So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

利用者玄関の無垢材ベンチ(その1) [環境、設備]

利用者の玄関に、新しい無垢材のベンチを設置しました。

玄関前ベンチ01.jpg
座面は、道南の厚沢部町にある材木屋さんに作ってもらいました。
すべて北海道産の無垢材を使っています。

玄関前ベンチ06 ズーム.jpg
まったくの自然素材そのままです。
もちろん通常使われている建材のような、高温乾燥はしていません。
樹木の成分や組織を損ねないよう、40度程度の低温でじっくり乾燥させた材料です。

玄関前ベンチ07 ズーム.jpg
これからも何年かすると、どんどん色合いが変わっていくそうです。
とても良い木の香りがしています。

玄関前ベンチ04 夜.jpg

座面には、10種類の異なる樹木を使っています。

左から順に、

1 ナラ
2 イタヤカエデ
3 キハダ 
4 クリ(栗の木)
5 クルミ

玄関前ベンチ02.jpg
6 セン(ハリギリ)
7 タモ
8 ニレ
9 カバ
10 ブナ

玄関前ベンチ03.jpg
となっています。
木材の見本みたいですね。
みんな広葉樹なので堅めの材質です。
針葉樹の杉や松、ひのきやヒバなどは比較的軽くて柔らかく、加工もしやすいので建材としてよく使われます。
一方、広葉樹は重くて固く、頑丈な材質ですから家具や家の土台によく使われます。

それにしても、これだけ多種多様な広葉樹をいつも在庫している材木屋さんは、そうそう無いようです。

脚部は、函館市内の鉄工所で製作してもらったものです。

玄関前ベンチ05脚部.JPG
がっちりと重い鉄製で、これでもかというくらい頑丈にできています。

これまでは、玄関前に腰掛けたり、荷物を置ける場所がありませんでした。
これからは、待ち合わせのときにも、みんなで座っておしゃべりしながら待つことができます。

それから、下駄箱の前にも、もうひとつ新しいベンチを設置しました。
それは次回またご報告します。

by MI

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感