So-net無料ブログ作成

中庭の緑 [環境、設備]

今年は雨が多いせいか、中庭の緑が濃いです。
中庭の緑.JPG

5月から6月にかけての時期は、あまり雨が降らない年が多いです。
芝生が茶色っぽくなってきたりするので水を撒いたりしていましたが、今年はそういう心配もありません。
中庭の園路.jpg

何回か芝刈りをしてもらいましたが、すぐまたふわふわに伸びてきます。

ちなみに4年前はこんな風景でした。
4年前1.JPG
4年前2.JPG

今年は4月からはじめた花壇作業も順調です。
お花に中庭の緑がよく映えてさわやかです。
中庭の花壇.JPG

50周年記念樹などの樹木がもう少し育つと、また中庭の雰囲気はさらに変わってくるでしょう。
中庭正面.JPG

by MI

函館視力障害センターホームページへ
タグ:

共通テーマ:日記・雑感

雨漏りの修理 [環境、設備]

なんだか今年は雨が多いです。
函館のこの季節にしては、ちょっと多いなという印象です。
連日雨が続くと、まるで梅雨のようだと思ってしまいます。

なんだかいやな予感がするなあと思っていたら、案の定、かなり激しい雨が降ったときに廊下の天井から雨漏りが。

翌日、ちょっと小止みになったので屋上に行って調査です。
よく見渡すと、怪しいところを発見!
屋上 雨漏りはここから?.JPG

近くに寄ってみると、シーリングが痛んでいます。
ますます怪しい。
屋上 シーリング劣化.JPG

業者さんに写真を送ってみたら
「ここは怪しいですね。天候が回復したらすぐ行きます。」
とのことで、後日修理してもらいました。

表面を少し削ってみると、やっぱり大きな穴があって、大雨のときにそこから雨水が流れ込んだようです。
表面を削ってみると穴が.jpg

さっそく修理してくれました。
さっそく修理.jpg

その翌日、またかなりの雨が降りましたが、こんどは大丈夫でした。
とりあえず、雨漏りが収まってほっとしました。

by MI

函館視力障害センターホームページへ


共通テーマ:日記・雑感

体育館の照明器具修理 [環境、設備]

体育館の照明器具を修理しました。

体育館の天井はとても高いので、脚立も届きません。
体育館照明01.jpg

そこで、こんなふうに器具の方がじわじわ降りてくる仕掛けになっています。
体育館照明02.jpg
明かりがついてる照明器具のひとつ奥の照明が少しずつ降りてきています。
わかりますか?
体育館照明03.jpg

こうして床近くまで降りてきて修理ができます。
体育館照明04.jpg

今回は安定器を交換しました。
体育館照明05 安定器.jpg

安定器の製造年月日を見たら20年以上経ってます。

とりあえず去年、別の場所で照明器具をLEDに変えたときに余った安定器を取ってあったので、それを再利用しました。
古い物の再利用なので、そんなに長くは持たないと思われます。
できれば新しいLED器具に更新していきたいと考えているところです。

いちおう国の施設・機関については、環境省などが平成32年(2020年)度を目標に50%以上の照明設備をLED化することを推進しています。
関連記事はこちら。ご参照ください。
当センターのこの体育館だけでも、照明設備をすべてLEDに変更すると省エネ効果は非常に大きくて、長い目で見ると電気代もかなりの節約になりそうです。

ただ、とりあえず先立つもの(予算)がつくかどうかが問題。
やっぱり悩ましいのはそこですね。

by MI

函館視力障害センターホームページへ
タグ:修理

共通テーマ:日記・雑感

ボタンザクラが満開です [環境、設備]

ソメイヨシノやエゾヤマザクラの花もすっかり散ってしまいました。
でも、函館ではまだボタンザクラの花が楽しめます。
いまがちょうど見頃です。
満開のボタンザクラ.JPG

ほんとに一輪一輪きれいに咲いて心いやされます。
このボタンザクラは5年前にはかなり痛んだ状態だったので、樹木医に診断・治療をしてもらった樹木です。
ようやくここまで元気に樹勢が回復して、花をいっぱい咲かせて道行く人の目を楽しませてくれるようになりました。
元気なボタンザクラです.JPG

まだ、内側の日当たりの悪い方はどうしても枯れ枝が出てきます。
おそらく、内側の大きい株も痛んでしまっているようです。
古い幹や枝をだんだん取り除き、新しく芽を出してくる若い枝へ更新していく、
といった対策を、時間をかけて地道に続けていく必要がありそうです。

