So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アップデートはやっぱりおあずけ [パソコン]

先日、ウィンドウズが新しく10になるけれど、
特に音声使用の方は、少し待った方が良いですよ、という記事を書きました。
記事へのリンクはこちら

その後、PCトーカーを出している高知システム開発のホームページに
掲載されているお知らせが更新されました。
「テンに対応した音声(アプリ)を9月頃に発売するので、
 それまで本体をテンにしないで欲しい」
といった内容でした。(7月30日現在)

前回(7月28日)との違いは「9月頃」という情報です。
また、
「うっかりWindows10にしてしまったら、PC-Talker7や8は動かないので、
 音が無いと困る人は、PCトーカーをセーフモードで起動して、
 すぐにウィンドウズを元に戻してね。」
的なことも、前回は無かった情報です。

ウィンドウズだけ10にアップすると、パソコンが全くしゃべらなくなるのかも?
それでは困りますよね。

私はPCトーカーがセーフモードで起動できる事を初めて知りました。
恐らく、セーフモードには最低限の機能しか無いと思います。
ですから、
「じゃあとりあえずWindowsだけ10にしておいて、
 ピーシートーカーはセーフモードで使い続ければ良いや」
というワケにはいかないと思います。

やはり、音声使用の方は、当面、アップデートしないでおいた方が良いと思います。
あわてて最新版にする必要はありません。

なお、無料で音声を7や8から10に出来るのか、出来ないのか、
まだHPに書かれていませんが、これまでの例から考えると、
有料アップデートになる可能性が高いだろう、と私は思っています。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ


共通テーマ:パソコン・インターネット