So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

珪藻土のバスマット [環境、設備]

005.JPG014.JPG
先日は脱衣室のラタンカーペットのことをお伝えしましたが、同時にバスマットも新しい物に変えました。

このマットは、珪藻土(けいそうど)とパルプで出来た板状のものです。
とても吸水性が良いです。
濡れた足をのせると、一瞬で水気を吸い取って足裏がさらさらになります。
不思議なくらい早くあっという間に乾くので、最初はびっくりします。
マットの表面もすぐ乾きます。

普通のバスマットだと、何人もお風呂に入ったあとは、どうしても濡れてしまいます。
せっかくの気持良い入浴のあとなのに、ひやっと濡れたマットに足を乗せるのは嫌ですね。
このマットは何人使った後でも、いつもさらさらした感触なのが好評です。

先日お伝えしたように、床にはラタンカーペットを敷いています。
やはり、濡れても乾くのが早いです。
これで、あちこちにバスマットやタオルを敷かなくても良くなりました。

以前は、毎日、沢山のバスマットやタオルを洗濯していましたので大変でした。
特に毛が長い吸水力があるマットだったので、洗濯すると乾きにくいのです。
干すのは場所を取るし、時間がかかって間に合わない。
そのため、沢山の乾燥機を長時間使って乾かしていたのです。
相当の電気代がかかっていた上に、機械にもあまり良くなかったと思います。

このマットは、ときどき立てかけて風通しをよくしておくだけでOKです。
洗濯機も乾燥機も使う必要がなくなりました。

このマットは珪藻土を使った塗壁と同じで、調湿性能が優れているのです。
吸い込んだ水気はほどなく水蒸気として放出してしまうので、本体内部もすぐ乾きます。
いつも乾燥していますのでカビも雑菌も繁殖せず、洗濯もしなくて良い。

水道も電気も節約できるようになり、環境負荷の軽減につながったと思います。

By MI

函館視力障害センターホームページへ