So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

雪道の白杖歩行(石突・チップ編) [訓練]

いやぁ、毎日毎日 寒い日が続いて、
函館も例年より多めの雪が降っている気がします。
雪が大好きな私も、春が恋しくなってきました。

さて、函館センターでは雪でも歩行訓練を行っています。

マイナス気温の中の歩行訓練は過酷ですが、
雪国の人は「雪だから外に出ない」とはいきません。
視覚障害者も然りです。

なので、よっぽど吹雪でない限りは、雪上歩行訓練を行います。

今日は少し雪道で確認をするための白杖のチップ(石突)の話をします。

1.ノーマルチップ
ノーマルチップ.jpg
ノーマルチップでは結構歩きにくいです。
それは雪の中に白杖の先端であるチップが刺さってしまうからです。
砂の上とか膝丈ぐらいの水の中とか
歩きにくいのと よく似ています。

これが、結構ストレスなんですよね。

2.スノーチップ
スノーチップ.jpg
ゴム製の風船のようなチップです。

ノーマルチップの歩きづらさを解消するために、
ノーマルチップにかぶせて使用します。
スノーチップはめる.jpg

これで、先端が雪に刺さりにくくなります。
イメージはあの靴につける「かんじき」のような感じでしょうか。
雪の上を軽く動かして、確認することが可能です。

300円ぐらいなので値段的にもお手軽ですね。

ただ、ちょっとアドバンテージのような太めの
ノーマルチップには入らないので、気を付けてくださいね。

3.パームチップ
パームチップ旧型.jpg
(写真は旧型です。)
キノコのかさのような形をしているチップです。

かさの裏側部分が
(シイタケとかでいえば、裏の白くザラザラして胞子があるところ)
ゴムになっていて、衝撃を吸収して優しく情報を伝えます。

スノーチップは雪のない場所では取り外さないと使いにくいですが、
パームチップは、夏でも雪でも変わらない感じで情報を伝えてくれますね。
値段もそうですが、
やっぱりチップの王様と呼ばれるだけあります。


以上、3点だけ紹介しましたが、
チップはたくさんの種類があります。
地面を触る力を、優しくしてあげるだけでも違いますよ。


白杖の豆知識はこちら

by ナミナミ

函館視力障害 センターホームページへ
タグ: 視覚障害

共通テーマ:moblog

インフルエンザにご注意を [つぶやき]

先日、病院を受診しました。
微熱が3日ほど続き、自分としては「重い症状」に感じたからです。

念のためにインフルエンザの検査を受けて、
「陰性」と言われてホッとしました。

私は風邪薬とうがい薬を出してもらって終わりだったので、
大げさだったかなァ、と思ったのですが、
お医者さんいわく、
「微熱が続いて、ただの風邪だと思っていたら、
 実はインフルエンザでした、という事があるんですよ。」
との事でした。

これは、いま話題の「隠れインフルエンザ」の事ですね。

「ちょっと熱が続いたくらいで病院に行くなんて」と、
我慢する方も多いと思いますが、
万が一「隠れインフルエンザ」だったら、
周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

微熱であっても、
・体の節々が痛い
・お腹の調子が悪い
・背中がゾクゾクと寒い
など、普段と違う状態だったら、念のため、検査をされると良いかも。

ただし、もちろん、予防が第一です。
・人が多い場所になるべく行かない
・予防接種、うがい、手洗い、マスクで感染を防ぐ
・部屋を加湿して、ウイルスが繁殖しにくい環境を作る
・睡眠や栄養を十分に取って、免疫力の高い体調管理につとめる
といった予防法が考えられます。

ストレスも大敵だそうですから、
のんびりお家で過ごすのが、一番良いのかもしれません。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

1月9日(火)の朝食 [メニュー紹介]

1月9日(火)の朝食を検食しました。

20180109_asa1.jpg
 ごはん
 みそ汁
 納豆
 ジャーマンポテト
 切り干しだいこん

ジャーマンポテトです。
今回はカレー風味がプラスされていました。
20180109_asa2.jpg
ジャガイモ、玉ねぎ、ベーコン(ソーセージの場合もあり)などを
塩コショウとバターで味付けしたものが一般的です。
「ジャーマン」とはドイツの事ですが、イギリス・アメリカの料理で、
ドイツ料理には「ジャーマンポテト」は存在しないのだそうです。

切り干し大根です。
20180109_asa3.jpg
この日は少し濃いめの味付け。おしょう油の色でわかります?
ご飯によく合います。

お味噌汁の具は、フキと、さいの目切りの厚揚げでした。
20180109_asa4.jpg
(またうまく写っていませんが)フキは太いものが斜め切りで入っています。
子供の頃、みそ汁に細いフキがぶつ切りで入っていると、
それをストローのようにしてみそ汁を飲んで、
親から叱られたナー…なんて、思い出しちゃいました。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理

雪の音 [つぶやき]

20180126yuki.jpg
ここ数日、各地の積雪についての報道が多いですね。
強い寒波の影響で、気温も下がっています。

函館も、最高気温がマイナスの「真冬日」が多くて、
朝の挨拶は「おはよう」ではなく「寒いですね」が増えています。
函館生活が長い人は、続けて「函館らしくないよね」と言ったりします。

