So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2月3日(土)の昼食(節分の行事食) [メニュー紹介]

2月3日(土)、節分の行事食です。

20180203setubun.JPG
お稲荷さん
太巻き寿司
茶椀蒸し
キャベツとリンゴのサラダ
節分豆

この日は節分の行事食でした。

卵やかんぴょうや桜でんぶの入った色鮮やかな太巻き寿司と、
少し変わり種でシソの入ったお稲荷さん。

センター自慢の茶碗蒸しは、温かく食べられるよう、
出来るだけ時間をみはからって作りました。

さっぱり味のキャベツとリンゴのサラダ、
そして節分と言えば豆まき。
今日のメニューもそれにちなんで、小さな炒り豆のパックをお付けしました。

「節分」には、1年を季節の変わり目に分ける節目の日、
という意味があります。

特に厳しい冬を越える「立春」は、1年の始まりとして尊ばれ、
行事が行われる様になりました。

豆まきの「豆」は、季節の変わり目には邪気を払う行事として、
魔(ま)を滅(め)っするなどの語呂合わせから、
厄払いとして使われるようになりました。

巻きずしも「福を巻き込む」縁起物として、
節分によく食べられるようになったようです。

最近は最も良い方向である「恵方(えほう)」を向いて、
巻きずしを無言で食べる「恵方巻」の風習も有名ですよね。

恵方は、その年の幸福を司る神様、歳徳神(としとくじん)のいる方向の事で、
「恵方を向いてお願い事をしながら太巻きを1本無言で食べるとお願いが叶う、
または1年間無病息災で過ごせる」と言うものです。

ちなみに今年の恵方は南南東でした。

暦の上ではもう立春、「春」なのにこの大雪・・
本当の春が待ち遠しいですね。

そして、鬼ではないですが、この時期、インフルエンザや胃腸炎など
感染症が最大のピークを迎えます!

1に十分な休息、2に十分な栄養、3に手洗いうがいで、
感染症も追い払って元気に過ごしましょうね!

by ろーるぱんな

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理