So-net無料ブログ作成

パラスポーツ体験会、車椅子バスケットボール [イベント、行事]

10月22日の「パラスポーツ体験会」の、
車椅子バスケットボールについてお送りします。
開会式についてはこちら
ゴールボールについてはこちら
ブラインドサッカーについてはこちら

*****

車椅子バスケットボールの基本的なルールは、
一般的なバスケットボールと同じですが、
「持ち点」によって、障害が軽い人ばかりのチーム、重い人ばかりのチームは作れません。
詳しくは、車椅子バスケットボールのオフィシャルページをどうぞ。
トップページ → https://www.jwbf.gr.jp/
ルールのページ → https://www.jwbf.gr.jp/rule/

さて、パラスポーツ体験会では、まず、
車椅子バスケットボール用の車椅子に乗る体験から始めました。
20171022-BB2.jpg
怪我や病気で車いすを使ったことがある方もいると思いますが、
競技用の車いすは、皆、初めてだったようです。
「バンパーがついているんだ」
「車輪に、角度がついているんだね」
と、乗っていない人も興味津々。

何度か車椅子を動かす練習をして、少しずつ安定してきたようです。
20171022-BB1.jpg
もちろん、選手たちには及びもつきませんが、
少しずつ速く動かせるようになってきた人もいました。

ゴール下まで移動して、ボールを持って上を向くと、
どう投げて良いのか、戸惑う場面も。
20171022-BB3.jpg
普段、自分はどうやってボールを投げていたっけ…?
車椅子に乗っている時、どうやって投げたら良いの…?
という事だったようです。

車椅子バスケの選手の身体能力が、いかに高いか、気づかされますよね。
車椅子を使った競技の選手の中には、腕をまっすぐ上に上げられないほど、
肩や腕の筋肉が発達している方もいるそうです。

そういった事もあり、選手の筋肉の状態を触らせてもらえないか、
お願いしてみたところ、快く引き受けていただけました。
やはり、普段触っている模型とは、全然違ったようです。
(決して、セクハラではありませんよ!向学心からです!)

*****

これで、パラスポーツ体験会のレポートは終わりです。
参加していただいたみなさん、本当にありがとうございました!

by パラスポーツ体験会係

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:スポーツ

パラスポーツ体験会、ブラインドサッカー [イベント、行事]

10月22日の「パラスポーツ体験会」で、
ゴールボールに続き、ブラインドサッカーについてお届けします。
開会式についてはこちら
ゴールボールについてはこちら

*****

☆ブラインドサッカーは、2017年にルールが変更されました。
 気になる方は、ブラインドサッカーのオフィシャルサイトでご確認ください☆
 トップページ → http://www.b-soccer.jp/
 ルールのページ → http://www.b-soccer.jp/aboutbs/aboutbs_2

ブラインドサッカーは、6人一組で、音が出るボールを使ってプレイします。
4人はフィールドプレイヤー。アイマスクなどを使って全盲の状態です。
1人はゴールキーパー。晴眼または弱視者が担当します。
そして、フィールドの外、相手チームのゴールの後ろにも1人。ガイド役(ゴールの位置などを伝える)の「コーラー」です。

…というわけで、ブラインドサッカーで
何よりも大切なのは、コミュニケーションです。
20171022-BS1.jpg
晴眼者のサッカーでは、自分の目で状況確認をしますね。
ブラインドサッカーでは、4人が全く見えない状態でプレーしますから、
コーラーの声や手を叩く音、キーパーの指示、そしてもちろん、
フィールドの外から飛んでくる監督の声が頼りです。

何度も、手を打つ音を聞いて移動する練習をして、
それからパスの練習をしました。
20171022-BS3.jpg
ゴールボールの記事にも書きましたが、
ザワザワしている中でのパス練習は、とても大変。

「いつものサッカーと全然違う…」
「あれ?今、ボール通りすぎた?」
と、やはり、はじめのうちは不安そうな声が多かったようです。
20171022-BS2.jpg
それでも、何度も繰り返していると、少しずつ、
ボールを止めたり、仲間にパスを出すのが上手になってきて、
参加者の笑顔が増えていきました。

