。

0606kengaku3.jpg
朝倉治療院の開院は、昭和48年。
朝倉院長は、競争の厳しい札幌でいかにして生き残ってきたか、
その為に、学生である皆に今何が必要なのかなど、
とてもためになるお話をして下さいました。
「センターで基本を学んだら、次は、自分の工夫だよ」

患者さんをもむ手つき、手の置き方、足の位置など、
先生独自の工夫が随所にみられます。
0606kengaku4.jpg
気さくに
「僕の体を触っていいよ」
と言ってくださったので、皆次々と先生の体に触れて、
「体重のかけ方が何となくわかった!」
「腕の角度で力加減がこんなに変わる!」
と興奮のていでした。

朝倉治療院ではもちろん肩こりや腰痛などの施術を受けられますが、
最近は、美顔鍼も人気なのだそうです。
こちらも、様々な工夫を惜しみなく紹介していただいたのですが、ブログでは企業秘密という事で…。
劇的な引き締まり効果を目の当たりにして、
「今度、患者として受けに来たい!」
と言っている人もいました。
筆者も同感です!

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:健康

あん摩合同補習授業(あん摩クラブ) [訓練]

以前に毎週金曜日に実施している「自学自習サポート教室」について
紹介しましたが(元記事はこちら)、今回は毎週木曜日に実施している
「あん摩合同補習授業」についてご紹介します。
補習授業ですが、通称「あん摩クラブ」とも言っています。

IMG_0632 (3).JPG

函館市内で活躍されている卒業生を講師にお招きして、
さまざまな技術を学ぶことで施術技能の向上を目指しています。

また3学年合同で行っていますので、おのずと3年生が
1年生や2年生に助言をしたり、場合によっては1年生が
2・3年生に勉強方法を相談したりというコミュニケーション
の場にもなっているようです。

IMG_0627(1).jpg

この日は各学年ほとんどの利用者が参加したため、実技室は
熱気ムンムン!
みんな真剣に取り組んでいました。

by おとぞう

函館視力障害センターホームページへ


共通テーマ:資格・学び

実習と見学で札幌へ(1) [訓練]

6月上旬、札幌へ「解剖見学実習」と「施術所見学」に行ってきました。

0606kengaku1.jpg
以前書いた記事には「曇りの日の羊蹄山」の写真を載せましたが、
この日は良い天気で、センターのバスの車窓から羊蹄山がよく見えました。
2014年の記事はこちら

途中、中山峠で腹ごしらえ。
カレー、ラーメン、丼物など、メニューが豊富で迷います。
0606kengaku2.jpg
こちらの写真は北海道名物、豚丼です。
「もちろん、あげイモ!」
「あげイモも食べたいけど、3つだと多いし…」
皆さんニコニコして、とても楽しそうでした。

しかし、札幌の医科系大学に到着すると、ウキウキ気分は一変、
皆、キリッと引き締まった面持ちで、白衣に着替えます。

当センターにも、通称「解剖室」という部屋がありますが、
そこで実際に解剖をするわけではありません。
普段は、模型を使って勉強しています。
より知識を深めるために、医学部の『解剖実習』を見学する実習をさせてもらうのです。
正確に言えば、「解剖実習を見学する実習」という事ですね。

学生さんや教授に手をとってもらって、
ご献体に感謝しながら、確認させていただきました。
「実際に触らせていただいて、本当に良かった」
一様に、感謝の気持ちと畏敬の念をもって、一日目の実習を終えたのでした。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ:札幌 見学 実習

共通テーマ:学問

調理の道具紹介(油編) [訓練]

皆さん、こんにちは。

調理訓練での便利な道具や商品紹介を行っていきたいと思います。


まずは、
「フライパンに油をひく」道具です。

油をそのままペットボトルなどから、
フライパンに入れている方も多くいるかもしれません。

しかし、視覚障害の方だとどれぐらい油が入るか見えないので大変ですね。

そこで…
油をひく道具
写真の左側から
スプレータイプの容器です。
上から何度かプッシュして中の圧力を上げ、
シュッとスプレーする容器です。
フライパンの中にシュッとすれば、薄く広がるのでヘルシーです。
具の入ったものは難しいですが、ドレッシングなどにも使えるそうです。
醤油スプレーの容器も100円ショップなどで売っています。
まんべんなく味が付きますので、いいですね。

次は(真ん中)
お好み焼き屋などでよく見かける油ひきです。
これはもう刷毛を取り出して、塗るだけですので簡単です。

写真の右側は、
実は醤油差しとして売っている物です。
上の部分を押すと一定量が出ます。
それで、出し過ぎを防ぎます。
ただ、容器の材質によっては変色・変形する場合もありますので、
ご注意くださいね。


by ナミナミ

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:moblog

自学自習サポート教室 [訓練]

センターでは毎週金曜日の放課後に「自学自習サポート教室」を
実施しています。

この教室は教務課の教官が1~3名ほど常駐しており、
利用者が学習相談をしたり、通常の授業では聞きそびれたことや
確認したいことなどを気軽に聞くことができます。
もちろんどの学年でも自由に参加することができます。

IMG_1629 (2).JPG
この日は1年生を中心に人体模型を触ったりしながら解剖学の知識を
深めました。
1年生は先月から授業がスタートしたばかりで、まだまだ戸惑うことも
多いかもしれません。
このような教室を活用して効率よく学習に取り組めるといいですね。

by おとぞう

函館視力障害センターホームページへ







共通テーマ:日記・雑感