So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

パラスポーツ体験会、車椅子バスケットボール [イベント、行事]

10月22日の「パラスポーツ体験会」の、
車椅子バスケットボールについてお送りします。
開会式についてはこちら
ゴールボールについてはこちら
ブラインドサッカーについてはこちら

*****

車椅子バスケットボールの基本的なルールは、
一般的なバスケットボールと同じですが、
「持ち点」によって、障害が軽い人ばかりのチーム、重い人ばかりのチームは作れません。
詳しくは、車椅子バスケットボールのオフィシャルページをどうぞ。
トップページ → https://www.jwbf.gr.jp/
ルールのページ → https://www.jwbf.gr.jp/rule/

さて、パラスポーツ体験会では、まず、
車椅子バスケットボール用の車椅子に乗る体験から始めました。
20171022-BB2.jpg
怪我や病気で車いすを使ったことがある方もいると思いますが、
競技用の車いすは、皆、初めてだったようです。
「バンパーがついているんだ」
「車輪に、角度がついているんだね」
と、乗っていない人も興味津々。

何度か車椅子を動かす練習をして、少しずつ安定してきたようです。
20171022-BB1.jpg
もちろん、選手たちには及びもつきませんが、
少しずつ速く動かせるようになってきた人もいました。

ゴール下まで移動して、ボールを持って上を向くと、
どう投げて良いのか、戸惑う場面も。
20171022-BB3.jpg
普段、自分はどうやってボールを投げていたっけ…?
車椅子に乗っている時、どうやって投げたら良いの…?
という事だったようです。

車椅子バスケの選手の身体能力が、いかに高いか、気づかされますよね。
車椅子を使った競技の選手の中には、腕をまっすぐ上に上げられないほど、
肩や腕の筋肉が発達している方もいるそうです。

そういった事もあり、選手の筋肉の状態を触らせてもらえないか、
お願いしてみたところ、快く引き受けていただけました。
やはり、普段触っている模型とは、全然違ったようです。
(決して、セクハラではありませんよ!向学心からです!)

*****

これで、パラスポーツ体験会のレポートは終わりです。
参加していただいたみなさん、本当にありがとうございました!

by パラスポーツ体験会係

函館視力障害センターホームページへ