ブラインドサッカーのプレイ中は、にぎやかな応援、鳴り物を使った応援は禁止です。
ゴールが決まった瞬間だけ、大きな声と音でワッ!と湧くのが、
ブラインドサッカーの試合の特徴とも言えるでしょう。


次回は車椅子バスケットボールについてお伝えします!

by パラスポーツ体験会係

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:スポーツ

11月12日(日)の夕食 [メニュー紹介]

11月12日(日)の夕食を検食しました。

20171112夕食-全景
 ごはん
 みそ汁
 豚肉のロールカツ、付合せ(レタス、トマト、キュウリ)
 きのこの炒め物
 フルーツ(グレープフルーツ)

豚肉は、中にチーズが入っていました。
20171112夕食-肉巻き
チーズの風味で、何もかけなくてもおいしいと思いますが、
私はしょうゆとソースをかけました。
ポン酢なども合いそうですね。

きのこの炒め物です。
20171112夕食-きのこ炒め
プリプリしたきのこがおいしかったです。
秋の味覚、うまみタップリ。

デザートのグレープフルーツです。
20171112夕食-果物 グレープフルーツに切込
食べやすいように切り込みが入っていました。見えますか?
この心づかいが嬉しいんです。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理

温泉排水管の洗浄作業 [環境、設備]

ある日、センターにこんな車両が集結しました。
高圧洗浄の作業車.jpg
高圧洗浄の作業車 その2.jpg

いったい何をしているのでしょうか。

これは温泉排水管の高圧洗浄をするための車両です。

センターの温泉は成分がかなり濃いので、ときどき洗浄作業をしないと詰まってしまいます。

洗浄作業の様子.jpg

マンホールの中から丁寧に洗浄していきます。
洗浄作業の様子 マンホール内.jpg

配管からは、こんなガリがたくさん出て来ました。
排水管から出て来た温泉のガリ.jpg

排水管から出て来た温泉のガリ その2.jpg

温泉というと贅沢なように思われますね。
たしかに、こんなふうにメンテナンスもなかなか大変です。

でも、実際に水道代やガス代を計算してみると、経費的にはすごく安く済んでいるのです。
自然の恵みの温泉ですが、その力はあなどれませんね。

by MI

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

11月12日(日)の昼食 [メニュー紹介]

11月12日(日)の昼食を検食しました。

IMG_3109.JPG

メニューは、ご飯、クラムチャウダー、鮭のマスタードマヨ焼き、
付け合せ(ブロッコリー・人参)、カラフル千切りサラダ。

メインは鮭のマスタードマヨ焼き。
IMG_3111.JPG
マスタードマヨに混ぜてある玉ねぎとパプリカが
甘くて鮭を引きててます。

副菜はカラフル千切りサラダとクラムチャウダー。
IMG_3112.JPG

IMG_3114.JPG
クラムチャウダーは汁物のカテゴリーですが、
具沢山で満足な副菜でした。

ごちそうさまでした。

by おとぞう

函館視力障害センターホームページへ


共通テーマ:グルメ・料理

パラスポーツ体験会、ゴールボール [イベント、行事]

10月22日の「パラスポーツ体験会」で、
当センターは、ゴールボールへの協力で参加していました。
開会式に続いて、ゴールボールについてお伝えします。
開会式についてはこちら

*****

ゴールボールは、プレイヤー全員がアイシェードをつけて、
鈴が入ったボールをやり取りするスポーツです。
相手チームが守るゴールにボールを入れると、得点になります。
道具などについては、過去の記事をご覧ください。

こちらの写真は、手で白線を確認しているところです。
職員が参加者の手をとって、丁寧に教えています。
ゴールボール・白線を確認している写真
アイシェードをつけるという事は、全盲状態になるという事です。
そこで、コートの白線を、感触でわかるようにしてあります。
中にたこ糸が入れてあるので、手で触ったり、靴越しでもわかるんですね。

ゴールを伝って歩く練習もしました。
ゴールボール・ゴールを伝う場面
プレイヤーは、相手のボールから自チームのゴールを守るために、
ゴールの位置と自分の位置を正確に把握して、素早く移動しなければなりません。
そのため、ゴールを確認しながらの移動は重要なのです。

