So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

春よ来い [環境、設備]

雪に埋もれたセンター.jpg

MonaLisa Twins(モナリザ・ツインズ)のJune(6月)という曲は、
英語がさっぱりの私でもなんとなくわかる、やさしい英語の歌です。

「6月よ、はやく来て、この雨をどこかへ連れて行って!」
と、さわやかに歌います。

日本だったら、6月が雨をどっさり連れてきそうですが(笑)、
ヨーロッパでは6月はすがすがしい夏の始まりなのでしょう。
「夏よ来い!」
って感じですね。

※ この歌では「雨」は「涙」を表現してる?ようです。
だから本当の気候がどうなのかはあんまり関係がないかも。

さて、今年の函館。
もう、もう、もう、ほんとうにもう今年の函館は雪が多い。
前回の記事はこちら

函館は北海道ではかなり雪が少ない方なのですが、
今年は違いました。
降雪量は函館の観測史上2番目に多いそうです。
近くの歩道.JPG

営繕の人が毎日、あちこちに溜まった雪を運んで集めてくれるので、
グラウンドはこんな状態です。
グラウンド.JPG

でも敷地内の通路は、日々の雪かきできれいになってます。
敷地内.JPG

敷地前の歩道も、みんなでこつこつ雪かきするようにしています。
センター前の歩道.JPG

それにしても、今年は、雪はもうお腹いっぱい。
とりあえず、早く4月(春)が来て欲しい。

「4月よ、はやくやって来て、この雪をどこかへ連れて行って!」

と、替え歌にして雪かきに励む今日この頃です。
春よ来い!

by MI
雪の灯籠?.jpg
※ 写真は(一部を除き)ナミナミさん提供

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感