それに、日当たりの良い歩道側に、枝が盛大にはみ出してしまっています。
元気に伸びるボタンザクラの枝.jpg
そろそろ、切り戻し剪定による大きさのコントロールも必要になってきます。
ここで間違った剪定(ぶつ切り剪定とか、樹勢を無視した強剪定など)をしてしまうと、せっかく回復した樹勢がまた衰えてしまいかねません。
これからが慎重さが必要な、管理が難しい時期になってくるんですね。

by MI

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

花壇の害虫駆除 [環境、設備]

いよいよ新緑の季節になり、花壇の作業も順調です。
花壇のお花.JPG

でも暖かくなると、おいしい花を食べにくる害虫、ナメクジさんたちも活発に動き始めるようです。
放置しているとせっかくのお花をみんな食べられてしまいます。

でも、あまり強い殺虫剤なども使いたくはないですよね。

作業を委託している法人の方が調べてくれたところ、コーヒー豆の出がらしが効くという情報があり、さっそく試してみることになりました。

そこで、センターの職員に呼びかけてコーヒー豆の出がらしを集めたところ、みんな快く協力してくれたので、たくさんの出がらしが集まりました。
わざわざ家から持ってきてくれる人も多くて、うれしい限りです。
これは3回目の収集分です。
コーヒー豆出がらし回収.JPG

さっそくコーヒー豆の出がらしをプランターの表面にまいてくれました。
プランターに出がらしを.JPG

コーヒー豆の出がらしを回収するときに手に付いた臭いはかなり強烈でした。
石けんでごしごし洗わないとなかなか落ちないくらい。
タバコの吸い殻にちょっと似ている、いがらっぽい感じのする強い臭いです。
いかにも、防虫効果がありそうな臭いでした。

さっき作業している人に聞いてみたら、やはり相当の効果があったようです。
お金もかからず、ゴミも減って一石二鳥でした。

by MI

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

下駄箱プロジェクト(その4)ちょっと手直し [環境、設備]

さて、先日完成をご報告した下駄箱プロジェクトですが、ちょっと手直しをしました。
前回の記事はこちら

完成後に利用者の皆さんに確認してもらったところ、新しく作ったベンチの角をもう少し丸くしてほしいとのこと。
下足室ベンチ 手直し前.jpg

言われてみれば、なるほど、角がかなりするどい。
実際に目をつぶって手をついてみると、結構、痛いです。
かなりとがったものがぶつかったような感触です。
角の位置がしっかり視認できない人にとっては、これはたしかに危なくて怪我をする恐れがあります。

何か工事や修理をした後は、こうやって不具合がないか確認することが大切ですね。

そこで、また大工さんに来てもらって、角を削ってもらいました。
下足室ベンチ手直し後(角の面取り・再塗装).jpg

こんなふうに、ほんの何ミリか角のとがった部分を削っただけです。
でも、角にぶつかったときに手に感じる衝撃や痛みが全然違う。
思っていた以上に違う。
これにはびっくりしました。
ちょっと削っただけで、こんなに違うものかと、あたらめて驚きました。

ちょっとした手直しですが、こまやかな配慮はとても大切なんですね。
勉強になりました。

削った部分は、また同じ塗料を丁寧に塗ってくれました。
「2~3時間で乾きますか?」
と聞いたら
「いえ、自然の塗料なので乾くまで1日以上はかかります」
とのこと。
ちなみにこの塗料はドイツ製の厳しい基準をクリアした安全な塗料です。
木の呼吸を妨げないので調湿性も損なわれません。

おかげさまで、3年前の茶の間プロジェクトにつづき、今回の下駄箱プロジェクトも実現できました。センターの施設がまた少し潤いのある空間に変わったと思います。

茶の間プロジェクトについてはこちらをご覧下さい

次の「プロジェクト」が何かできるかどうかはわかりませんが、少しでも利用者の皆さんが心地よく勉強や訓練に取り組める空間を目指していきたいと思っています。

by MI

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

下駄箱プロジェクト(その3)内装工事完了 [環境、設備]

さて、3月に始動した下駄箱プロジェクト。
前回の記事はこちら

3月には下駄箱本体の修理が終わり、先月は内部の改装をしました。

完成写真はこちら
下駄箱プロジェクト01完成.JPG

以前の下足室は、照明器具の照度が落ちて、かなり暗くなっていました。
もっと明るくしてほしいという要望もあったので、省エネのLEDに変えています。
これでずいぶん明るくなり雰囲気が変わりました。
下駄箱プロジェクト02自立訓練用.JPG