こちらの写真は、ボールを探す練習をしている場面です。
ゴールボール・目の前のボールを探す場面
「音をよく聞いてー。はい、床に落としますよ」
「えーーーー…どこだろう?」
慣れないと、音を聞き分けることも難しいです。
会場がザワザワしていて、更に難しかったようですね。

参加者の皆さんには、練習試合もやっていただきました。
ゴールボール・練習試合
はじめのうちは、
「この位置で合っているの?」
「ボールはどっちのチームにあるの?」
と、少し不安そうでしたが、時間がたつと慣れてきて、
ボールのキャッチや、相手のゴールをめがけて投げる動作が上手になり、
「やった!」
「そうそう、うまい、うまい!」
と、弾んだ声が飛びかうようになりました。

次回はブラインドサッカーについてお伝えします!

by パラスポーツ体験会係

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:スポーツ

10月31日(火)の夕食(ハロウィンメニュー) [メニュー紹介]

10月31日(火)夕食のメニュー(ハロウィンメニュー)

H291031夕食(ハロウィンメニュー)
ごはん
ベジタブルスープ
ハンバーグ
付け合せ(レタス・トマト・キュウリ)
マカロニサラダ
ハロウィンプリン(カボチャプリン)

この日の夕食は、ハロウィンの行事食でした。

ボリューム満点のハンバーグに、
色鮮やかなミックスベジタブルの入ったコンソメスープと、
これもまた色鮮やかな野菜の入ったマカロニサラダと、
デザートにはハロウィン限定のカボチャプリンをお付けしました。

ハロウィンと言えばカボチャのイメージですっかり定着していますが、
元々は「かぶ」だったって知ってましたか?

ハロウィンの由来は、古代ケルトの宗教的な行事「万聖節」にあると言われています。
これは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すお祭りで、
その際に魔除けとしてかぶをくり抜いて飾っていたんだそうです。

それがのちにアメリカにハロウィンが伝わった時に、かぶではなく、
秋によく穫れて加工がしやすいかぼちゃに変わっていったそうです。

ちなみに、ハロウィンにロウソクを灯すランタンを飾るようになったのは、
ジャック・オー・ランタンの伝説から発祥しているようです。

ジャック・オー・ランタンの伝説とは・・・

 昔々、酒ばかり飲んでいる悪い男が、
 ハロウィンの夜、悪魔に魂を取られそうになります。

 その際、ジャックは悪魔をだまして、
 自分の魂を取らせないような約束をして追い払います。

 死後、ジャックは生前悪いことばかりしていたため天国に行けず、
 悪魔と約束を交わしたため地獄へも行けず、
 かぶに火を灯したランタンを手に、
 あの世とこの世をさまよい歩き続けるのです・・・

と言う物です。

この伝説と、ケルトの祭事が混ざり合って、現在のハロウィンになったようです。

私も詳しくは知らなかったので、調べている内に
「へー、蕪なんだー!」
と驚いてしまいました。

蕪もかぼちゃも、冬に旬を迎えて美味しくなる野菜達です。
冬に旬を迎える野菜は、寒い時期の方がに糖度が増すので、
甘さも栄養価も高くなり、美味しくなります。

特にかぼちゃは先日も紹介いたしましたが、
ビタミンA、C、食物繊維などが豊富で、とても栄養満点です。

これから冬も本番になりますので、美味しく食べて、風邪を予防しましょう!

by ろーるぱんな

函館視力障害センターホームページへ
タグ:メニュー

共通テーマ:グルメ・料理

黄色いもみじと赤いもみじ [つぶやき]

今はもう既に、木々は葉を落としてしまいましたが、
函館はほんの数日前まで、紅葉が盛りでした。

写真は、その頃のセンター内のもみじです。
20171106もみじの写真
手前の木は、緑色から黄色になりかけていて、
その奥に、すっかり赤色になった木があります。

皆さんは、同じ「こうよう」でも漢字が二種類ある事をご存じでしょうか。
紅色(赤色)の『紅』の紅葉と、黄色の『黄』の黄葉です。

本来は、赤くなったら紅の紅葉で、黄色くなったら黄の黄葉なのでしょう。
でも実際には、厳密な使い分けはされていません。
一般に『紅』の文字が使われます。
ですから、黄色くなるイチョウも「紅葉」で良いそうです。