雪が降って冷え込んだ朝、道を歩くと、
「キュッ…キュッ…」という音がします。
更に雪が積もると、「ギュウッ…ギュウッ…」という、重い音に変わります。

これは、雪が踏まれて固まって、こすれる音です。
湿っている雪では、この音は鳴りません。
「雪が乾いている」から聞こえる音、つまり、それだけ気温が低いという事なのです。

この音には「雪鳴り(ゆきなり)」という名前がついています。
北海道ならではの、俳句の季語としても使われるのだとか。

雪鳴り。
もしかしたら、ロマンチックな言葉に感じる方もいるかもしれませんね。
でも、当事者的には、足元がキュッキュッと鳴ると、
「うわー寒いんだー!嫌だなァーーー!!」という感じなんですよ…。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ
タグ: 北海道 函館

共通テーマ:地域

1月8日(月)の夕食 [メニュー紹介]

1月8日(月)の夕食を検食しました。

20180108yuu1.jpg
 イカリングカレー、福神漬
 レタスのサラダ
 チョコババロア

このタイミング、
まさに「おせちもいいけどカレーもね!」ですネ。(※)
20180108yuu2.jpg
(※昔、アイドル3人組がレトルトカレーのCMで言っていたセリフです。
  このセリフ、当時とても流行したんですよー。)

カレーはイカリングフライも乗ってガッツリ系。
そして野菜サラダは、和風のドレッシングでさっぱりと。
20180108yuu3.jpg
そういえば、昨今、葉もの野菜が高騰しています。
イカも不漁ですし、今日のメニューは実は豪華版なのかも。

デザートのチョコババロアが嬉しい。
20180108yuu4.jpg
写真では地味に見えるかもしれないですが、
プルプルっとして、とてもおいしかったです。

ごちそう様でした。
今年もよろしくお願いします。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:グルメ・料理

4週6休、ご存じですか? [つぶやき]

先日「模擬試験の回数が以前と違う」と書いて、
ふと、センターでは他にも、以前とは変わった事があると思いました。
記事はこちら

中でも最も独特だったのは、4週6休(よんしゅうろっきゅう)制度かも。
この制度が適用されたのはほんの数年間でしたが、
この時期にセンターにいらした方々、
(もしこれを読んでいらっしゃったら)結構、大変でしたよね?

昭和60年台まで、センターだけでなく世間一般、
学校や会社は、「土曜日は昼迄、日曜日は休み」でした。

そこから、完全週休二日制になるまでの数年間、
「月曜から金曜まで」と、「月曜から土曜まで」が一週ごとに替わる、
4週間で6回休みがある=4週6休という期間がありました。

移行期間は、改めて調べてみると、昭和63年頃から平成3年頃迄。
これは国内の各学校で実施されていたようです。

先ほど上に「大変でしたよね」と書いたのは、
センターでは、時間割が二種類あったからです。
カリキュラムの関係で、どうしても二種類必要だったのですね。
職員も利用者も、今週はA時間割だったっけ、Bだっけ?と混乱したものです。

「教室に行ったら、誰もいなくてビックリ!
 時間割を間違えていただけだった!」
なんて、笑い話のような事も起こりました。
週休二日制が当たり前になった今では、考えられない事でしょうね。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

1月1日(月)の昼・夕食(元日の行事食) [メニュー紹介]

この記事から、今年のぶんのメニュー紹介となります。
1月1日(月)、元日の行事食です。

・昼食
20180101_hiru.JPG
雑煮
尾付き海老の酒蒸し、付け合せ(シシトウ)
昆布巻き
紅白なます
栗きんとん

・夕食
20180101_yuu.JPG
かにご飯
空也蒸し
松風焼き、付け合せ(はじかみ)
白菜と青菜のワサビ和え
フルーツミックス

この日は元日でした。
帰省する方も多い為、三が日の間は、
どの日に食べて頂いてもお正月らしい料理に当たる様、
おせち料理を少しずつ分けてお出ししています。

また、おせちは一度に食べてしまうと、
塩分もカロリーも少々オーバー気味になってしまうので、
野菜の小鉢なども一緒に少しずつ食べてもらおう…という狙いもあります。

とはいえ、お正月のお餅はかかせない物の1つですね。

お正月のお餅といえば、「お年玉」も元々お餅だったって知ってましたか?

