So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ボーボーポポーの謎 [つぶやき]

出張の時に聞いた発車メロディに続き、音の話をもう一つ。

本州に行くと、函館では聞こえない音を聞くことがあります。
そのひとつが、鳩の声です。
(厳密にいえば音ではないのですが。)

函館で聞くハトの声は、
「ポッポッ」「ポロッポー」「クークー」という感じの声です。
これは、ドバト(カワラバト)の声。
伝書鳩としても利用される、人懐こい鳩です。

一方、所沢のリハセンターで聞いたのは、
「ボーボー、ポポー、ボーボー、ポポー…」という声。
前半のボーボーは低めの、後半のポポーはやや高めの声で、
ずっと一定のリズムで繰りかえされます。

昔、初めて聞いた時は、何の音かわかりませんでした。
後に、ボーボーポポーはキジバト(ヤマバト)のものとわかりました。
オスのキジバトは一般に「デデッポッポーと鳴く」と言われています。
私には「ボーボーポポー」と聞こえるのですが。

リハセンターの人たち数人と話していた時、ちょうど
「ボーボー、ポポー」が聞こえてきたので、
「あっ、この声、この鳩の声、函館では聞かないんです。」
と言ったら、皆、
「え、何?聞こえないけど?」
「何か音、してる?」
と、くちぐちに言ったのが面白かったです。

もしかしたら、普段から聞いている当たり前の音(声)だから、
かえって認識できなかったのかもしれません。
何だか不思議です。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ: 函館 所沢

共通テーマ:日記・雑感