落葉の風景
北海道には「観楓(かんぷう)」という習慣があります。
読んで字のごとく、もみじを観賞する事です。
カエデの字をあてるのは、楓がもみじの代表格だからですね。

この時期のホテルや旅館では、よく「観楓会」が催されます。
ただ、紅葉とともに、すっかり寒くなっている所も多いので、
春の「お花見」とは違って、室内で飲食を楽しむことが中心だったりします。

窓の外の景色を見るだけで、全く外に出かけない観楓会もありますから、
本州で言う「もみじ狩り」とは一線を画しているかも?

by くろうーろん
(2枚目の写真はMI氏からいただきました。)

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:地域

10月28日(土)の朝食 [メニュー紹介]

10月28日(土)の朝食を検食しました。

20171028asa1.jpg
 ごはん
 みそ汁(大根と油あげ)
 ねぎ入り卵焼き、ボイル野菜(ホウレン草)
 れんこんのきんぴら風
 梅干し

ねぎ入り卵焼きです。
20171028asa2.jpg
卵焼きは、何を入れても良いし、何とでも合うと思います。
最近世間では「卵焼きをはさんだサンドイッチ」がブレイク中らしい。
パンにも合う、って事ですよね。

キンピラ風のレンコンです。
20171028asa3.jpg
写真ではわからないかもしれませんが、
少しあんかけのような感じになっていて、
モソモソせず、食べやすかったです。

梅干しは、とっても大粒。
20171028asa4.jpg
酸っぱすぎず、しょっぱすぎず、甘すぎず、おいしかったです。
子供の頃は、酸っぱい物が苦手で、梅干しも泣くほど嫌いでしたが、
「うめおかか」のおにぎりのおかげで克服できました。
好き嫌いをなくすきっかけは、案外、ほんのちょっとした事かもしれません。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理

ふた閉めは、一石二鳥。 [情報提供]

尾籠な話でごめんなさい。
トイレの事です。

寒くなってくると、トイレの便座の温かさに、
「ホッ」とする機会が増える気がします。
冬は設定温度を上げる方も多いのだとか。
便座を温める機能を考えついた人は偉いねー!と思ったり。

さて。

当センターでは、常に節電・省エネにつとめています。
その観点からすると、冬期の便座の暖房は、悩ましい事態かもしれません。

だからといって、便座の暖房を「座るとスイッチが入る」といった、
超エコな設定にしてしまうと、冒頭の「ホッと感」は無くなるでしょう。
それは残念すぎる…。

では、どうするか?
それがタイトルに書いた「ふた閉め」です。

ヒーター付きの便座は、ふたを閉める事で、節電につながるそうです。
一般家庭では、年間900円くらいの違いが出るのだとか。
センターは、恐らく電気の契約内容自体が一般家庭とは
違うと思いますが、節電するに越したことはないですよね。

トイレのふた閉めには、もう一つ効能があります。

それは、感染症対策です。
ふたをして水を流すと、水流によってできる飛沫が
周囲に拡散するのを防げるので、感染症対策になるのです。

何と、水流によっては1メートル以上飛び散るらしい…。
特に冬期は、感染症対策として「トイレのふた閉め」が必須だと思います。

でも、ちゃんと流れたか心配…という方もいますよね?
(私もそうです。)

もちろん、一度閉めて流し、また開けて確認して、最後に閉めるのがベストです。
次に良いのは、「流し終わるまで開けておき、終わったらすぐ閉める」。
それでも、開けっ放しにするより、ずっと良いそうです。

トイレのふたは、開けておくのと閉めておくのと、
どちらがマナー違反なのか?という論争もあるくらいですから、
開閉自体は賛否両論だと思いますが、少なくとも二つの観点からは、
「閉めるのが良い」という事になります。
特に、冬は。
レッツ・ふた閉め!

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感