So-net無料ブログ作成

9月10日(日)の夕食 [メニュー紹介]

9月10日(日)の夕食を検食しました。

IMG_2882.JPG

メニューは、ご飯、、エビ団子と白菜のスープ、
ジンギスカン風、野菜サラダ、おつまみキュウリ。

メインはジンギスカン風です。
IMG_2884.JPG
当センターの定番メニューの一つですね。
ラム肉と野菜に味がしっかり染みていてご飯が進みます。

スープはエビ団子と白菜のスープ。
IMG_2889.JPG
透明なので食べるまでわからなかったんですが、
春雨も入っていました。

副菜は野菜サラダとおつまみキュウリ。
IMG_2886.JPG

IMG_2888.JPG

そろそろ夏野菜も終わりが近いでしょうか。
北海道はトウモロコシなど夏野菜が豊富にあり
毎日楽しんでいたんですが、秋からは果物が
おいしい季節になりますね。

ごちそうさまでした。

by おとぞう

函館視力障害センターホームページへ




共通テーマ:グルメ・料理

はこだて カルチャーナイト 2017 [告知]

告知させていただきます!

当センターは、今年もカルチャーナイトに参加します。
 20170913CultureNight.jpg
(画像はパンフレットを撮影したものです)

 はこだてカルチャーナイト2017
 9月22日(金)17:30~21:00


当日は、駐車場も開放していますが、
昨年同様、シャトルバスもご利用いただけます!

今年は、2020年東京で開催されるオリンピックを目指し?!?
見えない世界でスポーツを体験しよう!
を企画し、準備をしています。

事前のお申し込みは不要です。
当日、スポーツ体験に参加して頂ける場合は、
「体育館用の運動靴、ハンカチ」をお持ちになって、いらしてください。
お待ちしております。

by カルチャーナイト係

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:趣味・カルチャー

9月3日(日)の昼食 [メニュー紹介]

9月3日(日)の昼食を検食しました。

20170903hiru1.jpg
 ごはん
 八杯汁
 さばのみそ煮
 里芋のゴマあえ
 かにとブロッコリーのおろしあえ

こちら、サバの味噌煮です。
20170903hiru2.jpg
味噌味がしっかりしていて、ご飯によく合いました。
ちまたでは「サバサンド」なるトルコ料理が人気だそうですが、
私はまだ食べたことがありません。気になります。

八杯汁は、皆さんご存知でしょうか?
20170903hiru3.jpg
豆腐、ショウガ、キノコ類の、しょう油仕立てのあんかけ汁です。
「おいしくて、八杯も食べてしまうから」
というのが、名前の由来らしいです。(真偽不明ですが)
昔々、函館市内の給食でも八杯汁は人気メニューでした。
元々は九州の郷土料理のようです。

おろしあえは甘酸っぱくてさっぱり。
20170903hiru4.jpg
他のメニューがしょうゆ味や味噌味なので、
おろしあえのさっぱりさ加減が際立っているように感じました。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理

リニューアル!障害者用駐車スペース [環境、設備]

センターの正面玄関左側の駐車スペースが、
リニューアルされました。
20170906space1.jpg
上の写真が、新しくなった障害者用の駐車スペースです。

どこがどう変わったかというと、
これまではこんな感じでした。↓
20160329parking2.jpg
障害者用駐車スペースの記事はこちら
もともと、タイルの上に線をひいてスペースを確保していましたが、
その部分のタイルを剥がして、「密粒アスファルト」に変更したのです。

アスファルトに変更したのは、
・タイルが傷んでいた
・タイル舗装よりも長持ち
・タイルより、車いすや白杖での通行に適している
・ラインや車止めなど、色のコントラストがついてはっきり目立つ
・雪かき作業がしやすい
といった理由からだそうです。

タイルには、目地(タイルとタイルの間)があります。
また、寒冷地では、タイルの切れ目などから水分が入って凍り、
タイルが割れたり、浮いたり、剥がれてしまう事があります。
そのため、ちょっとデコボコしていたんですね。
デコボコは、杖や雪かきの道具がひっかかる原因にもなっていました。

それが、アスファルト舗装によって、フラットになりました。
20170906space2.jpg
障害者向けのスペースだという事が
以前よりもはっきりと、わかるようにもなりました。
(この写真では補助線が見えていますが、いずれ消えます)

改めて、健常者の方々にお願いです。

このスペースが空いていても、気軽に駐車なさらないようお願いします。
電車の優先座席のように、後から来た方に譲るのは難しい事でしょうし、
「ほんのちょっとの間」のつもりでも、用事が長びく事があるかもしれません。
何卒、ご協力をお願いします。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:地域

