So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

札幌で卒後研修会と公開講座 [イベント、行事]

先日、「KKRさっぽろ」で卒後研修会と市民公開講座を開催し、
卒業生、地域住民の方合わせて41名が参加しました。
20141109-1.jpg
卒後研修会は通算35回目です。
卒業生の専門的な知識・技能・接遇技術の向上や
地域のリーダー的役割を果たす人材育成を目的に実施されています。
20141109-2.jpg
また、第29回からは市民公開講座として、
地域住民の方にもご参加いただいています。

今回は「救急救命、いざという時のために ~応急手当の基礎知識~」
をテーマに、札幌市消防局に講師をお願いしました。
20141109-3.jpg
「救急車が現場に到着するのは、平均6.5分後」
「救命は最初の5分間が重要」など、市民の手による
応急手当の重要さが、繰り返し呼び掛けられました。
20141109-4.jpg
講演のあとは、人形を使用して、
心肺蘇生(胸骨圧迫)法の実技指導がおこなわれました。
20141109-5.jpg
全盲者に対しては講師自ら、一人ひとり
手を取って、丁寧に指導していただきました。

また、AED(自動体外式除細動器)を用いた、除細動の処置についても学びました。
練習用で電気は流れませんが、操作方法や音声などは本物と同じです。
20141109-6.jpg
今では公共施設など各所でよく見かけるようになったエーイーディーですが、
「ガイド音声のとおりに操作すれば良い」と知っていても、
なかなか実行に移されないそうです。
こうして実際に触ってみることで、
いざというときの心がまえができるのではないでしょうか。

講師の方には、丁寧な指導とともに、受講者の質問にも
詳しく答えていただき、充実した1時間半となりました。
受講された方々から、
「すぐにでも実践できそうな内容だった」
「次回もお願いしたい」といった声が多数寄せられ、たいへん好評でした。


 函館センターでは、卒業生や地域住民の方の要望に応じ、
 来年度も同じ形式で開催する予定です。
 ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。
詳しくは、当センターホームページをご覧ください。

by 卒後研修係

共通テーマ:資格・学び