お正月は、新年の神様である「年神様」を家に迎えて、
もてなし・見送るための行事です。
その年神様の「御魂」(みたま)を分けてもらった餅玉を、
家長が家族に「御年魂」として家族に分け与えました。

そしてこれがお年玉のルーツ。
玉には魂の意味が込められているそうです。

この餅玉をありがたく根菜と一緒に頂くのが、
「お雑煮」の由来という説もあります。

この日の昼食は、醤油仕立てのお雑煮がメインで、
上には日の出と富士山が書いてある縁起物の蒲鉾、
椎茸と三つ葉をたっぷりちらしました。

他には尾付き海老の酒蒸し、にしんの昆布巻き、
お目出たい紅白なます、栗きんとんと、
おせち料理らしい品が並んでいます。

夕食は、ひと手間もふた手間もかけて美味しく炊いた「かにご飯」に、
ちょっと変わり種でお豆腐の茶碗蒸しの空也蒸しと、
おせち料理の定番の「松風焼」、箸休めには小鉢のワサビ和え、
さらにフルーツミックスをお付けしました。

毎年、おせちやお雑煮について紹介しているので、
夕食をご紹介しそびれるのですが、
今回は豪華な夕食も一緒にご紹介しました。

今年も美味しい料理で楽しく「年神様」を迎えて、
いい1年を過ごせますように!

by ろーるぱんな

函館視力障害センターホームページへ
タグ:メニュー

共通テーマ:グルメ・料理

模擬試験とチャイム [つぶやき]

冬休みがあけてすぐ模擬試験があり、
3年生は大変…という記事がありましたが、(記事はこちら
以前は年2回だった模擬試験は、ここ数年、年3回実施しています。
利用者さんからのご希望もあって、回数を増やしたのです。

2回目と3回目の模擬試験は、本番(国家試験)と同じように、
授業の始まりと終わりごとに鳴るチャイムを止めて、
静かな中で実施されます。

もちろん、
「何年生の何々さん、どこどこまでお越しください」
という呼び出しの放送も、
「どこどこで修理作業をするので、通行の際はご注意ください」
といった、呼びかけの放送も、模擬試験の間は禁止となります。

一方、模擬試験を受けないクラスは、普段通りの授業ですので、
チャイムが鳴らないと、何だか調子が狂うようですね。

教室の時計

かくいう私は、普段から、時計だけでは自信がなくて、
携帯電話のアラームに頼っています。
チャイムが鳴らない時はことさら、アラーム頼りになってしまいます。
アラームが無かったら、遅刻してしまうだろうなァ。

by くろうーろん

函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:日記・雑感

12月31日(日)の夕食(大みそかの行事食) [メニュー紹介]

12月31日(日)、大みそかの行事食です。

20171231_yuu.JPG
年越しそば
いりどり
レタスと水菜のサラダ
フルーツ(みかん)

この日は大みそかでした。
センターでも、年越しを楽しんでもらおうと「年越しそば」を提供いたしました。

函館センターの年越しそばは、豪華にエビの天ぷらが3本も乗った天ぷらそばです。

他には、鶏肉とゴボウのダシがとても美味しい「炒り鶏」、
シソが入ったさっぱり和風味のサラダと、
旬のみかんをお付けしました。

今年はみかんの価格が高騰していて、
買うのを控えた方も多いのではないでしょうか?
八百屋さんに聞いても、今年は特に品質を揃えるのが少し大変だったそうです。
そう聞くと、とても貴重品な気がしてきますね。

ちなみに「水菜」も冬に野菜が高い北海道では
お手頃価格で買いやすい貴重な葉物野菜です。

年越しそばの由来は諸説ありますが、
蕎麦は細く長いことから、延命・長寿を願ったものであるとする説、
蕎麦は他の麺類よりも切れやすいことから、「今年一年の災厄を断ち切る」
という意味合いで大みそかに食べる説などが有名でしょうか?

いずれにせよ、しっかりと食べて、
健康で新しい年を迎えたいものですね!

by ろーるぱんな

函館視力障害センターホームページへ
タグ:メニュー

共通テーマ:グルメ・料理

受験シーズン [つぶやき]

家の炊飯器で普通の炊飯機能と極旨炊飯機能両方試しましたが、未だに違いがはっき
り分からず、極旨推しを自称しているいちよしです!!
皆さん今年もよろしくお願いします!!

さてさて、年も変わり試験シーズン。今回は理療教育3年生の応援ブログにしたいと
思います。
先週模擬試験があり、期末試験を来週に控え、更には来月に今までの3年間の集大成
となる、国家試験が待っており、日々勉強に追われながらも、耐え、一生懸命奮闘されている3年生の方々をみていて、ものすごく感動しています。

小さい頃から勉強嫌いな私。大学4年生のとき、社会福祉士国家試験の受験のとき、
知恵熱なのか、高熱を出しながら、参考書をボロボロになるまで読み込んだ記憶が蘇りました。

3年生もきっと同じ、若しくはもっと辛い思いをしながら勉強していると思うと、胸
が痛くなると同時に「合格目指して、頑張ってください!!」と心の中で叫んでいる自分がいます。

不安や緊張、希望を秘め入学式に臨まれたのが3年前。これまで沢山の山や谷があっ
たと思います。
しかし、将来の夢の実現のために、努力され一つ一つ乗り越えてこられたのだと思います。

期末試験、国家試験とまだまだ超える山はありますが、コツコツと勉強を頑張って、
春ごろ、皆さんが笑顔で卒業式を迎えられるように心から願っております。

私もよりよい訓練を提供できるように、皆さんにならって、日々コツコツと勉強頑張
りたいと思います。
本当にありがとうございます。

byいちよし
函館視力障害センターホームページへ

共通テーマ:moblog