8月28日(月)の朝食 [メニュー紹介]

8月28日(月)の朝食を検食しました。

20170828asa1.jpg
 ごはん
 みそ汁
 厚焼卵、付合せ(レタス、トマト、キュウリ)
 青菜とじゃこの炒め物
 味付のり

厚焼き卵です。
…というよりは、クルクル渦巻きが「だし巻き」に近い形状。
20170828asa2.jpg
厚焼き玉子もだし巻きも、大好きです。
特に好きなのはお蕎麦屋さんの厚焼きで…
…っと、関係ないお話でしたね。

青菜とジャコは、ほんのりと温かでした。
20170828asa3.jpg
「ほんのり温かい料理」は日本特有かも?
洋食はたいてい、熱いか冷たいかのどちらかですよね?
ほんのり温かいすし飯に、キリッと冷たいマグロを…
…っと、これも関係ないお話。

お味噌汁の具は、豆腐とキノコ。
20170828asa4.jpg
これはシメジです。
お豆腐にキノコといえば、ナメコを合わせる事が多いように思いますが、
シメジもよく合っていました。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理

渡り廊下の公告 [環境、設備]

当センターは、4つの建物が2階の渡り廊下でつながっています。
ちょうど回廊のような感じになっているのです。

先日、その渡り廊下で、何やら作業が行われていました。
20170905sign1.jpg
高所作業者を使って、渡り廊下の窓を拭いたり、
何かを貼ったりしているようです。

そして…、
じゃーん!!
渡り廊下に、公告が掲示されました!
20170905sign3.jpg
「見えなくてもできる」という、
センターのコンセプトとも言うべき言葉や、
白杖をついて元気に歩く女性のシルエットなどが公告されています。

表の道路から見るとこんな感じ。
20170905sign2.jpg
内側はこんな感じです。
20170905sign4.jpg 20170905sign5.jpg
少し色味が抑えてあるのは、光を通すため。
視覚障害の方の中には、暗いのが苦手な方も多いからです。
実際に伺ってみると、
「少しだけ暗くなったけど、この程度なら支障はないです。」
との事でした。

逆に、明るいのが苦手な方は、
「いつも、午後遅い時間からは、西日が差しこんでまぶしいので、
 この廊下を通らないようにしていましたが、これなら大丈夫です!」
と言っていました。
良かった良かった。

視力障害センターは、コープさっぽろ湯川店の裏手にあります。
是非、皆さんも実物の公告を見てみてくださいね。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:資格・学び

8月27日(日)の夕食 [メニュー紹介]

8月27日(日)の夕食を検食しました。

20170827yuu1.jpg
 ごはん
 水餃子と卵のスープ
 ポークケチャップ、付合せ(サニーレタス、トマト)
 なすの揚げ煮
 フルーツ(キウイ)

こちらはポークケチャップです。
20170827yuu2.jpg
焼いた豚肉の切り身の上に、ケチャップソースが乗っています。
ソースにはたっぷりの玉ねぎ。
うまみが増して、ご飯が進みますね。

副菜はナスの揚げ煮、そして水餃子。
20170827yuu4.jpg 20170827yuu3.jpg
大人になると肉よりもナスがおいしいのはなぜでしょう。

デザートはキウイです。
20170827yuu5.jpg
とろっと甘くて酸っぱくて、おいしかったです。

キウイの旬は、本来は秋冬だそうです。
夏のこの時期のものは、ニュージーランドからの輸入品かも?
となると、キウイの本場ではないですか!
そもそも「キーウイ」という鳥にちなんでつけられた名前ですものね。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理

点字発見!(2) [点字]

新幹線の「はやぶさ」の中で、点字を発見しました。
わかりますか?トイレのドアなんです。
20170821tenji1.jpg
女性用のトイレのドアの、取手の上に、
「じょせい せんよう ようしき といれ
 この どあの うちがわに
 あんないばんが あります」
と書かれていました。

ドアの内側の案内板がこちら。
20170821tenji2.jpg
「こしつない あんないず(ようしき)
 かぎを かけて ごしよう ください。
 かっこないの すうじは ゆかからの たかさ。
 はんれい
  げんざいち(ずの うえ)
  すいせん せんさー(90cm、
  30cm したに ペーパー)…」
(以下省略)

案内板の一番下に、トイレ内の見取り図もありました。
20170821tenji3.jpg
見取り図の左側に「ドア」と書かれています。
左上の大きな丸には「げんざいち」。
便器や手洗いは、浮き出しの記号のようになっていて、
上の案内板の説明文に、それぞれ、何の記号なのかが解説されていました。

