So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

パラスポーツ体験会、ゴールボール [イベント、行事]

10月22日の「パラスポーツ体験会」で、
当センターは、ゴールボールへの協力で参加していました。
開会式に続いて、ゴールボールについてお伝えします。
開会式についてはこちら

*****

ゴールボールは、プレイヤー全員がアイシェードをつけて、
鈴が入ったボールをやり取りするスポーツです。
相手チームが守るゴールにボールを入れると、得点になります。
道具などについては、過去の記事をご覧ください。

こちらの写真は、手で白線を確認しているところです。
職員が参加者の手をとって、丁寧に教えています。
ゴールボール・白線を確認している写真
アイシェードをつけるという事は、全盲状態になるという事です。
そこで、コートの白線を、感触でわかるようにしてあります。
中にたこ糸が入れてあるので、手で触ったり、靴越しでもわかるんですね。

ゴールを伝って歩く練習もしました。
ゴールボール・ゴールを伝う場面
プレイヤーは、相手のボールから自チームのゴールを守るために、
ゴールの位置と自分の位置を正確に把握して、素早く移動しなければなりません。
そのため、ゴールを確認しながらの移動は重要なのです。

こちらの写真は、ボールを探す練習をしている場面です。
ゴールボール・目の前のボールを探す場面
「音をよく聞いてー。はい、床に落としますよ」
「えーーーー…どこだろう?」
慣れないと、音を聞き分けることも難しいです。
会場がザワザワしていて、更に難しかったようですね。

参加者の皆さんには、練習試合もやっていただきました。
ゴールボール・練習試合
はじめのうちは、
「この位置で合っているの?」
「ボールはどっちのチームにあるの?」
と、少し不安そうでしたが、時間がたつと慣れてきて、
ボールのキャッチや、相手のゴールをめがけて投げる動作が上手になり、
「やった!」
「そうそう、うまい、うまい!」
と、弾んだ声が飛びかうようになりました。

次回はブラインドサッカーについてお伝えします!

by パラスポーツ体験会係

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:スポーツ