So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

外部の照明を増設しました [環境、設備]

先日、外部の照明設備を増設しました。

照明設備を増設したのは、センター敷地の角で、
臨床実習の広告看板があるところです。
照明設備を増設する前は、こんな様子でした。
照明器具を増設する前.jpg

夜でもこの看板が良く見えるようにしたいということもありましたが、
それよりも、その前にある歩道を明るくしたいというのが設置の主な理由です。

この歩道の前は、いつも車で混雑する横断歩道です。
お隣の商業施設の駐車場がこの先にあるので、車がたくさん通るのです。
でも、信号の無い交叉点なので、いろいろな方向から車が来て入り乱れてしまう感じです。
晴眼者の私でも、この横断歩道を渡るときはちょっと緊張します。

特に夜間はかなり暗くなってしまうので、
弱視(ロービジョン)の人にとっては、
路面状況なども視認しにくくなり、危険性が高まります。
運転している人からも、歩道から横断歩道へ出ようとする歩行者を発見しにくくなります。

そこで、ここに照明を増設しよう、ということになりました。
まず、ちょっとこんなイメージです。
照明器具を増設したときのイメージ.jpg

なかなか大ざっぱですが(笑)、あくまでイメージしやすいように、ということで。
もちろん具体的な内容は、専門業者に検討してもらってから施工しています。

そして、実際に照明を増設してみた結果がこちらです!
照明器具を増設した後01.jpg

割と想定したイメージに近かったかなと。
照明器具を増設した後02.jpg

増設後の写真だと、周りが暗くなっているように見えますが、
周囲の明るさは実際には変わっていません。
照明を増設したところがかなり明るくなった分、
その周りが暗く写ってしまったようです。
(カメラの特性上です。撮影者の腕の問題もありますが。)

弱視のみなさんからは、明るくなってとても歩きやすくなったと好評でした。

ドライバーからも歩行者を早く視認しやくくなって、安全性が高まったかと思います。

by MI

函館視力障害センターホームページへ
タグ:照明 設備

共通テーマ:日記・雑感