とても親切で良いと思いました!
そう思いつつも、実際はどうでしょう?とも、思いました。

もし、トイレで用を足したくて切羽詰まっていたら、
取手の所の点字も含めて、読んでから用を足すのは困難でしょう。
ドアを開けてすぐに、便器を探して奥に進んでしまう気がします。

レイアウト的に難しいかもしれませんが、
奥にある便器の付近にも、何か欲しいところかも。

もちろん、全盲の方が、何の案内も受けずに単独で新幹線に
乗る事自体、ほとんどないでしょうから、
余計な心配なんだろうと思いますが。
「中に案内板がありますよ」
と誰かから教えてもらうのが、ベストですね。

by くろうーろん

※注:上記の点字は全て、点字のルールにのっとって書かれていましたが、
 ここでは、あえて普通字のルールに変更しています。
 例:長音を「う」に変更、「わ」を「は」に変更 など

函館視力障害センターホームページへ
タグ:トイレ 点字

共通テーマ:日記・雑感

8月15日(火)の夕食 [メニュー紹介]

8月15日(火)の夕食を検食しました。

20170815yuu1.jpg
 ごはん
 チンゲン菜の中華スープ
 オイスター炒め
 春雨サラダ(マヨネーズ)
 フルーツ缶(パイン)

オイスター炒めです。
20170815yuu2.jpg
メニューでは「オイスター炒め」とだけなっていますが、
鶏肉、野菜、キクラゲがオイスターソースで炒めてあります。
オイスターとは、英語でカキ(海の)こと。
コクがあって、味わいが深くなる感じ。

こちらは春雨と野菜のマヨネーズサラダ。
20170815yuu3.jpg
大きなエビも入っています。
マヨネーズであえてありますが、こってりではなくあっさり味。

先日は「チンゲン菜だけど韓国風なのかな?」と思ったスープ、
今回はしっかり「中華スープ」となっていました。
20170815yuu4.jpg
もちろん春雨だけではなく、野菜がたっぷり入っています。

デザートはパイン缶。
20170815yuu5.jpg
甘酸っぱく、夏らしい味ですね。

夏らしい…と書きましたが、函館ではいつも、
8月15日から暖房機など、冬に必要な商品のテレビCMが始まります。

例年だと、
「まだ暑いのになー、床暖とかストーブとかの宣伝、更に暑くなるわー」
なんて思うのですが、今年は、8月の上旬に夜から急にひんやりする日もあって、
そんな時は、暖房機のCMを見るとちょうど良い感じです。

このまま冷夏が続くのか、このあと残暑がくるのか、ちょっとスリリング。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理

グミの木の剪定 [環境、設備]

ちょっと時間が経ってしまいましたが、7月にグミの木などの剪定を行いました。

グミの木の剪定01.jpg

この木は、昨年の台風で大きく傾いてしまったのですが、すぐに対処したおかげで元気に回復しているようです。
そのときの記事はこちら

よく剪定をするときに「下枝」をみんな切り落としてしまう人がいます。

広い公園などで、木を上へすくすく伸ばして自然に大きくしていく方針であれば、下枝はきれいに切り落とした方が良いです。
その方が見通しや風通しが良くなり、公園としての環境も良くなります。
木がすくすく上へ上へと育つので、下枝は無い方が樹形のバランスとしても良いです。

しかし狭い場所で、木が大きくなりすぎないようにコントロールしながら育てていく場合には、下枝はある程度残しながら剪定する方が良いと思います。

下枝がある程度育ってきたところで、古い枝を落として、下枝だった枝を本枝に切り換えていくことができるからです。
そうすると、自然なバランスの良い樹形を保ったまま、新しい元気な枝に更新していけます。
グミの木の剪定02.jpg

下枝をすべて切り落としていると、だんだん下枝が出てこなくなり、上の方ばかりに枝葉が増えていくようになります。

この状態で木の大きさをコントロールしようとすると、無理に上部の枝を切り詰めるしか方法がなくなってしまいます。
そして切り詰めたところから、また新しい枝葉が集中的に伸び出して来ます。
それで、余計にあたまでっかちな、不安定な樹形になってしまうのです。
(去年の様子)
台風前日のグミの木.JPG

このグミの木も、長年、下の枝をみんな切ってしまっていたので、こんな樹形になってしまったんですね。
でも、最近は少しずつ新しい下の枝が出て、育ちはじめています。
グミの木の剪定03.JPG

この新しく出て来た枝は、下にあって手が届きやすいので切りたくなりがちですが、そこを我慢して、むやみに切らないようにするのが肝心。

グミの木の剪定04.JPG

こういう新しい枝は、今の枝にかわって将来の跡取りになる可能性があります。
こういう跡取りたちをなるべく、大事に育てて行きたいと思います。

by MI

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感