So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

雪道の白杖歩行(石突・チップ編) [訓練]

いやぁ、毎日毎日 寒い日が続いて、
函館も例年より多めの雪が降っている気がします。
雪が大好きな私も、春が恋しくなってきました。

さて、函館センターでは雪でも歩行訓練を行っています。

マイナス気温の中の歩行訓練は過酷ですが、
雪国の人は「雪だから外に出ない」とはいきません。
視覚障害者も然りです。

なので、よっぽど吹雪でない限りは、雪上歩行訓練を行います。

今日は少し雪道で確認をするための白杖のチップ(石突)の話をします。

1.ノーマルチップ
ノーマルチップ.jpg
ノーマルチップでは結構歩きにくいです。
それは雪の中に白杖の先端であるチップが刺さってしまうからです。
砂の上とか膝丈ぐらいの水の中とか
歩きにくいのと よく似ています。

これが、結構ストレスなんですよね。

2.スノーチップ
スノーチップ.jpg
ゴム製の風船のようなチップです。

ノーマルチップの歩きづらさを解消するために、
ノーマルチップにかぶせて使用します。
スノーチップはめる.jpg

これで、先端が雪に刺さりにくくなります。
イメージはあの靴につける「かんじき」のような感じでしょうか。
雪の上を軽く動かして、確認することが可能です。

300円ぐらいなので値段的にもお手軽ですね。

ただ、ちょっとアドバンテージのような太めの
ノーマルチップには入らないので、気を付けてくださいね。

3.パームチップ
パームチップ旧型.jpg
(写真は旧型です。)
キノコのかさのような形をしているチップです。

かさの裏側部分が
(シイタケとかでいえば、裏の白くザラザラして胞子があるところ)
ゴムになっていて、衝撃を吸収して優しく情報を伝えます。

スノーチップは雪のない場所では取り外さないと使いにくいですが、
パームチップは、夏でも雪でも変わらない感じで情報を伝えてくれますね。
値段もそうですが、
やっぱりチップの王様と呼ばれるだけあります。


以上、3点だけ紹介しましたが、
チップはたくさんの種類があります。
地面を触る力を、優しくしてあげるだけでも違いますよ。


白杖の豆知識はこちら

by ナミナミ

函館視力障害 センターホームページへ
タグ: 視覚障害

共通テーマ:moblog