So-net無料ブログ作成

黒く塗れ(Paint It Black)(その1) [環境、設備]

二十数年間使ってきたわがセンターの電話交換機。
業者さんも、
「いやまあ、よくいままで保ちましたね」
と感心するほど古くなっていました。
この交換機と互換性のある電話機がもう手に入らないので、
壊れたら修理もできないという状況でした。
いまの電話機.JPG
今年ようやく予算がついたので更新することになり、
電話機も新しいものに更新します。
 ※この記事は3月中旬頃に作成したものです。
新しい電話機.JPG
これが新しく入る予定の電話機です。
でも、これだと地のテンプレートの色が白で、ボタンの色も同じ白。
弱視(ローヴィジョン)の人には、ボタンが見えにくそう。

メーカーの担当者に
「黒いテンプレートに変えられないか」
と聞いてみましたが、無理ですとのこと。

そこで、このテンプレートを
「黒く塗っちゃおう!」
という話が出てきました。
おお、ローリング・ストーンズの名曲にあやかるのか?
と思ったのはさておき、最初の「黒く塗る」案がこれ。
新しい電話機 テンプレートを黒くしてみました.JPG
だいぶボタンの白が際立って、わかりやすくなりました。
でも、ついでなので、もうちょっと文字を大きくできないかな?
と欲張りました。

ところで、真ん中あたりにある小さいボタン類は、
ダイヤルするときに押し間違いそうなので、
使わないことにしました。
新しい電話機 使わないボタン.jpg
その使わないボタンの周りも黒くして、
「機能」とか「スピーカ」という文字を、
もうちょっとだけ大きくしてもらいました。
新しい電話機 文字を大きくしました.JPG
新しい電話機 文字のところアップ.jpg
これで、当センターオリジナルの
ユニバーサルデザインの電話機が完成です。
(ちょっと大げさですが。)

ちなみに、我がセンターではほかにもいろいろと
Paint It Black(黒く塗れ)モノ?
が数々あります。

それはまた次回、ご紹介しますね。

by MI

函館視力障害センターホームページへ
タグ:電話 UD

共通テーマ:日記・雑感