足が悪い人も安全に履き替えできるよう、ベンチも新設しました。
下駄箱プロジェクト03ベンチ新設.JPG

下駄箱の真ん中には、誘導用の手すりを付けました。
これで伝い歩きもしやすくなります。
下駄箱プロジェクト04下駄箱の手すり.JPG

下駄箱をなくした壁の部分には、無垢の杉板を張りました。
木目がとってもきれいですね。
あたたかみのある雰囲気です。
下駄箱プロジェクト05腰壁(無垢杉板).JPG

さらに、湿気が多い下足室ですので、調湿性と空気の清浄機能があるホタテ漆喰を壁に塗りました。
下駄箱プロジェクト06ホタテ漆喰の壁.JPG

あ、それから床はコルクタイルです。
下駄箱プロジェクト07コルクタイルの床.JPG
コルクタイルは滑りにくく、裸足で歩いても暖かいですし、軽い弾力性もありますので、下足室にぴったりです。

3年前の茶の間プロジェクトに続き、今回の下駄箱プロジェクトでまた宿舎がすこし潤いのある雰囲気になりました。

茶の間プロジェクトについてはこちらをご覧下さい

これからも少しずつ、宿舎の環境改善に努めていきたいと思っています。

by MI

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

白いグラウンド [環境、設備]

桜も盛りという頃、センターでは…
グラウンドが白い!
20170501ground1.jpg
あっ、写真だとそんなに白く見えないかも?
残念。

この時期の白いグラウンド、センターではおなじみです。
去年の同じ頃のブログ記事↓
http://hakodatecenter.blog.so-net.ne.jp/2016-05-16

塩化カルシウムをグラウンドじゅうにまいて、
それから、ローラーで整地します。
20170501ground2.jpg

これもまた、センターの春の風物詩ですね。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:地域

エゾヤマザクラ [環境、設備]

すっかり春ですね。
センターの樹木もいっせいに芽吹きはじめました。
(この記事は4月下旬に作成したものです)
ドウダンツツジはとても勢いが良くて元気です。
ドウダンツツジ 4月26日.JPG

コブシの花も見頃となりました。
白い可憐な花がかわいいです。
コブシの花 4月26日.JPG

先日からはじまった花壇の作業も順調のようです。
花壇のお花 4月26日.JPG
とてもきれいです。いやされますね。

中庭のエゾヤマザクラも開花しました。
4月25日はまだこんなつぼみでしたが、
エゾヤマザクラ 4月25日.JPG

それが翌日にはこんなふうに咲き始めました。
エゾヤマザクラ 4月26日.JPG

ソメイヨシノはまだもうちょっとかな。
まもなくお花見の季節ですね。

北海道はこれからが良い季節ですから、みなさんぜひ函館にお越し下さいませ。

by MI

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

穴の開いたバケツ?(その5) [環境、設備]

前回は断熱塗装が完了するところまで報告しました。

前回の記事はこちら

壁の断熱が終わりましたが、まだ次があるんです。

それは、建物の中で一番熱損失が大きいと言われる窓の対策です。
最近の窓は、ペアガラスや樹脂サッシが当たり前になってきました。
断熱性能も以前よりかなり高くなっていて、北海道では3重ガラスの窓なんかも出回っています。

当センターも20数年前の当時としては割と先進的だったペアガラスを採用しています。
やはりペアガラスですので、窓ガラス自体の断熱性能はかなり良いようです。

でも、当時はまだ樹脂サッシはあまり一般的ではなかったのか、サッシはアルミ製です。
アルミはとても熱伝導性が良い素材です。
つまり、逆に言うと断熱性能は良くありません。
アルミの部分を手で触ってみるとよくわかります。

そこから、どんどん外の冷気を屋内に伝えてしまいます。
渡り廊下の窓はかなり大きく、アルミサッシも太くて長いのでかなり断熱性に影響がありそうです。
そこで、アルミサッシの内側に、樹脂サッシの内窓を追加しました。

設置前の様子です。
工事前.JPG

樹脂サッシを入れると、こうなりました。
工事後.JPG

サッシの樹脂を手で触っても、ほとんど冷たくありません。
これで大きな窓部分の断熱性がかなり高まったと思います。


サッシの色も、断熱塗装の色とぴったりでした。
樹脂内窓.JPG

廊下全体の色合いも統一感が出て、明るい感じなので圧迫感もありません。

次の冬が来たらまた室温を測定してみます。
もう室温が摂氏2度まで下がるようなことは無いだろうと期待しています。

by MI

函館視力障害センターホームページへ
タグ:塗装 断熱

共通テーマ:日記・雑感