So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

筝曲 六段の調(しらべ) [つぶやき]

ベートーヴェンのピアノソナタ第14番は「月光」という名前で有名な曲です。

ほとんど同じ名前のドビュッシーの「月の光」は昔から好きでしたが、
最近は「月光」の方がお気に入りになってよく聴いています。

でも、この美しい名前をつけたのは、ベートーヴェン本人ではなく、
「スイスの湖水を照らす月光のように美しい曲」
という意味で、のちの人が命名して、広まった愛称なんですね。

上手くいきそうもない恋の結末を予感していた頃に作曲されたせいか、
特に第一楽章は比類のない哀感が漂う、言葉にできないような美しさ。
秋の大沼公園.jpg
※写真は(スイスに行く時間(ほんとうはお金)がないので)大沼公園の秋です。

しかし、やっぱりというか、当たり前ですが、音楽は西洋ばかりではない。
(と、私は最近とくに反省中)

この日本でも、ベートーヴェンよりもっと早い時代に、
すばらしく美しい音楽の世界が生まれていました。

そのひとつが、八橋検校が作曲した筝曲、六段の調(しらべ)です。

気品にあふれた、深い精神性のただよう別世界。
いわば枯山水庭園に降り注ぐ月光(月の光)のような名曲。

でも、曲の雰囲気は、そんな肩ひじ張った感じではまったくなくて、
むしろ、リラックスした気分で聴ける、のびやかな音楽です。

そんな格調の高い芸術性と、安らぎを同時に感じさせる名曲なので、
新年を祝う音楽としても、親しまれているんですね。
毎年、お正月がくるたびに、この曲がいろんなところで流れるので、
みなさんも何度も聴いたことがあると思います。

お正月といえば、
宮城道雄の「春の海」か、
八橋検校の「六段」か、
というくらいに定番の曲ですね。
(もちろん、言うまでもなく、二人とも盲人です。)
春の大沼公園.jpg
※写真は先日撮ってきた大沼公園の春(スイスに行く時間は、、、以下省略)

動画サイトで検索すると、いろんな人の演奏が聴けます。
聴き比べると、演奏する人によってかなり違うものですね。
(ひょっとして、流派とか楽譜が違うとかいうことも、あるのかな?)
筝曲のことはまったくのシロウトの私ですが、
有名な曲だけに、違いがよくわかります。

でも、聴いた瞬間に、あまりの美しさにびっくりして、
腰を抜かして椅子から転げ落ちそうになったのは(それは嘘)、
あの、宮城道雄さんの演奏する六段。

まあ、シロウトなので、見当違いもあるのかもしれませんが、
本当に素晴らしくて、うっとりするような美しい演奏です。

ひとつひとつの音にも、とても神経が行きとどいて、こまやか。
フレーズのひとつの音だけをふっと弱音にしたり、
ぐーっと甘みを効かせて丸みをもたせたと思ったら、
最後はすっと音をのばして聴かせてみたり、などなど、
とても表情が豊かです。

そんな多彩な音を聴かせますが、演奏の展開、転換は決然としています。
だから、演奏に迷いがまったく感じられません。
ネチっこさがない、すっきりした表現です。

宮城道雄は作家の内田百閒(ひゃっけん)が親友だっただけあって、
清流のように、よどみや外連味がない、美しい文章を書く人でした。

この六段の演奏を聴くと、
「ああ、たしかにあの文章と一緒だ。本当に流れるように美しい。」
と思いました。
さっそくCDを買って聴き込んでみたら、ほかにも良い曲がたくさんありました。

八橋検校や、宮城道雄については、もう少し勉強してみて、
また、あらためてご紹介していきたいな(できるかな?)と思っています。

※「検校」については、過去の塙保己一の記事などをご参照ください。
「塙保己一(その7)借金」へのリンク

by MI

(後日談)
このあと知り合いに聞いたら、やっぱり流派はあるようです。
わざわざ譜面とかたくさんの資料を送ってくれました。
譜面は縦書きで、弾く順番しか書いてないので、
なによりも、間の取り方をマスターするのが難しいそうです。
もちろん、点字の譜面もあるとのこと。
(点字の譜面を作れるのは全国でもたった1社しかないそうです)
当センターにも昔は琴クラブがあって、活発に活動していたとか。
当時の職員に聞いたら、もっと詳しい話が聞けそうです。

※箏曲は「そうきょく」と読みます。
「箏」は「こと」のことですが、日本古来の「琴」とは違う楽器です。
ただ戦後に漢字の使用が制限されて「箏」の字が使えなくなった時期に、
じゃあ、とりあえず似たような字で代用しちゃえ!
ということで「琴」の字をあてたようです。
それ以来、ずっと話が混乱してしまっているようです。
「障碍」の字が使えなくなって「障害」と書き替えてしまった話と似てますね。
関連記事「碍子」へのリンク
関連記事「障碍と笑涯と」へのリンク

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感