So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

1月1日(月)の昼・夕食(元日の行事食) [メニュー紹介]

この記事から、今年のぶんのメニュー紹介となります。
1月1日(月)、元日の行事食です。

・昼食
20180101_hiru.JPG
雑煮
尾付き海老の酒蒸し、付け合せ(シシトウ)
昆布巻き
紅白なます
栗きんとん

・夕食
20180101_yuu.JPG
かにご飯
空也蒸し
松風焼き、付け合せ(はじかみ)
白菜と青菜のワサビ和え
フルーツミックス

この日は元日でした。
帰省する方も多い為、三が日の間は、
どの日に食べて頂いてもお正月らしい料理に当たる様、
おせち料理を少しずつ分けてお出ししています。

また、おせちは一度に食べてしまうと、
塩分もカロリーも少々オーバー気味になってしまうので、
野菜の小鉢なども一緒に少しずつ食べてもらおう…という狙いもあります。

とはいえ、お正月のお餅はかかせない物の1つですね。

お正月のお餅といえば、「お年玉」も元々お餅だったって知ってましたか?

お正月は、新年の神様である「年神様」を家に迎えて、
もてなし・見送るための行事です。
その年神様の「御魂」(みたま)を分けてもらった餅玉を、
家長が家族に「御年魂」として家族に分け与えました。

そしてこれがお年玉のルーツ。
玉には魂の意味が込められているそうです。

この餅玉をありがたく根菜と一緒に頂くのが、
「お雑煮」の由来という説もあります。

この日の昼食は、醤油仕立てのお雑煮がメインで、
上には日の出と富士山が書いてある縁起物の蒲鉾、
椎茸と三つ葉をたっぷりちらしました。

他には尾付き海老の酒蒸し、にしんの昆布巻き、
お目出たい紅白なます、栗きんとんと、
おせち料理らしい品が並んでいます。

夕食は、ひと手間もふた手間もかけて美味しく炊いた「かにご飯」に、
ちょっと変わり種でお豆腐の茶碗蒸しの空也蒸しと、
おせち料理の定番の「松風焼」、箸休めには小鉢のワサビ和え、
さらにフルーツミックスをお付けしました。

毎年、おせちやお雑煮について紹介しているので、
夕食をご紹介しそびれるのですが、
今回は豪華な夕食も一緒にご紹介しました。

今年も美味しい料理で楽しく「年神様」を迎えて、
いい1年を過ごせますように!

by ろーるぱんな

函館視力障害センターホームページへ
タグ:メニュー

共通テーマ:グルメ・料理